【写真を見る】声優の神谷浩史と島﨑信長もゲストで登場!

今年も様々なアニメを全世界へと発信している、世界最大級のオンラインストリーミングサービスNetflix。今後2020年にかけて配信予定となる作品の最新情報を発表する「Netflixアニメラインナップ発表会2019-2020」を10月23日秋葉原UDXシアターにて開催。イベントには、Netflixチーフアニメプロデューサーの櫻井大樹に加え、いよいよ配信を迎える「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編斉木楠雄役の神谷浩史、「Levius」レビウス=クロムウェル役の島崎信長も登場。Netflixアニメが一堂に会するイベントとあって100人超のメディアが集まる中、ネトフリ注目アニメがずらりと勢ぞろいした。全世界から熱い視線が集まる最新情報を一挙にご紹介したい!

2017年からアニメ作品のラインアップを拡充し続けてきたNetflix。まず解禁されたのは、今年の冬を盛り上げるNetflixアニメ2大作品「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」(2019年12月30日よりNetflixにて全6話全世界独占配信)と「Levius」(2019年11月28日よりNetflixにて全12話全世界独占配信)の予告映像とキーアート。「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」は、麻生周一原作の漫画「斉木楠雄のΨ難」が、3シーズンテレビアニメ化を経てNetflixオリジナルアニメとして全世界へ始動。新たなキャラクターも加わり、さらに早くなったセリフスピードを体感できる新シリーズとなっている。また「Levius」は、中田春彌の描く緻密なタッチで孤独な少年の繊細な心情と人間と機械の融合バトルを描く大人気コミックの初アニメ化となっており、制作は数々の名作を世に送り出してきたポリゴン・ピクチュアズが手がける。

地上波でも大人気の「斉木楠雄のΨ難シリーズが再びNetflixシリーズ化されることを知り、神谷は「『爆笑! 超能力(サイキック)コメディ』なんてハードルをあげていますが、爆笑しかありません。過去テレビシリーズは2シーズン、完結編特番もやった上で、まだアニメ化していないものを拾い集めてくださるなんて本当に嬉しいですし、幸せ」とコメント。また「一番楽しそうだったのは監督。僕たちがセリフを早口で入れると『もっと長いセリフが入るんじゃ?』と原作のセリフを忠実に入れたがるんです。シリーズ最初の1話と最終話は見返すと全然スピードが違う」と裏話も明かした。

続いて「Levius」の最新のティザー映像では、主人公レビウスをはじめ、主要キャラクターたちの動く姿が初解禁。レビウスの伯父で機関拳闘のトレーナーであるザックス(諏訪部順一)、レビウスの腕を支える機関拳闘技師ビル(櫻井孝宏)ら超豪華声優陣の全貌が明らかとなったほか、レビウスが闘う理由、その右腕に込めた守りたいものへの思いを象徴するようなアクションシーンや、人間ドラマ美しい映像美で描かれる。

レビウス役を演じた島﨑は、「オーディションにあたり作品を読んだが、全て一気読みしてしまったくらい面白い作品でした。レビウスのファミリーはとても仲良しで愛に溢れて、とてもシリアスだし悲壮感もあるけど、温かい前向きになれる作品だと思います」と作品の深いメッセージ性にも言及。また「ティザー映像には、まだ少ししかアクションシーンが出ていないです。特に本編のボクシングシーンは引きの映像でもクオリティが高く、本物の試合を見ているような映像美があります」と期待を煽るコメントを残した。

また、「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」、「Levius」はNetflixオリジナルアニメシリーズとして日本のみならず世界同時配信をされることも決定しており、海外では吹替版なども制作されることから「英語版の『斉木楠雄〜』は全く想像がつかないですね(笑)Netflixはローカライズも完璧なのでどうなっているのか気になります。Netflix日本語の字幕も表示できるので、その量を見ていただければ、僕たちがどれだけ高速で長いセリフを喋っているかわかると思います(笑)」と神谷が会場を笑わせ、島﨑も「『Levius』は海外作品のような雰囲気があって、どの国でも通じる面白さがあると思うので、いろんな言語で楽しんでいただきたいです。あとは音もすごく良いです!セリフ、打撃音などそれぞれに注目して聞いて欲しいし、配信なら手軽に振り返って再生できるのがいいですよね」とNetflixならではの楽しみ方を語った。

続いては、シリーズ史上初のフル3DCGアニメーションとなる「攻殻機動隊 SAC_2045」(2020年春にNetflixにて全世界独占配信)。1989年士郎正宗が原作漫画を発表して以来、テレビアニメ化、映画化、さらにハリウッドで実写映画化されるなど、世界中に驚きを与え続けてきた「攻殻機動隊」がNetflixで新たに描かれる。情報ネットワークサイボーグ(義体)技術の発達により人々の意思が“電脳”に繋がれた近未来において、電脳犯罪に立ち向かう全身義体のサイボーグ草薙素子率いる攻性の組織、攻殻機動隊を描いた本作。イベントでは凛とした表情の草薙素子の姿を写したティザービジュアルの解禁に続き、本邦初公開のティザーPVが到着。初めて素子の動く姿が明らかとなり、シリーズ初の3DCGで描かれたファン心を煽る映像について、Netflixコンテンツ部門クリエイティブ・プロデューサーの櫻井は「素子の声は…(笑)、思考戦車・タチコマも登場します!」と言及。今作もNetflixアニメULTRAMAN』と同様、神谷健治、荒牧伸志の共同監督で描かれていることに「前作で確立した技術を本作でもさらにパワーアップして、しっかりと生かしてくれた」と作品の確かなクオリティにも自信を見せた。

さらに、2020年秋にNetflixにて全世界独占配信されるのがオリジナルアニメシリーズ「エデン」。キャラクターデザイン川元利浩を迎え、入江泰浩が監督を務めるSFファンタジーとなっており、初公開となるタイトルから連想されるリンゴが落下する“動く”モーションティザービジュアルに加え、ティザー映像を上映。人間が存在しない数千年後の未来を舞台に、ロボットしかいない世界「エデン3」で暮らしていたロボットのE92とA37が、ある日サラという名の赤ちゃんと出会う異次元の未来感を感じる作品となっている。プロデューサーアメリカ人のジャスティン・リーチ、コンセプトデザインフランス人のクリエイタークリストフ・フェレラ、背景を担当したアートディレクター中国人クローバー・シェ、そして監督は日本を代表する監督の入江泰浩と制作段階からグローバルな作品となっており、Netflixだからこそなし得た日本のアニメーションという枠組みを超える世界中の感性が集結した共同作品が誕生する。

また、2018年に配信を開始したNetflixオリジナルの実写SFシリーズオルタード・カーボン」の世界を進化させた新たなアニメ作品『オルタード・カーボン:リスリーブド』の場面写真もお目見え。主人公タケシビジュアルも初お披露目となり、実写SFシリーズの世界観を受け継いだ、物語の舞台となる街の姿も印象深い。本作は、2020年春にNetflixにて全世界独占配信される。

さらに橋本花鳥原作の、西暦2125年、人が巨大な虫になる奇病「カガステル」が発症する世界を舞台に、無情な〈駆除屋〉の青年キドウと女の子イリの物語を描いた『虫籠のカガステル』(2020年Netflixにて全世界独占配信)の場面写真も解禁。新たに人が虫と化した〈カガステル〉を駆除するキドウの激しい戦闘シーンや、顔面に血しぶきを浴び冷たく儚げな表情を浮かべる少女イリの意味深シーンが写し出されている。カガステルにまつわる謎、そしてこの世界で生きるために闘い支え合うキドウとイリの姿、そしてその透明感溢れる描写に早くも期待が高まる作品の一つとなっている。

また、アヌシー国際アニメーション映画祭で大きな注目を集めた2作品も配信決定。一見ごく普通の女の子なのに、怒りが頂点に達すると恐竜のガウ子に変身してしまうオリジナルアニメ恐竜少女ガウ子」が11月22日に、切断された手が持ち主の青年を探す旅を描くフランスで制作されたアニメ「失くした体」が11月29日にそれぞれ独占配信される。そのほか、10月31日に「ケンガンアシュラパート2、2020年には「7SEEDS」「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」「バキ」「B: the Beginning」など人気作の続編の配信も決定。さらに先日発表され大きな話題となった湯浅政明が監督を手がけるNetflixオリジナルアニメシリーズ日本沈没2020」(2020年Netflixにて全世界独占配信)もひかえており、来年にかけて続々と話題作が配信されるネトフリアニメに今後も注目が集まる!

島崎信長の「崎」は「たつさき」が正式表記(Movie Walker・文/富塚 沙羅)

今年から2020年前半へかけてのNetflix注目アニメがずらりと勢ぞろい!