天皇陛下の即位を国内外に宣言する「即位の礼」が厳粛な雰囲気の中行われた10月22日安倍晋三首相の昭恵夫人が“悪目立ち”でネットを騒がせた。

 即位礼正殿の儀安倍首相とともに会場入りした昭恵夫人の服装は、光沢のある白い“ひざ丈”のワンピースドレス。肘のあたりから袖が大きな鐘のようにふくらんだベルスリーブが目を引く。

 そして、ガラス張りの最前列に着席すると、膝は丸見えになり、スカートの中までのぞけてしまいそうなアングルが、テレビ画面に映った。

 その途端、ネット上では「着物を着れば間違いないのに。日本人なんだから」「なぜ和装にせずドレスを貫いたのか、本当に疑問」「悪目立ちの教科書みたいな人」など、昭恵夫人のドレスコードに疑問を投げかける意見が相次いだ。

「即位の礼は、最もフォーマルな宮中行事。首相官邸がウェブサイトで発表している女性参列者のドレスコードには“デイドレス”も入っていますが、席が最前列で膝が丸見えとは、あまりにもみっともないと言わざるを得ません。しかもこのドレス、以前にも式典で着用しているんです。流用するにしても、裾丈を長くすれば問題なかっただけに残念です」(ファッション誌記者)

 安倍首相に対しては、あらゆる忖度が働いているようだが、唯一、昭恵夫人だけは忖度なしというところだろうか。

アサジョ