ベースPDFファイルで資料を渡されるときに、ExcelWordで処理したい…と思うことがあるかと思います。そんなときに便利なWebサービスをご紹介したいと思います。

PDF.to』は、PDFファイルWebページ上で一発変換してくれるサービスです。ベースの資料は写真やスキャナからPDF化して利用できます。

クリックしてファイルアップロード、選択したファイル形式に自動で変換、ダウンロード…と操作手順がシンプルなのがツボな、この便利サービスについて見ていきましょう。

PDF変換先の形式が豊富

Screenshot: 山田洋路 via PDF.to

PDFファイルテキスト形式にしておけば、PDFファイルをそのまま編集するよりも自由度が高く、使いまわしも効きますよね。『PDF.to』では、ファイルアップロードするだけでテキスト形式CSV形式画像形式などに変換できます(その逆も可能です)。

Screenshot: 山田洋路 via PDF.to

WordPowerPointといった形式にも変換できますが、いずれにしても文字の大きさやフォントレイアウトといった情報は失ってしまうようです。日本語の認識とファイル変換については、おおよそ問題なく行ってくれます。

PDFをExcelに変換すれば関数で処理できる

Screenshot: 山田洋路 via PDF.to

Excelに落とし込む際は、セルを分けたりといった編集は必要になります。そのあたりのちょっとした手間さえいとわなければ、フィルタや関数なんかのExcelの機能が活用できるようになって、生産性が向上しそうですよね。

昨今、カメラで撮るだけでAIがテキストに落としこんでくれたりもしますが、大量の文章などはファイルから変換するほうがだんぜんラクです。

また、モバイルアプリでは、AIが画像のデータExcelに変換してくれる機能が搭載されつつありますが、日本語環境ではまだなので、『PDF.to』が重宝されるのではないでしょうか。

ちなみに、クラウドアップロードしたファイルは2時間後には削除されるようです。PDF変換の際にうまく活用して、仕事効率を上げるためのツールに加えてみてはいかがでしょう。

あわせて読みたい

2分割レイアウトで、学習効率を高めてくれるウェブノート【今日のライフハックツール】

英語や日本語のページを5行に。長い文章を要約してくれるサービス3選【今日のライフハックツール】

「コインロッカー難民」にならないための荷物預かり店舗検索&予約アプリが便利【今日のライフハックツール】

Source: PDF.to