電動キックボードをはじめとする、電動マイクロモビリティシェアリングサービス「LUUP(ループ)」を提供する株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡井大輝、以下Luup)は、次世代の短距離移動手段として注目されている電動キックボードの試乗を通じた安全性・快適さの検証を行うことを目的とした実証実験を、2019年10月6日に宜野湾市ぎのわん海浜公園多目的広場(沖縄県宜野湾市真志喜4丁目2番1号)にて行いました。なお、沖縄県内で初めて行う電動キックボードの実証となりました。

▲宜野湾市での実証実験の様子 ※こちらは市有地において走行をしています。また、電動キックボードは法令上、原動機付自転車に該当します。公道においては、ヘルメットの着用などの法規制を遵守する必要があります。
Luupは、中部広域市町村圏地域間連携・交流イベント助成事業である「Outdoor Festival」(アウトドアフェスティバル)にて、ぎのわん海浜公園指定管理者共同企業体「はごろもPMパートナーズ」のご協力のもと、ぎのわん海浜公園の多目的広場の一区画を所定の時間限定で利用し、市民の方々に電動キックボードを試乗いただきました。

Luupは、2019年4月18日に、自治体のまちづくり施策との連動によるシナジー効果の創出と継続的な協力関係構築を目的に、国内初となる自治体との連携協定を静岡県浜松市奈良県奈良市三重県四日市市東京都多摩市埼玉県横瀬町の全国5自治体と締結しました。この連携協定の下、2019年6月22日多摩市・多摩中央公園で、2019年7月1日からは浜松市・はままつフルーツパーク時之栖で、電動キックボードの実証実験を実施しています。今後も、様々な地域の皆さまに新しいモビリティを体験いただくための実証実験を実施していく見通しです。
ぎのわん海浜公園は158,000平方メートル の面積を有する運動公園で、市立体育館・アトムホームスタジアム宜野湾・屋外劇場・トロピカルビーチ・多目的広場・市立グラウンドなど、多数の施設を管理しています。電動キックボードは手軽に乗ることができ、快適で安全なため、公園従事者にとって最適な移動手段です。沖縄県初の実証実験を踏まえ、沖縄をリードする取り組みとして、今後のイベントシーン等での活用を検討していきます。

園外でも、交通インフラと併用して、短距離移動手段としてコンパクトで手軽に扱える電動キックボードシェアリングサービス事業に大変期待しています。法的な問題・安全面等クリアするハードルはありますが、今後も協力体制をとり公園周辺の宜野湾西海岸地域活性化の推進を図ります。
「LUUP」は手軽に操作でき、安全で快適な乗り物です。市民駐車場に車を止めて、普天満宮や神宮寺などの地域の文化財巡り、ぎのわんヒルズ通りでの買い物や食事を目的とした利用、FMぎのわんのスタジオ見学や西普天間見学にも気軽に利用できると思います。
  • 宜野湾市での実証実験の詳細
今回の実証実験では、次世代の短距離移動手段として注目されている電動キックボードについて、安全性や快適性などを確認するため、宜野湾市の所定のエリアを走行エリアとしたうえで、指導員の指導の下、希望者に電動キックボードを試乗していただきました。

・内容:「LUUP」の電動キックボードの試乗体験
・実施場所:宜野湾市ぎのわん海浜公園多目的広場(沖縄県宜野湾市真志喜4丁目2番1号)
・実施期間:2019年10月6日(日) 10:00~17:00
・対象:Outdoor Festivalの来場者
・乗車条件:身長120cm以上、12歳以上、平らな靴をはいている方、怪我をしていない方、飲酒をしていない方 など(自転車に乗れない方でも問題なく初回で乗れるような機体になっています)
・料金:無料


● 共同企業体はごろもPMパートナーズについて
一般社団法人宜野湾市はごろも緑花会、株式会社ピーエムエージェンシー、西武造園株式会社3社で2018年4月に設立した共同企業体です。宜野湾市内で嘉数高台公園、いこいの市民パークなど37都市公園を管理しています。

株式会社Luupについて
株式会社Luupは、二輪電動キックボード、高齢者向け四輪電動キックボード、シニアカー、そして電動バイクをはじめとする電動マイクロモビリティを包括的に扱うシェアリングサービス 「LUUP」の将来的な社会実装を目指しています。好きな場所から好きなタイミングで電動マイクロモビリティに乗ることができる社会を実現することで、日常生活や観光時における移動の利便性向上を目指しています。
・所在地:東京都渋谷区渋谷2-6-6 3F
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
URLhttps://luup.sc/

株式会社Luup代表取締役社長 岡井大輝 プロフィール
東京大学農学部を卒業。卒業後、戦略系コンサルティングファームに参画。その後、株式会社Luupを創業し、主婦や元介護士がスポットで家庭の介護活動をお手伝いする介護士版Uber事業を立ち上げるも、日本の現状の交通インフラがCtoCに不向きであることを背景として撤退。その後、今後の日本に必要な交通インフラとして、電動キックボードをはじめとする電動マイクロモビリティシェアリング事業を開始。2019年4月に浜松市奈良市四日市市多摩市・横瀬町の5自治体と連携協定を締結。5月には国内の主要電動キックボード事業者を中心にマイクロモビリティ推進協議会を立ち上げ、会長に就任。6月25日経済産業省主催のスタートアップ支援策「J-Startup2019」特待生に選定。8月から開催されている経済産業省主導の「多様なモビリティ普及推進会議」に参加、電動キックボード業界を代表してプレゼンテーションを実施。

配信元企業:株式会社Luup

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ