開院25年目となる“主にアンチエイジング美容皮膚科事業を展開する”医療法人社団シーズ・メディカルグループ シロノクリニック(理事長:城野 親徳、所在地:東京都渋谷区)は、再生医療・再生美容の研究が進められる昨今、注目を浴びる「ヒト幹細胞」と、独自原料で肌細胞活性化に役立つ「5GFシグナルカプセル」を、クリニックならではの高配合で美容液にした「5GFヴァージンエッセンススペシャル」の処方を8月より開始し、インバウンドを中心に好評を得ています。

■「再生医療・再生美容」の近年の需要

昨今、社会問題である超高齢社会に必要不可欠となる再生医療が注目され、さまざまな企業が急ピッチで研究を進めています。2020年に950億円と言われる再生医療の国内市場は、30年後の2050年には2.5兆円まで到達すると見込まれ、世界的には2020年に1兆円、2050年には38兆円という莫大な市場となることが想定されています(※)。

その勢いは医療に留まらず再生美容にも注目が集まり、「ヒト幹細胞コスメ」はアメリカではここ数年で1兆円規模、韓国でも1,000億円規模にまで急成長をとげています。日本でも500億円規模にまで成長していると言われています。今後も再生医療・再生美容の市場は大幅に拡大していくと考えられています。

※「再生医療の実用化・産業化に関する研究会」最終報告より(経済産業省) https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002v591-att/2r9852000002v5dn.pdf

■再生医療から生まれた先進美容「ヒト幹細胞順化培養液」

昔のスキンケアはヘチマなど植物由来の天然成分でしたが、韓国の美容ブームによりカタツムリミドリムシ、毒蛇など虫由来・爬虫類由来へと進化し、ついにここ数年で最終段階の「ヒト由来」まで辿り着きました。

使用するのはヒト幹細胞そのものではなく、ヒトの脂肪細胞をとって培養することで得られる「幹細胞順化培養液」です。その培養液には、組織を構成するコラーゲンやヒアルロン酸やサイトカインなど多種多様なタンパク質等をはじめ、幹細胞が分泌する成分が大量に含まれ、さらにはコラーゲン分解抑制酵素の産生を促す効果もあり、幹細胞と同等の細胞を活性化する効果があることが発見されています。従来の化粧品にはなかった新たな成分も多いことから、「ヒト幹細胞」の有効性は常識を覆す画期的なものであると考えられています。一方で、ドナーとなる人が感染性の病気を持っていたり細胞に異常があると、その培養液にも影響を及ぼすため、多くの試験と莫大なコストを必要とするデリケートな成分です。

<ヒト脂肪細胞順化培養液エキスの主な効果>

○幹細胞の増殖・維持

○繊維芽細胞増殖

○繊維芽細胞の成長因子の発現促進

○繊維芽細胞のコラーゲン発現促進

■再生美容医療から着想を得た先端培養研究

近年、クリニックやエステサロンでもヒト由来の幹細胞を用いた先端研究が進み、幹細胞培養液を使用する施術に注目が集まっています。特にシワやたるみの治療では、自身の脂肪から幹細胞を抽出して培養した幹細胞や培養液を、気になるエイジングサインが現れている部分に注入する治療が多く行われています。

■シロノクリニックの再生美容医療施術

シロノクリニックでは、再生医療を応用した肌活性を促すたるみ治療の施術があります。幹細胞の先端研究から、高濃度のヒト幹細胞培養液と5つの成長因子を組み合わせることで、さらなる相乗効果が生み出されることを発見。それをダーマペンという複数の極細針を装着したペン型の器具を用いて、皮膚に微細な穴を開けながら導入することで、肌を活性化させ、皮膚再生力を高めていく治療です。

皮膚の修復能力が働き、その創傷治癒力によって皮膚が活性化され、肌細胞自体を増殖し、根本からの肌質を改善・回復させる再生療法が可能になります。よって、シワ・たるみ等の悩みを改善へと導きます。

極細の針を使用するため皮膚へのダメージが少なく、痛みもほとんどありません。治療回数を重ねるごとに、高い効果を実感できる施術です。

さらにダーマペンを用いた施術やフラクセルの治療後ケアとして、この2成分を軸とした美容液も処方しています。

■注目すべき「リガンド」という物質

幹細胞から放出される500~700種類の物質中には、グロースファクターなどのサイトカインやコラーゲン、ヒアルロン酸が豊富に含まれています。これらが細胞の表面などに存在する受容体「レセプター」に結合する物質「リガンド」です。レセプターと結合することで、本来持つ細胞の機能を発動させます。ヒト幹細胞培養液の効果が高い理由は、ヒト由来であるからこそ、細胞の「鍵穴」にピッタリ合う「鍵」=「リガンド」を持っていることです。そのため、この究極の成分は、いわゆるシミ・シワ解消といった特定の効果だけのアプローチではなく、細胞を活性化し、肌が持つ本来の修復力・再生力を呼び覚まし、細胞自体を若返らせる効果があるのです。

リガンド

ガンド

■「5GFヴァージンエッセンススペシャルについて」

<主成分>

ヒトステムC培養液

プラスした5つの成長因子>

EGF(皮細胞成長因子)

○aFGF(酸性繊維芽細胞成長因子)

○VEGF(血管内皮細胞成長因子)

○TGF-β(トランスファーミング成長因子)

IGF-2(インスリン様成長因子)

<効果効能>

○しわ改善、しわ防止効果

○創傷治癒効果

ホワイトニング効果

○発毛、増毛効果

○抗酸化作用

<料金>以下、税抜き表記

30ml 27,000円

■ヒト幹細胞培養液を使用した肌活性治療「リガンドセラピー」

複数の極細針を装着したペン型の器具を用いて、皮膚に微細な穴を開けながら、5つの成長因子+高濃度幹細胞培養液を導入することで、肌を活性化させ、皮膚再生力を高めていく治療です。皮膚の修復機能が働き、その創傷治癒力によって皮膚が活性化され、コラーゲンを生成します。肌質改善(ハリ・キメ)、小じわ等のお悩みを改善へと導きます。

リガンドセラピー治療

ガンドセラピー治療

<治療費>以下、税抜き表記

顔全体 1回 30,000円

■医療法人社団シーズ・メディカルグループ シロノクリニック

ホームページ https://www.shirono.net/

リガンドセラピー治療