ステファノ・センシ 写真提供: Gettyimages

 バルセロナインテルイタリア代表MFステファノ・センシの獲得を検討しているようだ。スペイン紙『スポルト』が伝えている。

 クロアチア代表MFルカ・モドリッチとチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの退団が噂されているバルセロナ。今後の移籍市場で彼らの後釜となるMFの獲得に動くとみられており、ナポリスペイン代表MFファビアンルイスなど複数選手への関心が噂されている。そんな中、同クラブは昨年11月イタリア代表デビューを果たしたセンシの獲得を検討しているようだ。

 センシは現在サッスオーロからレンタルインテルに加入。レンタルの期間2020年6月までとなっており、買取オプション2500万ユーロ(約30億円)とも。

 なお、バルセロナは来年夏の移籍市場でセンシの獲得を検討しているとのこと。今月初めにはインテルはセンシの買取を計画しているとも報じられたが、果たして同選手の去就はどうなるのだろうか。