10月25日(金)、舞台『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1-犯罪係数-』の公開ゲネプロと会見が行われ、久保田悠来、真田佑馬、河内美里、橋本祥平、愛加あゆ、立道梨緒奈、細貝圭、今村ねずみ、前山剛久が登壇。

 狡噛慎也役の久保田は「生憎の天候ですが、実に『PSYCHO-PASS』らしい始まりだなと、むしろ恵まれてるなと思います。初めましての方も多いなか、僕らも最高のキャストが揃ったと思います。ということで『最高パス』です。よろしくお願いします」と、冗談を交えつつ挨拶。宜野座伸元役の真田は「子供の頃から見ていた大好きな作品なので、出られることが幸せです。宜野座と誕生日も実年齢も一緒なので、もし自分が生きてたら、どうやってこの時代を全うするのかわからないですけど、そこも含めて楽しんでいただければと思います」と語った。

 常守朱役の河内が「演出の三浦(香)さんや皆さんを信じて、自分を信じて朱としてかけ抜けたいと思います」と、演出の三浦について語ると、縢秀星役の橋本は「稽古中いろんなことがありまして、三浦さんの演出は役の底の底まで掘り下げて、人間性を出していこうというお芝居の作り方をされていまして。それが自分にとってためになる稽古場でした」とコメント。さらにアニメに因んで「役としても自分としても葛藤したりいろいろあったんですけど、色相を濁らせながら無事にこの場に立てている喜びを噛み締めて、頑張りたいと思います」と語り、久保田らにツッコミを入れられる一幕も。

 唐之杜志恩役の愛加は「三浦さんの演出が自分の想像していたはるか斜め上をいく演出で、作品が出来上がるのを参加しながら楽しく稽古させていただきました」と稽古を振り返り六合塚弥生役の立道は「安全な世界に見えて窮屈で残酷な世界を必死に生き抜く人間模様を描いていきたいと思います」とコメント。また、佐々山光留役の細貝はセットについて「集中していないと危険を伴うかもしれない。だからこそ『PSYCHO-PASS』という作品を表現できるのかなと思います」と語り、征陸智己役の今村は「ジェネレーションギャップを感じず、若者と心と体を一つにして、この世界で真っ当に生きていきたいと思います」と意気込みを明かした。槙島聖護役の前山は「稽古を通して演劇で生身の人間が演じる意味を考えながら、今日まで稽古頑張ってきました。今日の初日が『最高パス』になるよう頑張りたいと思います」と、久保田コメントに被せつつ、挨拶を締めくくった。

 記者からの質問で、稽古場のエピソードを尋ねられると、代表して久保田が「誕生日キャストが多くて、毎回お祝いしましたが、誕生日じゃないお祝いもできたのが、僕は古くからの友人なので嬉しかったです」と、先日結婚を発表した細貝を横目で見つつ回答。さらに、監修の虚淵玄が最終稽古に駆けつけたことを明かし、「『こんなに面白い本を書いた覚えはない』と言ってくれたのが、我々としては最大の賛辞。『早く続きが見たい』と言っていただき、身に余る光栄です」と語った。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 



舞台版『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―』
公演期間:2019年10月25日(金)~11月10日(日)
劇場:品川プリンスホテル ステラボール

脚本:亀田真二郎(東京パチプロデュース
演出:三浦 香
監修:虚淵 玄(ニトロプラス
出演:狡噛慎也(こうがみ しんや)役/久保田悠来
   宜野座伸元(ぎのざ のぶちか)役/真田佑馬
   常守 朱(つねもり あかね)役/河内美里
   縢 秀星(かがり しゅうせい)役/橋本祥平
   唐之杜志恩(からのもり しおん役/愛加あゆ
   六合塚弥生(くにづか やよい)役/立道梨緒奈
   チェ・グソン役/磯野 大
   泉宮寺豊久(せんぐうじ とよひさ)役/大塚尚吾
   王陵璃華子(おうりょう りかこ)役 /藤本結衣
   佐々山光留(ささやま みつる)役/細貝 圭
   征陸智己(まさおか ともみ)役/今村ねずみ
   槙島聖護(まきしま しょうご)役/前山剛久
主催:舞台版『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―』 製作委員会
チケット料金;:¥8,800(前売・当日共/全席指定/税込)

舞台版『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―』公式サイト
http://pp-stage.com/


舞台版『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―』公式Twitter
https://twitter.com/pp_butai


サイコパス製作委員会
Ⓒ舞台版『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―』 製作委員会