2_e

 特に目的もないのにだらだらとスマホをいじるのは楽しい。そんなとき、ふとスマホは握られている感覚を味わっているのだろうか? などと疑問に思ったことはないだろうか。

 もちろん、そんなはずはない。スマホは心のないただの工業製品なのだから。

 そんなのおかしい! とか思っちゃったのだろうか。フランス国立高等電気通信大学マーク・テシエ氏の研究グループは、スマホケースを人間に近づけちゃったようだ。

 それはクローネンバーグの映画に出てきそうな、人間の皮膚をそのまま再現した皮膚感たっぷりのちょいグロいやつだ。

―あわせて読みたい―

離れている相手とキスの感触を楽しめる、スマホ用デバイス「キッシンジャー」
ロボットに触覚を与える生体スキンが3Dプリント技術で開発される(米研究)
猫のような動きでくるりと回転。落下時に自動的に閉じてディスプレイを保護する手帳型iPhoneケース「キャット・フリップ」の商品化決定!
落としちっち!でも大丈夫。スマホを落下の衝撃から守ってくれる「スマホ用エアバッグ」を学生が発明
人間をやさしく抱きしめることができる。皮膚感覚を持つロボットが開発される(ドイツ研究)


A mobile device covered with human skin? Skin-On Interfaces

触られると感知する、皮膚そっくりのスマホケース

 このスマホケースすごいところは、ペシッペシッと叩くと、それを感知する。なでてみたり、つねってみたり、くすぐってみたりしても反応する。だって皮膚ですから。

 一応はちゃんと実用性だって考慮されている。それは「スキン・オン・インターフェース」と呼ばれ、いろいろなジェスチャーやタッチコントロールを可能にする高度なデバイスなのだ。

 しかも、そうしたジェスチャーから感情を読み取ることもできる。軽く叩かれれば、自分を呼んでいるのだなとスマホは察する。ぎゅっと握ればあなたの怒りを察する。

 優しくなでれば心地よさを感じるようプログラムできるし、ちょっとセクシーなジェスチャーもあるかもだ。

 スキン・オン・インターフェースの可能性のひとつには、バーチャルアバターとのスキンシップを通じたコミュニケーションが挙げられる。

 プロジェクトが順調に進めば、大人の為の大人による大人なちっくな使い方なんかができることだろう。

0_e

スマホをつまみたい欲望から誕生

 テシエ氏によると、そもそも開発の発端となったのは、スマホをつまんでみたいという欲望だったのだとか。ちなみに彼には指つきスマホを考案した過去もあり、指先の諸事については一家言あるらしいことがわかる。

 テシエ氏は、触覚による人とコンピューターの相互作用を探求しているという。人は触れ合うことで愛情や感情を伝える。それは言葉よりも豊かなものだ。だが、人と人の触れ合いは、スマホによって奪われつつある。人が一番長い時間触れ合っているものはスマホとなってしまった。

 ならばスマホに人工皮膚を与え、人間のようなぬくもりを与えようというのがテシエ氏の狙いだ。

3_e

試行錯誤の末に完成した人工皮膚

 現実には、人間の触れるという行為を人工的に再現することはかなり難しい。テシエ氏らがプロトタイプを作り上げるまでには3ヶ月がかかっており、人工皮膚にふさわしい素材を選び出すことは一筋縄ではいかなかったそうだ。

 「厄介だったのは、曲げ伸ばし可能で、同時にタッチを検出できるものを開発することでした」とテシエ氏はニュー・サイエンティストに語っている。

 なお開発されたプロトタイプには2種類ある。シンプルな単色バージョンと、人間の皮膚の質感をこれでもかとばかりに再現したリアルバージョンだ。

5_e

6_e

 それはシリコンで形成された表皮と皮下組織の間に配線を行ったもので、人間の皮膚と同じような多層構造だ。

 スマホ以外にも、ノートPCタッチパッドやスマートウォッチにも応用できるという。

References:Creepy human-like skin makes your phone ticklish and pinchable | New Scientist/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52283845.html
 

こちらもオススメ!

―サイエンス&テクノロジーについての記事―

SNSや匿名掲示板が活躍。ネットのおかげで解決した6つの犯罪事案
人間をやさしく抱きしめることができる。皮膚感覚を持つロボットが開発される(ドイツ研究)
なお、この車両は自動的に爆発します。イラン軍が自爆装置を搭載した無人ロボット兵器を公開
世界初の完全サイボーグ化手術を行う決断をした、末期の病に冒されたロボット科学者(イギリス)
アメリカで導入されたロボット警官「ロボコップ」、助けを求めた女性を無視して「邪魔だからどいてください」

―動画の紹介記事―

風船2個をお尻に見立て、小さな子供たちにお尻の拭き方を指導する先生。そのアイデアに賛否両論あるもおおむね好評
崖登りヤギとはオイラのことさ!「アルプス・アイベックス」がほぼ垂直のダムの壁面を登る理由
我が子と会えた喜びに興奮を抑えきれないハスキーの父親とそれをたしなめる母親
どこかで聞いたことあるやつ!ワニの赤ちゃんの鳴き声がレトロなテレビゲームのシューティング音そっくりだった件(要音声)
銃を学校に持ち込んだ生徒に対し、咄嗟に抱きしめることで悲劇を未然に防いだ教師(アメリカ)
スマホいじりがはかどる?はかどらない?人間の皮膚と感覚を再現したスマホケースが開発される(フランス)