[トップリーグ2020開幕!ドコモで見放題・初回31日間無料]

 「笑わない男」がラグビー界を背負って立つ?

 昨年、W杯史上初のベスト8に進出し、列島に感動を届けたラグビー日本代表が、お茶の間にも笑顔を届けている。W杯準々決勝で南アフリカに敗れて終戦となったが、快挙を達成したメンバーメディアに引っ張りだこ。テレビゲスト出演してはナイスコメントを連発し、好感度も急上昇だ。

・合わせて読みたい→
ラグビー・松島幸太朗 特集(https://cocokara-next.com/feature_archive/kotaromatsushima-feature/)

海外チームからは「ジャパニーズ・マフィア」、喫茶店で入店NG伝説も…

 そんな中、独特すぎる存在感を放っているのが、プロップの稲垣啓太(29=パナソニック)。怖すぎる顔が特徴で、共演する代表メンバーさわやかスマイルと対照的に、1人だけ決して笑わない。代表初トライを挙げたW杯スコットランド戦の試合後、「笑ったことがない」とインタビュー無表情で語ったことでも話題に。海外チームからは「ジャパニーズマフィア」と呼ばれ、喫茶店で入店NGを食らった伝説もある。

 W杯準々決勝敗退後に日テレ系情報番組「news zero」でも有働由美子アナ、嵐の櫻井翔から散々イジられたが、仏頂面を貫き通した。稲垣の母校である新潟工で撮影した後輩ラグビー部員たちのユニークメッセージ映像を見せても、まゆをピクリとも動かさない。そのキャラが受け、テレビ制作側の興味は「稲垣をどうやって笑わせるか」という方向へとシフトネットでも、稲垣が笑顔で写った昔の写真が「お宝の1枚」としてアップされるほどだ。

笑わない理由とは

 笑わない理由は「弱い部分を見せたくない」という哲学から。

 昨年6月に出演したバラエティー踊る!さんま御殿!!」では、中学の時に交際していた相手に「顔が怖い」とフラれたことを告白。その後、「女性には尽くしたいタイプ。送り迎えして、食事代は払わせたくない」「女性は化粧品などでお金がかかるから」「子供のころから女性を泣かせてはいけないと教わった」などと語り、出演女性たちのハートをわしづかみにした。

 プロップはスクラムの最前線で体を張る『つぶれ役』で目立たないポジションにもかかわらず、女性ファンの多さは代表でも1、2を争う人気ぶりという。強さに見え隠れする優しさ。ギャップに弱い女性なら、イチコロだろう。

「とりあえずラーメンとラーメン」、「カレーは飲み物」

 いかつい見た目通り、食欲は豪快そのもの。

 中華店にいけば「とりあえずラーメンラーメン」を注文するのがお決まり。「カレーは飲み物」と秒単位の速さでたいらげ、すし50貫以上は当たり前。酒を飲むときは日本酒なら1升(約1・8リットル)、レモンサワーはメガジョッキ(1リットル)15杯以上という酒豪ぶり。

 幼少から巨漢で、幼稚園年長で体重が40キロを超え、ホッピングで遊んだ床が貫通。小5で100キロを超えて回転式体重計の針が振り切って故障し、1人だけ市内の健康センターで体重測定した。

 出てくるエピソードの内容も濃く、さらに興味をひきつけられる。笑顔を見せない珍しさが大ウケし、いまやW杯後の代表の「顔」になりつつある。

[トップリーグ2020開幕!ドコモで見放題・初回31日間無料]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

ラグビー・稲垣啓太が笑わない理由と伝説集、海外勢からは「ジャパニーズ・マフィア」