2019年10月23日(水)にデビューシングル「はじめてのかくめい!」をリリースした新人声優アーティストユニットDIALOGUE+」。表題曲の「はじめてのかくめい!」は、TVアニメ超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』OP主題歌で、作詞・作曲を田淵智也 (UNISON SQUARE GARDEN)が、編曲を田中秀和MONACA)が担当している。さらにカップリングの「ダイアローグ+インビテーション!」は作詞・作曲をZAQ、編曲を堀江晶太が担当。アニソンファンもうなる布陣でのデビューとなる。

 超!アニメディアでは、DIALOGUE+のデビューを記念し、メンバー2人ずつのリレー形式でのインタビューを敢行。デビューシングルの魅力などに加えて、メンバー8人の個性を知ってもらうため、パーソナルなことに関してもお話をうかがった。第1回は、アニメアニソン大好きな鷹村彩花さんと、時折闇が見え隠れする宮原颯希さん。

(左から)鷹村彩花、宮原颯希

ーーまず、自己紹介をお願いします!

鷹村 鷹村彩花です。東京都出身で、趣味が寝ることと読書、特技がクラリネットピアノです! ユニットでの担当カラーオレンジです。

ーー好きなアニメは何ですか?

鷹村 『夏目友人帳シリーズです!

ーー読書は、どんな作品を読んでいますか?

鷹村 最近は、小説投稿サイト小説家になろう」で悪役令嬢モノに結構ハマってます。

ーー寝るのも趣味なんですね。

鷹村 時間があれば寝ちゃいます。夜型だけど、夜も眠いので結局寝ちゃいます。あと、カラスの鳴き真似が特技とプロフィールに書いているんですけど、みんなに下手と言われたのでもう消したいです……(笑)

宮原 そうだね……。

ーーピアノクラリネットは得意なんですよね。

鷹村 中学・高校生のときは(学校行事などで)伴奏者になることが多くて、いろんな曲を弾いてました。専門はクラシックです。あと、学生の頃、吹奏楽部に所属していました。クラリネットは楽器も持っているので、いつでも吹けます!

ーー音楽への造詣が深そうですね。続いて、宮原さんもお願いします。

宮原 宮原颯希です。担当カラーは濃いピンクで、特技に楽器演奏とタイピングと書いたんですけど、私も吹奏楽部で、バリトンサックスを担当していました。そのあとジャズがやりたくなってテナーサックスを自分で買ったんですが、結局何もせず放置、みたいな感じになってます。あとは、ピアノは中級楽譜くらいなら何とか! パーカッションも少しやっていたので、何となくリズムは取れるかなと。それと最近、面白い特技かな?と思ってきたのが「号泣カラオケ」。めちゃめちゃ感情移入して号泣しながら歌を歌うんですけど、自分で笑っちゃうくらい号泣するんですよ。これは特技なのかもしれないなって。

ーーデトックスですかね?

宮原 ストレス発散にはなっていると思います! そして、趣味が塗り絵ゲーム、あとは「いい音探し」なんですけど、5年ほど前からASMR動画にハマってて。いい音を聴くのが好きなんです。特におすすめがスライムを定規で切る音!

ーー音フェチなんですね! 私も最近テレビで見ました。

宮原 最近ポピュラーになってきましたよね! 

ーーでは、好きなアニメは?

宮原 好きなアニメと聞かれたら『ぼくらの』と答えるんですけど、ターニングポイントになったのは『けいおん!』です。

ーーなるほど。号泣カラオケあたりからですが、もしかしたらちょっと闇を抱えていらっしゃるかもしれないな、と感じています(笑)

宮原 そんなっ。何もないですよ! 大丈夫です!

鷹村 だんだん闇が露呈されていく(笑)

ーーお二人が声優を目指したきっかけは何ですか?

鷹村 小学低学年のときにNHKスタジオパークに家族で行って、アフレコ体験をしたんです。そしたらスタッフさんや周りの人に「声優になりなよ!」って褒めていただいて。私、お姉ちゃんがいるんですけど、それまでは何をしても勝てなかったのに、その時は初めて自分の得意なことがあるんだと気付けたんです。あの時褒めてもらえたことで、私は声を使って演技ができるんだ!って自信がついて、声優を目指そう!と思いました。

ーーもともとアニメも好きだしと。

鷹村 そもそも、家族が全員アニメ好きなんです。家では常に『機動戦士ガンダム』の映像が流れていました。

宮原 私は小学校低学年の頃にあのアニメキャラクター中の人は誰だ、みたいな番組がやっていて、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚』の緋村剣心役の方が、宝塚出身の涼風真世さんだと知ったんです。そこで、カッコいい!と思ったのがキッカケです。

ーー続いて、好きな音楽や音楽歴などを教えてください。

鷹村 ピアノを3歳の頃から習っていました! あとお姉ちゃんはユーフォニアムをやっていたり母もお琴をやっていたりと、家族みんな楽器の演奏ができるんです。

ーーピアノユーフォ、琴……全部アニメ化されてますね!

鷹村 そうなんですよ! そんな音楽一家だからか、絶対音感を持っています。あと音楽は、中学生くらいからはボーカロイドが好きになり、カゲロウプロジェクトに熱中し、HoneyWorksなどにハマりだし、今もアニソンボーカロイド系はよく聴きます。

ーー宮原さんはいかがですか?

宮原 小さい頃から歌うことが好きで、小学生の頃も合唱部に入っていました。ジャンルミュージカル系がすごく好きなんです。例えば、ディズニー音楽! 歌が上手い人が好きなんですね。だから今日も安全地帯を聴きながら来たんですけど……。

ーー宮原さんくらいの年齢の方が「歌が上手い人」として、玉置浩二さんを挙げるのは珍しいと思います(笑)

宮原 そうですか? 玉置浩二さんや宇多田ヒカルさんとか、曲がエモい感じが好きなんです。

ーー号泣するときも安全地帯は歌われるんですか?

宮原 「恋の予感」とか号泣しながら歌えます。

ーー宮原さんはアラフォーではないですよね(笑)

宮原 アラフォーじゃないです! まだその半分です!

ーー最近ではアニソンでも、ミュージカルっぽい楽曲も多いですし、歌が上手な声優さんも多いですよね。

宮原 そうですね。私も頑張ります!

ーーそれぞれの自己紹介ありがとうございました。続いて、DIALOGUE+でのデビューが決まったときの感想を教えてください。

鷹村 事務所で宣材写真を撮るときに「話があるから会議室に来るように」と呼び出されました。その時は何をしてしまったんだろうって不安しかなくて。

ーー感覚的には職員室に来なさい、みたいな感じだったんですね。

鷹村 そうです。そしたら、「受かりました」と言われて。それを聞いたとき、何も問題を起こしてなかったんだ!という安心感のほうが先に来てしまって、実感が湧かなかったんですよ。でも、DIALOGUE+としてアー写(アーティスト写真)を撮ったり、いろいろな活動する中で、本当に私受かったんだ! お仕事しているんだ!って実感が湧いてきて、嬉しさがじわじわ来ました。

宮原 私、(同じDIALOGUE+のメンバーである)稗田寧々さんと同じ事務所なんですけど、マネージャーさんと私と稗田さんのLINEグループで「DIALOGUE+が始まります、作曲は田淵さんです」というのが、ドーンと送られてきたんです。だから、「えーー! 急すぎん?」っていうのが最初の感想でした。もともと『CUE!』というゲームキャラクターキャストオーディションを受けていて、その流れで今回のお話をいただいたので、音楽活動をするとはあまり考えてなかったんです。なので、本格的な音楽活動を私はやるのかと思って…。それは楽しみでもあり、不安でもありました。しかもアニメタイアップについてもそのとき教えてもらったので……。

鷹村 もう、情報量がすごかったよね。

ーーそこからレコーディングMV撮影をされたと思いますが、ユニットの中での自分のポジションも見えてきたと思うので、自己分析していただけますか?

鷹村 ボケかツッコミかでいうと、私はツッコミかと思っていたんですけど、皆さんにボケだと言われて、ボケなんだなぁって。

宮原 うん。何もツッコんでないと思うよ(笑)

鷹村 ツッコんでいたつもりなんですけど……。ツッコめてなかったらしいので、ボケで(笑)。あと、妹、末っ子ポジションかもしれません。DIALOGUE+内では一応、6歳児という設定もあるので、そういうポジションなのかも、と思っています。

宮原 私はどんなポジションかな。ボケかツッコミだと、ツッコミになっちゃってるんですけど、他の現場ではボケなんですよ。でも、ここはボケが多すぎて、ツッコまざるをえない感じなんです。今後は、私もボケていきたいんですよね。

鷹村 十分今もボケてると思うんだけどなー、私は!

宮原 ホントに?

鷹村 私はね!

宮原 誰もツッコんでくれないよ?

鷹村 私、ツッコんでたよ!

宮原 えっ(笑)

ーー全員ボケユニットなのかもしれないですね(笑)ライブMCも少し不安が……。

宮原 確かに、いまやっているMCもボケボケなんですよ! 内山悠里菜が中心でしゃべるんですけど、この子もボケボケなので!

ーーボケボケのMCが今後どうなっていくのかにも注目ですね! 続いて、デビュー曲の「はじめてのかくめい!」について教えてください。作詞・作曲が田淵智也さんで、編曲が田中秀和さん。豪華な布陣ですが、お二人は田淵さん・田中さんをご存知でしたか?

宮原 はい!

鷹村 もちろん存じ上げておりました! もともとUNISON SQUARE GARDENさんの楽曲は私も聴いていたので、そんな方に作詞・作曲をしていただける、しかも編曲が田中さん、うおおおお!!ってなりました。実際に曲をいただいたときも、「あぁ、すごい田淵さん!」って、それしか言えないくらい語彙力がなくなってしまいました。また、私タイアップが決まる前から『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』のことを知っていたので、歌詞をはじめて見たときから、まさにその世界観だなと感じました。

ーーどの辺りが作品につながりますか?

鷹村 歌詞に出てくる〈魔法?奇跡?エスパー? まさか! 当たり前のたまものです!〉って部分です。この歌詞はすごく自信満々ですけど、普通異世界に飛んだときって、最初は不安になると思うんですよね。でも、この作品は自信満々で、本気出したらこの世界壊しちゃうから余裕で行こう!みたいな感じなので、まさにそれにぴったりだと思いました。原作を読んでいたので、なおさら嬉しかったです。

ーーなるほど。個人的には、〈れぼるじゃーん〉って歌詞がどういう意味なんだろうと引っ掛かりました(笑)

宮原 最初は「ん?」って思いますよね(笑)! ただ、それがこの曲のキャッチ―な部分にもなっている気がします。私は『ハナヤマタ』のオープニング曲(「花ハ踊レヤいろはにほ」)がすごく好きなので、編曲が田中秀和さんと聞いて、「こんな初っ端から関われるの?」って、感動したことを覚えてます。曲を聴いたときは、2番の〈だけどそんなことも笑止、一度たりとて転ばないで、八回起きちゃえ!〉のところが、1番の同じ部分とリズムが変わっているのが気になりました。私は田淵さんの音楽に触れたのが初めてだったので、すごく面白い!と、感動しました。

ーー一方のカップリング曲「ダイアローグ+インビテーション!」は、DIALOGUE+自己紹介ソングになっていますね。

宮原 曲を作ってくださったZAQさんが作詞の参考にと、私たちの現場に一度来てくださったんです。そこで会った私たちの印象を歌詞にしてくださいました。私たちは自己紹介の決め台詞があるのですが、それがきれいに入っていて、すごくいいなぁと思いました。私たちも歌っていて楽しいし、ノれる曲なんです。

ーーZAQさんは、皆さんの“キャラ”を掴んでいたんですね。

宮原 短い時間でしたが、個性を出せたのかな、と少しホッとしました。そういえば、一緒にUNOをやったんですよ。

ーーUNOは性格が出るゲームのひとつですよね(笑)

宮原 そうなんです。私はすっごく嫌なやつで(笑)。最後の1枚になったら「UNO」って言わなきゃいけないじゃないですか。だから出したすぐあとに、「UNOって言ってないよね」と指摘していました(笑)

鷹村 その被害者が私です……。私、出してから「UNO」って言うんですけど、出した瞬間にそれを言われて、「今言おうと思ったのに(泣)」って言いながら2枚取って……。

ーー敵に回したくないタイプですね。鷹村さんはZAQさんもご存知でしたか?

鷹村 存じていました。私が見ているアニメのOPをZAQさんが歌われてることが多かったんですよ。『中二病でも恋がしたい!』とか『食戟のソーマ 餐ノ皿』とか。「あんなにカッコよく歌えない」って思うくらい憧れの存在だったので、まさか曲を書いてくださるとは。実際に現場でお話をしているときに、本当にZAQさんが作ってくださるのかと感動しました。しかも編曲が堀江晶太さん。先程も話したように、中学でボーカロイドをよく聞くようになったので、お名前を見たときに「堀江晶太さんって、あの堀江晶太さん……!?」ってなりました。中学の頃の自分に、堀江晶太さんの編曲した歌を歌えるんだよって伝えたいです(※堀江さんは「kemu」としてボーカロイドを使った楽曲を発表されていました)。

ーーレコーディングいかがでしたか?

鷹村 「はじめてのかくめい!」はハモリも含め全員が全パート歌ったんですけど、私が最終的に担当することになった〈(難しいんだもん)〉という台詞部分は、拗ねた感じで持っていったんです。それをやったら「ちょっと怖いので、もう少しかわいくやってください」と言われて、実際にやってもみたんですが、「まだ怖いのでもっと優しく」と言われ、何度か歌い直しました。ライブなどで披露するとき、いまだに強くなりがちなので、気をつけています。

宮原 自分が担当している〈(虚しいんだもん)〉の部分は一発OKでした。私、結構虚しくて黄昏れることが多いんです。自分で自分を演出したがるというか(笑)。雨のなか傘を指して、ふふんって黄昏れたり。

鷹村 やっぱり闇が……。

宮原 (笑)。そういうタイプなので、この歌詞の部分も想像しやすかったんですよね。

ーー「ダイアローグ+インビテーション!」のレコーディングはどうでしたか?

鷹村 田淵さんとZAQさんがいらっしゃる中でのレコーディングでした。この曲は自分のパートだけを録ったのですが、〈ご招待しましょう!〉のところの下がるパートを一発でOKいただいたんです。そのときおふたりに「音を完璧に取っている方を初めて見ました!」と言われて、今まで音楽やってきて良かったなと思いました。憧れの方にこんなお褒めの言葉をいただけるとは思っていなかったので!

ーーさすが絶対音感! 宮本さんはいかがでしたか?

宮本 この曲の私のパートが、〈はーいハイ!さぴひかり〉って韻を踏んでたんです。そこは意識して練習してたんですけど、ZAQさんにもうちょっと意識してほしいと言われて苦戦しました。でも両方の曲ともそうだったんですけど、皆さん乗せるのがお上手なんですよ。だから楽しくレコーディングできました。

ーー今回、1stシングルを発売されますが、今後DIALOGUE+で、やってみたい活動はありますか? 

鷹村 ツアーがしたいです。イベントをすると地方から来てくれる方も多くて。以前、北海道から来てくださった方もいたので、各地を回っていろんな地域の皆さんに私たちの音楽を触れていただければなと思います。あと、これは願望ですけど、バラエティ番組で、みんなでお泊りロケとかやってみたいです。

宮原 私はDIALOGUE+で海外に行きたいです! アジアツアーをしたいです!

ーー個人的な目標も教えてください。

宮原 歌が上手な人になりたいです。それはもちろん私の努力次第なんですけど……。最近、ミュージカルを題材としたアニメも増えていますし、そういうアニメに出演できたら、と思っています。

鷹村 以前、声が独特で変わっていると言われたことがあるんですけど、その声を活かせたら嬉しいですし、自分自身の幅を広げて、お姉さんキャラとか少年キャラも任せてもらえるようになって、「鷹村、こんな声も出せるんだ」と言ってもらえる役者になりたいです。それと歌うことは好きなので、鷹村彩花としても歌の活動ができたらなと思っています。

ーー本日はお話ありがとうございました。次のインタビューには、村上まなつさんと飯塚麻結さんが登場します。最後に村上さんと飯塚さんがどんな方なのか、お二人からご紹介いただければと思います!

鷹村 飯塚さんはまゆゆんと呼んでるんですけど、すごくお姉ちゃんです!

宮原 みんな飯塚プロと呼んでるんですけど、彼女は本当にプロなんです。

鷹村 ダンスとか、すべての言動がかわいい

宮原 完成されている! 表に出るときの自分が完成されていて、本当にプロだなと思うんです。

ーーなんかゴルファー感ありますね(笑)

宮原 確かに(笑)。でも、あらゆる面で完璧なので、プロなんです。

鷹村 いつもメンバーのフォローをしてくれるくらい、余裕があるんですよね。

宮原 うん。ちゃんと周りを見て、そのとき求められている最適解を必ず出すというか。

鷹村 だから飯塚プロです!

宮原 信頼感がすごいです。

鷹村 村上さん、まなてぃーは、自己紹介で、DIALOGUE+のネタ係と言ってるんですけど、本当にネタ係なんです。普段みんなでご飯に行くことも多いんですけど、プライベートでもボケ担当で。

宮原 場を盛り上げようと、とても頑張ってくれる。今、私何様?って感じになってると思いますけど。

ーーすごく上から言っていますね(笑)

宮原 やめてください(笑)! いや、すごくいい子だと思っているんです! 健気でいい子だなって。

鷹村 彼女は笑いに対する情熱がすごくありますので、期待してください!

 画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大します。

 

撮影=塚越淳一

プロフィール
鷹村彩花【たかむら・あやか2月5日生まれ。東京都出身。EARLY WING所属。ゲーム 『CUE!』では、天童悠希役を演じる。

宮原颯希【みやはら・さつき10月28日生まれ。新潟県出身。81プロデュース所属。ゲーム 『CUE!』では、赤川千紗役を演じる。

DIALOGUE Debut single「はじめてのかくめい!」情報
発売日2019年10月23日(水)
初回限定盤(CD+DVD)
価格:1,800円(税別)
【通常盤(CD only)
価格:1,273円(税別)
CD収録内容】
1.はじめてのかくめい!
2.ダイアローグ+インビテーション!
3.はじめてのかくめい!(TVサイズ)
4.はじめてのかくめい!(Instrumental
5.ダイアローグ+インビテーション!(Instrumental

通常盤

限定盤

DIALOGUE+公式サイト
https://dialogue-music.jp

DIALOGUE+公式Twitter
https://twitter.com/DIALOGUE_staff

DIALOGUE+公式Instagram
https://www.instagram.com/dialogue_staff/