成城石井は10月28日(月)に当社が運営するワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」のグランドメニューリニューアルいたします。約4年ぶりとなる今回の改定は、現行メニューの約5割を入れ替え。「多種多様な料理を少しずつ楽しみたい」というお客様からのご要望にお応えして、お好みに合わせて“好きなものを少しずつ楽しめる”ラインナップを充実させました。これまでは「盛り合わせ」のみのご用意だったチーズ生ハムを、このリニューアルを機に1種類からご注文いただけるようにいたします。その他にも、マリネなど小ポーションメニューをご用意するほか、人気のお肉のグリルパティスリー・サダハル・アオキ・パリとのコラボレーションスイーツ、ロカボメニューなど、新メニューが続々登場いたします。
「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」は、成城石井ならではの商品開発力・調達力を活かし、お客様によりご満足いただけるメニューをご提案し続けることで大切な人と“おいしい食”を楽しむ特別なひとときをお届けいたします。
株式会社成城石井(本社事務所神奈川県横浜市西区北幸、代表取締役社長:原昭彦)は、2019年10月28日(月)より、ワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」の全7店舗(麻布十番店/関内店/横浜ベイクォーター店/アトレ恵比寿西館店/神谷町店/ビナガーデンズ海老名店/渋谷マークシティ店)のグランドメニューリニューアルいたします。

■「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」のグランドメニュー10月28日(月)にリニューアル

「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」は、170店舗余を展開する成城石井のスケールメリットを活かした商品調達力と開発力で、世界中から選りすぐった上質なワインと食材をコストパフォーマンス高く提供するワインバーです。成城石井のプレゼンテーションの場として2013年に第1号店を麻布十番に開業し、現在では7店舗を展開しています。提供するフードには成城石井クオリティの食材を使用。商品の魅力を新しい形でお客様にご提案することで、多くのお客様にご好評をいただいてまいりました。その一方で浮かび上がってきたのが、お客様からの新たなニーズです。これまで、同店のフードメニューは味・量・価格の中でも、ボリューム感のあるメニューを中心にご提案してまいりました。そのような中、“様々な種類の料理を少しずつ楽しみたい”というお客様からのご要望をもとに、グランドメニューを約4年ぶりにリニューアル。お客様のお好みに合わせて“好きなものを少しずつ”お選びいただけるように、小ポーションメニューを充実させました。よりご満足いただけるようにと、その他にも現行メニューの約5割を入れ替え、その日の気分や様々なシーンに合わせてご利用いただける魅力的なラインナップに生まれ変わります。また、健康に配慮した「ロカボ」のメニューも引き続きご提案してまいります。今回、新たに11品が加わり、合計で29品のロカボメニューをご提供いたします。


■お好みに応じて、好きなものを選べる小ポーションの新メニュー

1.チーズ生ハムは1種類からご注文いただくことが可能に
成城石井セレクト!厳選チーズ4種盛り合わせ
これまでは「盛り合わせ」の形式でのみご注文を承っていたチーズ生ハムは、今回のリニューアルからそれぞれ1種類からのご注文が可能となります。成城石井ならではの調達力を活用した、高品質なチーズ10種類、生ハム・サラミ類7種類をご用意し、1種類ごとに1皿(500円)でお楽しみいただくことができます。
さらに、「成城石井セレクト!厳選チーズ4種盛り合わせ」(980円)では、これまでは予め組み合わせが決まっていたところ、オリジナルセットと同じ価格でお好みの4種類をお客様ご自身でチョイスしていただけるようになります。ハードチーズだけを選んだり、気になるチーズに挑戦してみたりと、お客様のお好みに応じてお選びいただくことができます。

チーズ 1皿約30g 各500円
イタリア産24ヶ月熟成ジャージー乳30%使用パルミジャーノレッジャーノ/イタリア産16ヶ月熟成《427》グラナパダーノ/フランス産ミモレット/フランス産コンテ/イタリア産ペコリーノロマーノ/イタリア産DOPゴルゴゾーラピカンテ/フランス産熟成ブリー/フランスカマンベール/フランス産ウォッシュチーズ/ギリシャ産フェタチーズ/計10種類

生ハム・サラミ類 1皿約30g 各500円
300日熟成プロシュート/スペイン産14ヶ月熟成ハモンセラーノ/燻製生ハム スペック/イタリア産ミラノサラミ/ボローニャ特産モルタデッラ/スペイン産イベリコサルシッチョン/スペイン産イベリコチョリソー/計7種類


2.その他にも、小ポーションメニューが新登場!
イベリコ豚のメンチカツ トマトソースとグラナパダーノチーズ
お客様からのご要望にお応えした小ポーションメニューとして、「イベリコ豚のメンチカツ トマトソースとグラナパダーノチーズ」(580円)が新登場。揚げたてのメンチカツの上に、自社輸入のセミドライトマトイエロートマト、マリナーラソースを使用したトマトソースをかけ、さらに自社輸入のグラナパダーノチーズをトッピングした、ワインと相性抜群のメンチカツです。その他にも、「スモークサーモンギリシャ産フェタチーズ淡路島産玉葱のマリネ」(580円)など、特製のマリネ液で食材を漬け込んだマリネ3種類も新登場。小ポーションラインナップが充実したことで、お楽しみいただけるメニューの幅が広がります。

■大人気のお肉のグリルや、パティスリー・サダハル・アオキ・パリとのコラボレーションスイーツも新登場
1.部位や種類ごとの食べ比べを楽しめる新メニュー
九州産銘柄A4~A5ランク黒毛和牛”ウチモモ”と”霜降りサーロイン”・スペイン産マグレカナール鴨の食べ比べ3種盛り合わせ
オープン以来、同店で高い人気を誇るお肉のグリルは“種類ごとに異なるおいしさをお楽しみいただきたい”というシェフの思いで、新メニューを開発。試行錯誤の末に誕生した「九州産銘柄A4~A5ランク黒毛和牛“ウチモモ”と“霜降りサーロイン”・スペイン産マグレカナール鴨の食べ比べ3種盛り合わせ」(3980円)は、九州産の銘柄牛の赤身と霜降りの部位、そしてスペインから自社輸入している鴨肉を合計で320gご用意。それぞれ異なる味わいの食べ比べをお楽しみいただけます。プレートには、成城石井でも販売されている再仕込み醤油や桜のチップを使用した沖縄産燻製塩、そしてフランス産の粒マスタード、伊豆天城産本わさびを添えました。成城石井の商品調達力を活かしているからこそ実現できる価格とボリュームです。


2.パティスリー・サダハル・アオキ・パリとのコラボレーションスイーツ
Sadaharu AOKI 柚子風味のフォンダンショコラ 自家製焼きリンゴとバニラアイスクリーム
「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」の旗艦店「渋谷マークシティ店」の限定メニューとしてオープン時からご提供した「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」とのコラボレーションスイーツ。お客様に大変ご好評いただいたことから、この度Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO全店でご提供することになりました。今回のリニューアルに合わせて開発していただいた新メニューSadaharu AOKI 柚子風味のフォンダンショコラ 自家製焼きリンゴバニラアイスクリーム」(980円)をご提供いたします。チョコレートと相性の良い柑橘類フルーツの中で「柚子」を組み合わせた独創的な逸品は、同店でしかお召し上がりいただくことのできない限定のスイーツ爽やかな香りと濃厚なチョコレートとの至福のマリアージュが口の中に広がります。じっくりと焼き上げた国産りんご、そして冷たいバニラアイスクリームと一緒にお召し上がりください。

■店舗概要
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO 渋谷マークシティ店(2019年7月10日オープン
・店名     Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO 渋谷マークシティ店
・店舗所在地 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト棟4階
・営業時間   ランチタイム 11時15時、ディナータイム 15時23時(L.O22時)
・座席数 95席
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYOその他の店舗
麻布十番店/関内店/横浜ベイクォーター店/アトレ恵比寿西館店/神谷町店/ビナガーデンズ海老名

※画像は全てイメージです。
※価格は全て税抜きです。

配信元企業:株式会社成城石井

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ