フランスフットボール専門誌『フランスフットボール』が21日に発表した2019年度の「バロンドール」候補者リスト30名。しかし、そこには意外な事実があった。イギリス『サン』が報じた。

今回発表された候補30名だが、その30名の中にスペイン人の選手が1人もいなかったのだ。これは1993年以来、26年ぶりのことだという。

昨年は、レアル・マドリースペイン代表DFセルヒオ・ラモス、MFイスコがノミネートされていたが、今年は選外。また、プレミアリーグ、FAカップ、EFLカップイングランド史上初となる国内3冠を達成し、チームから5名が候補リスト入りしたマンチェスター・シティのMFダビド・シルバも選外となっていた。

近年で最も少なかった1人は、2015年で当時はバルセロナに所属していたアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)のみという状況はあったが、1人も選ばれなかったのは1993年以来となる。

ちなみに、スペイン人のバロンドール受賞者は2人しかいない。1人はレアル・マドリーで名声を上げたアルフレッド・ディ・ステファノ氏(1957、1959)が2度受賞。また、バルセロナで活躍したルイス・スアレス氏が1960年に受賞している。その後は、トップ3に入ることはあっても受賞者が生まれていないのが実情。前述のイニエスタ、そしてチャビエルナンデス(アル・サッド監督)以降はトップ3にも入っていない。

なお、スペイン人は不在ながら、ラ・リーガからは7名がノミネート。バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、ドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、レアル・マドリーベルギー代表MFエデン・アザールフランス代表FWカリム・ベンゼマアトレティコ・マドリーのMFジョアン・フェリックスが候補に挙がっている。

2019バロンドール候補 30名
リバプール
FWモハメド・サラー(エジプト)
GKアリソン(ブラジル)
DFヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ)
DFトレントアレクサンダー=アーノルド(イングランド)
FWロベルトフィルミノ(ブラジル)
MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(オランダ)
FWサディオ・マネ(セネガル)

マンチェスター・シティ
FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)
FWラーヒム・スターリング(イングランド)
MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー)
MFベルナルド・シウバ(ポルトガル)
FWリヤド・マフレズ(アルジェリア)

バルセロナ
FWリオネル・メッシ(アルゼンチン)
FWアントワーヌ・グリーズマン(フランス)
MFフレンキー・デ・ヨング(オランダ)
GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(ドイツ)

レアル・マドリー
MFエデン・アザール(ベルギー)
FWカリム・ベンゼマ(フランス)

パリ・サンジェルマン
FWキリアンムバッペ(フランス)
DFマルキーニョス(ブラジル)

トッテナム
GKウーゴ・ロリス(フランス)
FWソン・フンミン(韓国)

バイエルン
FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルンポーランド)

ユベントス
FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
DFマタイス・デ・リフト(オランダ)

アヤックス
MFドニーファン・デ・ベーク(オランダ)
FWドゥシャン・タディッチ(セルビア)

アーセナル
FWピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナルガボン)

アトレティコ・マドリー
MFジョアン・フェリックス(ポルトガル)

ナポリ
DFカリドゥ・クリバリ(セネガル)

サムネイル画像