2019年10月22日、陛下の即位を国内外に宣言する『即位の礼』の1つとして執り行われた即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)。

招待を受けたおよそ200か国の要人が来日し、同日夜に行われた晩さん会・饗宴の儀(きょうえんのぎ)にも出席しました。

饗宴の儀では両陛下も臨席し、食事をともにされるため、天皇陛下と皇后陛下は海外要人を出迎えておられました。

来客を笑顔でお出迎えし、両ほおを寄せる『チークキス』で挨拶された皇后陛下。

そんな中、デンマークのフレデリック皇太子メアリー皇太子妃を迎える場面では、ほほえましい出来事が起こっていたようです。

両陛下とデンマーク皇太子夫妻が笑顔になった理由

同月24日、駐日デンマーク大使館のTwitterアカウントが2枚の写真を投稿。

そこには、饗宴の儀でお出迎えする両陛下と、デンマーク皇太子ご夫妻のお姿が写っています。

両陛下とデンマーク皇太子ご夫妻が笑みを浮かべている理由について、駐日デンマーク大使館はこのようにつづっています。

駐日デンマーク大使館は「きっと顔を合わせた瞬間に緊張が解けて、お互いにリラックスしたのでしょう。メアリー皇太子妃殿下が『カーテシーを忘れてすみません』となったように見えました」とつづりました。

これまで何度もお会いされているため、とても親しい間柄であるという、両陛下とデンマーク皇太子ご夫妻。

カーテシーとは、片足を引いてヒザを曲げて相手への敬意を表す女性の挨拶です。基本的に、身分の高い人に対して行います。

きっとメアリー皇太子妃は、以前は同じ皇太子妃の立場だった雅子さまが皇后陛下になられたことに気付き、ハッとしてカーテシーをしたのでしょう。

お2人の親しい間柄が伝わるほほえましい光景に、ネットからは反響が上がりました。

・とてもよい交遊関係が築けていることを、いち国民として嬉しく思います。

・皇后陛下が「まあ、そんなことまでしなくていいのよ!」といったお顔で笑っておられたのがほのぼのとした…。

・最近まで同じ皇太子妃の立場であられたから、つい忘れてしまったのかな。仲のよさが伝わる素敵な光景!

皇后陛下とメアリー皇太子妃のお人柄が伝わる一瞬の出来事は、多くの人の心を温かくしたようです!


[文・構成/grape編集部]

出典
@DanishEmbTokyo