ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

和食で仕事をしていたとある方が「着物にメガネはダメだ」と指摘された経験をTwitterに投稿している。

大きなお店でも個人店でも9割注意されるようで、その理由が「着物に眼鏡はおかしいでしょ」とか「お料理出す時落としたらどうするの」、「眼鏡越しにお客様見るのは失礼よ」というものだという。理解に苦しむこのマナー

この方はメガネで揉めたくないためにコンタクトレンズを着用しているようだが、体質上コンタクトレンズがあわない人もいるはず。視力を補うためにつけるメガネマナー違反とされては逆に仕事に支障が出るのではないだろうか。

これに対して「めがねは医療器具です。会社側に医療器具の使用を禁止されるっておかしいですよね」、「視力悪い人にとって、メガネは体の一部です」、「ワタシも言われたことありますねぇ」、「眼鏡をファッションと理解してるんだろな」というリプライが飛び交っている。

マナー講師もメガネマナー違反としているようだが、その理由はハッキリとしないという。

関連:【動画】フジテレビが今更「とっくりは逆から注ぐのが正しい」と放送