現在放送中の連続ドラマ『まだ結婚できない男』(関西テレビフジテレビ系)。2006年放送の『結婚できない男』の13年後を舞台とする続編で、今回も主人公・桑野信介を阿部寛が演じている。2006年度版と同様に今回もパグ犬が出演しているが、この犬の名演技に驚き、癒される視聴者が続出している。また同ドラマの脚本を手がけている尾崎将也さんが、SNSで脚本の一部を披露し、犬にもちゃんとセリフがあることを明かした。

10月スタートしたドラマでは、主人公の桑野信介(阿部寛)は年齢を重ねて53歳になったが、いまだに結婚する気はなく独身生活を謳歌している。名の知れた建築士でルックスも年収も身長も人並み以上だが、偏屈でシニカル、さらにプライドも高く周りから疎まれることも。

そんな彼がときおり訪れていたペットショップにパグがいた。なかなか買い手がつかず、どんどん値下がりしていくパグ。大きな目をうるうるさせながら桑野としばしじっと目を合わせたこともあったが、ある日とうとう売れてペットショップから姿を消す。しかしそのパグを飼うことになったのは、マンションで桑野の隣の部屋に住む元アイドルで駆け出しの女優・戸波早紀(深川麻衣)だった。

このパグ、ドラマでの役名は「タツオ」だが、本名は「田中太郎」。演技が抜群に上手いのだがドラマ初挑戦だという。これには視聴者ネット上で「ドラマ初挑戦だったんですか? プロかと思った!」「ドラマ初挑戦とは思えないですね」「ドラマ初挑戦だとは思えないくらい演技で力が高くてびっくりしてます!!」と一様に驚いている。

ドラマの脚本を手がけている尾崎将也さんは、ツイッターで「皆さん、タツオを気に入ってくれたみたいですね。『まだ結婚できない男』の台本にはタツオのセリフがちゃんと書かれています(「……」ですが)。彼も登場人物の一人です。」と台本の一部を画像で紹介。タツオの飼い主になった早紀が、過去に金魚の世話をしていたものの、ある朝全部死んでいたことを告白するシーンで、これに桑野「……」、タツオ「……」としっかりタツオの無言のセリフが記載されている。このときタツオは「この飼い主で大丈夫かな?」というように絶妙に不安げな表情を見せていた。

また2006年放送の前作に出演していたパグ犬「ケン」と思いを重ねる視聴者も少なくない。「ケンちゃんにそっくり!」「ケンちゃんの生まれかわり? タツオは桑野さんといると嬉しそうですね」「タツオくん、ケンちゃんに負けず劣らずの賢犬です」などのツイートが見受けられる。なかでも劇中で桑野がタツオに「ケン!」と呼びかけるシーンには、「タツオも可愛いけど『ケン!』って呼びかけたのが胸熱でした」「『ケン』に感動しました」「爆笑しつつ泣きました」と反響があったが、これに脚本の尾崎さんはツイッターで「実はあそこで『ケン』と呼んでしまうのは、阿部さんの案でした。」と明かしている。

「タツオかわいい 毎回癒されてます」「タツオくん 演技がお上手ですね」「タツオの姿を見るだけでも毎週楽しみです」「タツオと桑野さんのシーン、大好き」「影の主役ですね!」「断トツで秋ドラマNo.ワンのワンちゃん俳優さんだと思います」とタツオの評判は上々だ。今後も視聴者はタツオの名演技に釘付けになりそうだ。

画像は『『まだ結婚できない男』公式 2019年10月21日Twitter「みつめあ~うと~」』『尾崎将也 2019年10月23日Twitter「皆さん、タツオを気に入ってくれたみたいですね。」』『yoshidayoh_official 2019年10月22日Twitter「皆さまおはようございます!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト