Googleグーグル)は、スマートフォンスマホ)「Pixel 4」「Pixel 4 XL」2モデル2019年10月24日に発売する。

「Motion Sense」は20年春に提供予定

いずれも、縦横比19:9の有機ELディスプレーを搭載。背面に1600万画素望遠と1220万画素標準のデュアルレンズを採用したメインカメラを装備。「AI(人工知能)」を活用し、「夜景モード」では暗い場所でも思い通りの写真が撮れるという。前面のサブカメラは800万画素。

レーダーセンサー技術を用いた「Motion Sense」機能を初搭載し、スマホ本体に触れずにジェスチャーだけで操作が可能。Googleソフトウェアを中心に構築され、新たな「Googleアシスタント」では音声だけでスマホの操作が早く行える。両機能は20年春の提供開始を予定している。

また、最低3年間のOSアップデートセキュリティアップデートに対応するとしている。

そのほか共通の主な仕様は、OSが「Android 10」をプレインストールメモリーは6GB、内蔵ストレージは64GB/128GBを用意。IP68相当の防水/防塵性能を備える。「Qi(チー)」認証のワイヤレス充電、18ワット急速充電に対応。「FeliCa」ポートを装備。

IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANBluetooth 5.0をサポートする。カラーはJust BlackClearly White、Oh So Orangeの3色。

「Pixel 4」は、5.7型フルHD+ディスプレーを搭載、バッテリー容量は2800mAh。「Pixel 4 XL」は、6.3型QHD+ディスプレーを搭載、バッテリー容量は3700mAh<J-CASTトレンド>

「Googleが作りたかったスマホ」が新機能を携え再降臨