喧嘩(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

嘘はできるだけ、つきたくないものだ。しかし大人になれば、どうしても嘘をつく場面も出てくるだろう。

■4人に1人が「嘘がバレてトラブル」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、「嘘について」の調査を実施。

嘘がバレてトラブルになったことがあるグラフ

「嘘がバレてトラブルになったことがある」と答えた人は、全体で26.0%だった。

関連記事:「友達の家に泊まる」もダメ? お泊まりデートの嘘は親にバレていたかも

■彼氏とのお泊まりで親に嘘

性年代別では、10代から20代の若い世代に多くなっている。

嘘がバレてトラブルになったことがある性年代別グラフ

若い世代では、親に嘘をつく人も多いようだ。

「初めて付き合った彼氏とお泊まりするときに、『友達の家に泊まる』と親に嘘をついた。しかし家に帰ってくるとあれこれ問い詰められ、結局はバレて怒られた。

やはり親だけあって、子供のちょっとした変化に気づいたんだろうなと今では思う」(20代・女性)

■パートナーの束縛のせいで嘘

パートナーの束縛が激しいと、嘘もつきたくなるだろう。

「妻は束縛するタイプなので、会社の飲み会に女性がいるとわかると許可が下りない。そのために飲み会は男性のみということにして、なんとかごまかしていた。

しかしうちの部下のTwitterアカウントまでチェックしだした妻に、女性社員もいることがバレて大騒動に。まさかこのようなバレ方をするとは、思ってもいなかった」(30代・男性)

■嘘をつかないのが一番

やましい気持ちを抱えているのを、相手は見透かしてしまうのだろう。

「嘘をついているとやましい気持ちがあるから、相手にぎこちない対応をしてしまい、それを見透かされてバレるのだと思う。嘘をつくにも、もっと堂々とすればバレないのかも」(20代・男性)

嘘をつかないことが、大切なのは間違いない。

「嘘をつかなければいけないようなことを、しないのが一番いいと思う。ただそれができないから、結局のところバレるような嘘をついてしまうんだろうけど」(30代・男性)

嘘をついたなら、がんばって隠し通すしかないのかも。

・合わせて読みたい→3歳息子が保育園で盛大なウソ その内容に父は耳を疑った…

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年8月9日2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)

彼氏とのお泊まりを隠して… 嘘がバレてトラブルになった体験談