父親の死からまもなく丸8年を迎える35歳の金正恩委員長が、いよいよ追い詰められてきた。

JBpressですべての写真や図表を見る

 10月23日、朝鮮中央通信は、金正恩委員長が、朝鮮半島5霊山の一角である金剛山を視察したことを、長文の記事で報じた。妹の金与正副部長や、崔善姫外務省第一次官など、お気に入りの面々も同行した。

 この記事によると、金委員長は、高城港、海金剛ホテル、文化会館、金剛山ホテル、金剛山玉流館、金剛ペンションタウン、九龍村、温泉ビレッジ、家族ホテル、第2温廷閣、高城港海鮮料理店、高城港ゴルフ場、高城港出入国事務所など、韓国資本で作られた施設を、一つ一つ視察。「わが国の名山の景勝地にそぐわないひどい施設だ」と、ボロクソにけなした。その上で、「わが国の力で、名山・金剛山にふさわしい施設を作り直すのだ」と命じたという。

張成沢の亡霊

 この記事は、内外に衝撃を与えた。それは、先代の父・金正日総書記の「偉業」を否定するともとれない発言だったからだ。

 金剛山観光は、北朝鮮に対する包容政策(宥和政策)を行った金大中政権が発足した1998年に、海路による韓国人の訪問が始まり、2003年からは陸路による韓国人の訪問が始まった。北朝鮮出身の創業者・鄭周永会長率いる現代グループが開発を手掛け、開城工業団地と並んで、南北融和の象徴と言われた。

 だが2008年に、軍事区域に入り込んでしまった韓国人観光客を北朝鮮兵士が射殺した事件を受けて、北朝鮮に強硬だった李明博政権が韓国人の観光ツアーを停止。以後、11年経ったいまも再開していないが、親北路線の文在寅政権は、早期の事業再開を北朝鮮側に提案している。

 金正恩委員長は、そのような金剛山に乗り込んで行って、「韓国が作った施設をぶっ壊す」と宣言したのだ。この奇怪な行動の意味するところは何か?

 私は、金正恩委員長が、以下の3つの意味で追い詰められているのだと見ている。

 第一に、国内で高まる「張成沢待望論」である。中朝国境の丹東の北朝鮮ウォッチャーが語る。

「国連の経済制裁で北朝鮮経済が逼塞する中、金正恩委員長2013年末に処刑したナンバー2の叔父・張成沢元党行政部長に対する再評価が高まっている。張行政部長は、中国、ロシア、韓国との経済外交に手腕を発揮した。韓国との金剛山事業を取りまとめたのも張部長で、北朝鮮に多額の外貨をもたらした。金正恩委員長が自慢する核兵器ミサイル兵器も、張部長が稼いできた外貨があったからこそ、開発できたのではないかというわけだ。

 こうした中、張部長を火炎放射器で焼き殺した金正恩委員長としては、『張成沢の亡霊』を払拭する必要があった。だから金委員長の発言は、父親の偉業を否定したものではなくて、張成沢を改めて否定したと解釈すべきだ」

 ちなみに、10月7日は中朝国交正常化70周年だったが、中朝間では要人の往来さえなかった。10年前の60周年の際には、当時の温家宝首相が訪朝し、金正日総書記が記念のマスゲームを披露するなど、盛大に祝った。そして60周年記念事業として、中朝国境に新鴨緑江大橋をかけた。

 だが、今回の70周年は、中朝間で何もない。前出の北朝鮮ウォッチャーは、「すべては金正恩のせいだ。あの男は何を考えているか理解不能だ」と嘆く。

進まぬ「リゾート開発」に焦り

 第二は、「元山葛麻(ウォンサンカルマ)海岸観光地区」の停滞である。いわゆる「北朝鮮ハワイ」建設計画だ。

 金正恩委員長は昨年4月、それまでの「並進政策」(核建設と経済建設)を路線変更し、「核建設は完成したのでこれからは経済建設一本で行く」と定めた。その経済建設の目玉が、元山の葛麻半島を丸ごとリゾート地に開発するという計画で、多くの軍人をこの工事に差し向けた。

 だが、国連の経済制裁が効いて建築資材が入ってこないため、工事は遅々として進まない。昨秋には、現地を視察した金正恩委員長に対する軍の一部による暗殺未遂事件まで取り沙汰された。工事の完成目標は何度も延長され、いまは一応、来年の「太陽節」(4月15日金日成主席の誕生日)となっているが、さらに延長される可能性もある。

 そのため、手っ取り早く観光地建設で金正恩政権の成果を強調するには、すでに韓国が作ってくれた金剛山の方が都合がいいというわけだ。だから韓国が作った施設をボロクソにけなした上で、それに少しだけ手を加えて「わが国独自の方式で景勝地の観光地化を完成させた」と、来年の太陽節に誇りたいのだろう。

 10月16日に朝鮮中央通信が報じた「白馬にまたがって白頭山を登る金正恩委員長」の記事も、同じ文脈で、そこを独自に開発しようというのである。北朝鮮にとって白頭山は、金日成将軍の抗日パルチザンの聖山であり、金正日総書記生誕の地(実際にはハバロフスク近郊で誕生)だからだ。

餓死者と凍死者、大量発生の恐れ

 第三は、韓国の文在寅政権に対する瀬戸際外交である。文在寅政権が親北政権であることは周知の通りだが、同時に米ドナルド・トランプ政権との関係も重視しており、どうも煮え切らない。そこで文在寅政権に、「同胞を取るのか同盟を取るのか、そろそろ腹を決めろ」と迫っているのだ。

 文在寅大統領11月25日、26日に、自らの故郷・釜山で、韓国ASEAN東南アジア諸国連合サミットを開く。これは韓国とASEANの交流30周年を記念したもので、文在寅政権最大の外交イベントである。

 文大統領としては、そこに金正恩委員長も招待して、サミットに花を添えたい。北朝鮮側には、「韓国が北朝鮮ASEANとの橋渡しになる」と秋波を送っているが、北朝鮮側は「国連の経済制裁が解けていないのに、金委員長ASEAN首脳と交流して何になる」とにべもない。

 実際、北朝鮮の主張する通りだ。この2年間というもの、文在寅大統領は、自らがアメリカ北朝鮮の橋渡し役となって両国の関係改善を図り、国連の経済制裁を緩和させると説き続けてきたが、いまや北朝鮮側は「オオカミ少年」と思って取り合わない。

 ともあれ、長い冬を迎えた北朝鮮は、餓死者と凍死者を量産するリスクが高まっている。10月23日には国連のキンタナ特別報告者が、「北朝鮮は国民の半数近くにあたる1100万人が栄養不足に陥っていて、警告すべきレベルに達している」と述べた。

 八方塞がりの金正恩政権は、この冬、大きな試練を迎える――。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  今年だけで20発超、北朝鮮ミサイル「乱射」の理由

[関連記事]

圧巻の4時間、新鋭・胡波監督の傑作にして「遺作」

文在寅大統領、八方塞がりでもなお自画自賛の悪弊

白馬にまたがり白頭山登頂を果たす金正恩委員長(提供:Korean Central News Agency/ZUMA Press/アフロ)