山陽新聞社(本社:岡山県岡山市北区、代表取締役社長:松田 正己、以下「山陽新聞」)は、1879年に創刊して今年で140周年を迎えることを記念し、デニム国内生産日本一である岡山県の魅力を発信するために『LIFE IN DENIM OKAYAMAプロジェクトを発足いたしました。来たる2019年10月26日(土)デニムの日より、当プロジェクトスペシャルアンバサダーの”ブルゾンちえみ with B”が岡山県デニムを着回しコーデする『新米記者ちえみのLIFE IN DENIM』を公開いたします。

『新米記者ちえみのLIFE IN DENIM』はブルゾンちえみ with Bが山陽新聞社の記者に扮し、恋愛・仕事に一生懸命な日常のストーリーと共に岡山デニムオフィスカジュアルコーデをお楽しみいただける着回しダイヤリー風のファッションエンターテインメント企画です。山陽新聞社のWEBSNS・山陽新聞広告にて順次公開いたします。

■『新米記者ちえみのLIFE IN DENIM 』企画概要
名称:着回しDIARY『新米記者ちえみのLIFE IN DENIM
内容:ブルゾンちえみ with Bが、山陽新聞記者としての日常の様子を、岡山県デニムを活用した
   カジュアルコーデとともに着回しダイヤリー風に山陽新聞広告・SNSWEBサイトで順次ご紹介します。
公開日:2019年10月26日(土)から順次公開
URLhttps://c.sanyonews.jp/lifeindenimokayama/
ブルゾンちえみ with B
ブルゾンちえみとブリリアンの3人からなるユニット
■ブルゾンちえみ
2017年、キャリア・ウーマンネタの「35億」でブレイク。以後、バラエティ番組を中心に活躍中。日本テレビ行列のできる法律相談所」「ヒルナンデス」にレギュラー出演中。また近年の出演作として、舞台「フローズンビーチ」映画「蜜蜂と遠雷」に出演。岡山出身で、2018年より岡山県PR大使を務める。

■ブリリアン
TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」(コージ)
NHKドラマ10「これは経費で落ちません!」(ダイキ)。
ベティスミス
ブランドBettySmith、DENIM EORKS、BIG SMITHEcoBetty
直営店:Betty’s Store(児島)、恵比寿工房

国産ジーンズ草創期からジーンズの製造を続けるベティスミスは、50年間にわたるジーンズ製造の技術を活かし、経験豊かな職人たちによる丁寧な仕上げが特徴。児島でもっとも古いジーンズ縫製工場である岡山本社工場は、アメリカジーンズ製造に使用されているミシン<ユニオンスペシャル>などさまざまな設備を保有し、昔ながらの製法を継承している。
ビッグジョン
ブランド:BIG JOHN(Mensジーンズ)、WORLD WORKERS(Mensワークパンツ)、
     BRAPPERS(Ladysジーンズ)
直営店:BIG JOHN 児島本店、BIG JOHN TOKYO、BIG JOHN OSAKA

1940年に縫製工場からスタートし、1965年からジーンズの生産を始める。アメリカから届いた1枚のデニムの原反に魅せられ、その時の感動を自らの手でデニムを生み出すまでになったビッグジョンの職人魂は、永久に変わることのない原点である。この、常に最良のものを作ろうとする職人魂が、連綿と受け継がれるなか、集大成として確立されたリーガル理念“QUALITY COMES FIRST”「品質はすべてに優先する」は、現在の若いスタッフにも受け継がれている。
ジャパンブルー
ブランド桃太郎JEANS、CROWN LABEL BY MOMOTARO JEANS、JAPAN BLUE JEANS、SOULIVE、
     SETTO、Urvin
直営店:桃太郎JEANS 児島味野本店、桃太郎JEANS 岡山店、桃太郎JEANS 青山店、桃太郎JEANS 高円寺店、
    デニム研究所 倉敷店、JAPAN BLUE JEANS 児島店、JAPAN BLUE JEANS 渋谷店 等

藍染めやデニム製品の企画を行う会社として出発。日本古来の青(本藍)の飽くなき追求や、デニムという素材そのものを理解し、その素材の良さを最大限に引き出す為に超ローテクな伝統の技にこだわり、世界中で長く愛される「本物」を作り続けている。桃太郎ジーンズを主軸に事業を拡大し、2011年JAPAN BLUE JANSを立ち上げ。日本国内はもちろん、海外25カ国で販売を行っている。2019年月には、児島ジーンストリートで、デニムで内装を施したカフェサロンデニム」をオープンした。
●国産ジーンズ発祥の地!岡山県
 倉敷市児島では昭和40年1965年)に日本初の国内で縫製されたジーンズが誕生したことから「国産ジーンズ発祥の地」と言われています。また、井原市も古くから現在のデニムに類似した裏白小倉織物が作られ、デニム昭和30年代中頃から生産されていたことから「デニムの聖地」と呼ばれています。これらの地域には、素材から縫製、洗い加工、仕上げまでの業種が集積し、ジーンズ一貫生産のできる産地が形成されています。さらに児島地区では国産ジーンズの約40%以上が生産されています。1973年に倉敷紡績が初の国産デニム生地を開発、純国産ジーンズの流通が本格化してから、児島地区には現在も200社以上の関連業者が存在しており、世界でも稀なジーンズ産業集積地です。
参照:岡山産業労働部産業振興課(2019)『おかやまのせんい vol.4』
Japan Blue Jeans Topics(2019)「なぜ、児島がジーンズの街で有名なのか」

10月26日は「デニムの日」
(山陽新聞:2013年10月17日 7面掲載)
 デニムの日は岡山県デニムジーンズ企業で構成される岡山デニム協同組合岡山県倉敷市児島の児島ジーンストリート推進協議会によって制定された、デニムの記念日です。世界で親しまれている岡山デニムの素晴らしさを、より多くの人に知ってもらうことを目的に、「デ(ten=10)ニ(2)ム(6)」という語呂合わせから「10月26日」が選ばれました。

●世界でも高い評価を得る、品質の高い岡山デニム
(山陽新聞:2019年1月30日 23面掲載)

 欧州のファッションブランドのバイヤーを招いた商談会なども実施し世界に向けて積極的に国産デニムのPRを行っています。また、参加していたオーストリアスイスにもジーンズを販売しているドイツ企業のギド・ヴェッツェルズ共同経営者は「世界中のデニムを知っているが、日本製がベスト。今回は幅広い種類の製品が並び、興味深い」と話すなど、岡山デニムの品質は、世界でも高い評価を得ています。


また、岡山県は、平成23年度(2011年)から、世界的に評価が高いデニムジーンズ製品等の販路開拓を支援するため「岡山デニム世界進出支援事業」を実施。県内のデニムジーンズ製造事業者による海外展示会出展や、海外販路開拓に向けた人材育成を後押しています。

<参考>:「LIFE IN DENIM OKAYAMAプロジェクトとは
日本中、そして世界中にファンを持つ岡山デニム。 世界屈指のデニムづくりの技術は、岡山の誇りです。 でも、私たちは作ることと同じくらい、 着ることも楽しめているでしょうか? デニムは本来自由なもの。今までの常識にとらわれない、 いろんな着こなしや使い方がまだまだあるはずです。 山陽新聞創刊140周年の今年、 岡山デニムの可能性を探るプロジェクト、はじめます。

■過去のプロジェクト実施事例
第一弾:ビジネスデニム

仕事の生産性向上が求められる今だからこそ、服装にだって働き方改革を取り入れることが出来るはずです。
LIFE IN DENIM OKAYAMAプロジェクト第一弾は、「オフィスウェアにデニムを取り入れてみませんか」という 提案です。カジュアルな服装で仕事をすると、オフィスの緊張がほぐれ、一人ひとりの個性と能力を発揮しやすくなると言われています。毎日は難しくても、たまにはスーツじゃない日を作ってみようと、岡山から日本全国へ発信していきます。
新聞30段 ジーンズ型ポスター 2019年5月6日掲載
新聞30段 ジーンズ型ポスター 2019年5月6日掲載
 LIFE IN DENIM OKAYAMA ポスター2019年7月掲出
 LIFE IN DENIM OKAYAMA ポスター2019年7月掲出

配信元企業:株式会社 山陽新聞社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ