電車の席DONGSEON_KIM/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

朝、電車が混雑している時間帯であると身動きが取りにくい。目の前の席が空いたらスペースを開けるためにもできるだけ座りたいところである。

しかし、空いた席が優先席だった場合はどうだろうか。 『Yahoo!知恵袋 』には朝のラッシュ時の優先席に関するある質問が投稿された。

■座ろうとしたら…

優先座席に1人座っていてその隣が空いていたという投稿者。この空いている席に座ろうとした。誰も座らないのであれば、座っても問題がないように思える。

しかし、「ここは優先座席なので座らないでください」と言われたのだ。「身体に障害がある方が来たら譲る席であって健常者が座ってもいい」との投稿者は持論を述べている。

周囲の状況に応じて対応するべきで、明確に空けておくべき席というルールは聞いたことがない。この疑問に対してどのような回答が寄せられたのだろうか。

関連記事:島崎遥香、優先席に座る会社員に「なんで平気で座ってられるんだろう」

■どちらも正しいのかも

回答を見て見ると投稿者を味方する意見のほかに、「どちらの意見もわかります」や「これはどちらでもない」といったコメントがあった。今回の場合、投稿者に声をかけた人も「必要な人のために座りやすい状況を」と考えての行動だった可能性が高い。

投稿者にとってあまり気持ちの良いものではなかったのかもしれない。しかし、声をかけた人の気持ちも否定はできない。

■それぞれに共感の声

また、両者に理解を示す回答にはそれぞれ「障害者が必ずしも声を掛けてくるわけでもない」「障害者が自ら『席を譲ってほしい』と言えるかという現実問題」とコメントしている。

誰かが座っているときに、必要としている人が来たら声をかけてくると思い込みがちだが、そうしづらい人もいる。

そういう人のためにも、空けておいたままであるほうが良いのではないかとの見方もできる。いずれにしても明確なルールがない上にどちらも間違いとは言えない事案なだけにモヤモヤする話だった。

■優先席に座るのは気が引ける?

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女せ1,664名を対象に調査を実施したところ、全体の51.1%が「座席が空いていても優先席に座るのは気がひける」と回答している。

優先席座りづらい

この結果でもほぼ半々だ。乗客の状況判断が求められる高度な場面であるため、鉄道会社が明確なルールを作ってくれても良い気がする。しかし、利用したい人を見た目だけで判断するのも難しいため、そうした話もできなさそうだ。

・合わせて読みたい→電車で座席に座った女性 そばにいた老夫婦の言葉に絶句

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年12月14日2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1664名 (有効回答数)

「優先座席なので座らないで」 座ろうとした人が受けた注意はどちらが正しい?