イライラする女性miya227/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

恋愛での辛い出来事は誰にでもダメージがあるもの。その理由によっては一生モノのトラウマになりかねない。とんでもない男からの仕打ちにはじまり、彼との悲しすぎる別れ。大好きな存在だからこそ、傷ついてしまうものだ。

女性向け掲示板ガールズちゃんねる』では、「今までした恋愛の中で1番辛かった出来事」とのトピックではこうしたエピソードの数々が寄せられた。

■酷すぎる… 逮捕や働かない男たち

「みなさんは恋愛においてどんなどん底エピソードがありますか?」との問いかけに多くのユーザーからエピソードが寄せられた。まずは、この手の話には欠かせない男の存在だ。

「結婚まで考えていた彼が逮捕された もちろん縁は切ったけど正直今でも忘れられない」

「大学の時に付き合っていた男が、突然、併設されてた短大の美人を妊娠させて学生結婚した」

「彼氏が働かなくなって、家賃、光熱費など半年間払った。その彼氏は酒も凄い飲んで、飲み会終わったら迎えに行って、私はフルタイムで働いて超キツかった」

このほかにも、相手が既婚者だった、急な婚約破棄など男に振り回されてしまった話は多い。しかし、このトピックでは酷すぎる運命によってダメージを受けてしまった人もいるようだ。

関連記事:「クズ男とやっと別れられた」と思っていたら… 1ヶ月後の連絡に困惑

■誰も責められない

事故や隠されていた秘密など誰も責めることができないからこそ辛いエピソードも寄せられてた。

フェイスブックの知り合いかもに突然彼が出てきて、開いてみたら、引っ越したけど元気にしてたようでした。その1週間後にたまたま観たニュースが彼が死亡したニュースで…トラックと接触して亡くなりました。

事故現場に転がってた彼のスニーカーが私がプレゼントしたスニーカーでした」

「付き合ってた彼が、事故で死んだ」

「ずっと男性だと思ってたのに女性だった」

一番上のエピソードは突然の音信不通から1年後にSNS上で発見。その1週間後に亡くなってしまったという。どれも誰が悪いとも言えず、関わった人がみんな傷ついてしまう、やりきれない話だった。

■恋愛は上手?

しらべぇ編集部が全国10代〜60代男女1,732名を対象に調査を行ったところ、全体の8.1%が「自分は恋愛上手なほうだと思う」と回答している。

上手いか下手か、本当に好きになってしまった人が目の前に現れたら、そんなことは考えないはずだ。だからこそ、こうして傷つきながらも前に進むしかないのかもしれない。

・合わせて読みたい→彼氏と破局した女性 1ヶ月後の出来事に「もう誰かを好きになれる気がしない」

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

浮気、逮捕、働かない…見ているのも辛い? 恋愛の厳しいエピソード