大好きな彼氏とのお付き合いも順調となるとそろそろ結婚をイメージしますよね。「どんな結婚式を挙げたい?」「子どもは何人ほしい?」と楽しい会話をしようと思ったら、急に彼氏に「俺って結婚願望がないんだよね」と言われたら……目の前が真っ暗になってしまうでしょう。
お付き合いしてからでないと彼氏に結婚願望があるかないか判断するのは難しいところです。
そこで結婚したくない彼氏を説得しその気にさせる対処法をご紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。


彼氏が結婚したくない理由って?



まだまだ遊んでいたい
男性は女性より自分の時間を大切にするので、結婚して自由がなくなることをマイナスに考えているのでしょう。
特に趣味に時間をかけるため「ひとりで釣りに行く」「静かな場所でじっくり読書がしたい」という願望を抑えてまで結婚したいと思っていません。
ほかにも、仕事帰りに飲みに行ったり、友だちと夜遅くまで遊んだりできるのも独身の特権とされていますよね。
彼氏が結婚したくないと思うのは、ふたりの生活を優先せざるを得ないため「遊べなくなる」という窮屈さをイメージしたものかもしれません。

経済的に自信がない
よく「好きなだけじゃ結婚はできない」と言いますが、やはり将来を考えるとお金を重視しなければなりません。
たとえば、結婚式を挙げたり、新婚旅行に出かけたりとなるとその費用はかなり高額となり、さらにふたりの生活を考えると安定した経済力が必要となります。
男性は一家の大黒柱として仕事で稼がなければならないので、本人に自信がないと成り立たないでしょう。
「俺がしっかりしないと」と強い決意がそもそも彼氏にないとやっていけません。お付き合いだけなら負担もないので結婚したくないと思う原因になっています。

焦りがない
女性は子どものことを考えると早く結婚したいと焦るものですが、それに比べて男性は30代を過ぎてもまだまだ余裕で結婚できる年齢です。また、女性は友だちの結婚ラッシュがあったりすると「私もウエディングドレスを着て幸せになりたい」と結婚願望に火がつきますが、男性は比較的まわりに流されません。
男性は結婚すると守るものができたり、責任を負う立場でもあるので焦るというよりも時間をかけて結婚と向き合っていきます。
そのため女性のように夢見がちなところがなく、現実的なので「絶対に大丈夫」と感じなければ心が動くこともないでしょう。

遊びの恋愛をしたい
女性は恋愛をするとその延長に「結婚」をイメージしますが、その一方で「男性は浮気する生き物」と言われたりしますよね。
よく体だけの関係の「セフレ」、本命ではない「セカンド」という言葉を聞きますが、どの存在も女性は昇進したいと思っていますが、男性は完全に遊んでいる形となります。
結婚しても不倫という遊びもありますが、それに走るぐらいなら結婚しない方がいいだろうと考えています。
あなたを大切に思うところまでいっていないとまだまだ遊びたい気持ちがわいてしまうでしょう。

子どもは欲しくない
赤ちゃん誰が見てもかわいいですが、意外と子どもが苦手という人はいます。「イクメン」と言って育児に積極的に参加する男性が当たり前かのように思われていますが、根本的に子どもがほしくないと彼氏が結婚したくない理由として挙げることがあります。
女性なら愛する男性の子どもを産みたいと思うのは自然なことですが、それを「ノー」と言うことで結婚を遠ざけたい気持ちが見え隠れします。
子どもの面倒を見るよりも自分の好きなことを思いっきりする方が断然いいと思っており、自分が子どものように振舞いたいと考えています。

結婚生活にいいイメージがない
男性も友だちや仕事の仲間に結婚している人がいると、その人からいろいろと聞かされています。
いいことは「毎日いってらっしゃいのキスをする」「温かい料理が食べられる」などがありますが、それを言うとのろけになるのであえて男性は語ったりしません。
愚痴などの方が言いやすいこともあってどうしてもマイナスな情報ばかり耳に入ってしまいます。
「何時に帰ってくるかしつこく聞かれる」「ふたりでいるからひとりの時間が全然ない」など結婚特有のルールに縛られていると知り「そんなの嫌だな」という気持ちを抱くでしょう。

結婚願望がない
先ほども少し触れましたが、いざお付き合いをしてみると彼氏に「結婚願望がない」とわかることが多いです。
女性としては「交際しているのなら結婚するもの」と思い描いていますが、そもそもその気がないとなると、結婚したくない彼氏を説得する必要が出てきますよね。
こういった場合は彼氏に無理強いをすると「結婚したくないから別れたい」と言われかねないので、気持ちを理解しつつ進めることをおすすめします。女性にはあまりイメージできない考えなので、しっかり彼の話に耳をかたむけましょう。


彼氏の結婚したくないサインって?



将来の話を避ける
たとえば、レストランで食事をしているときに「こういう料理好き?なんでも作れるようにしておくね」と将来を思わせる話題になると「そんなことどうでもいいよ」と言われたり、返事をしてもらえなかったりするようなら彼氏に結婚願望がない可能性があります。
あなたとの将来を真剣に考えているのなら「家庭的な料理が好きだから作れるようにしておいて」と共感する答えが返ってくるはずだからです。
気のない返事をすることで「いまはいいけれど先は望まないで」と言っているようなものだと覚えておきましょう。

子ども嫌いアピールをする
結婚するとふたりの間に子どもが生まれることをイメージしますよね。しかし、電車の中やお店で鳴き声をあげている子どもを見たときに「うるさいな!だから子どもは嫌なんだよ」とあからさまに言ってくるようなら要注意です。
あなたという彼女に対してこういった意見を言うとなると「俺は子どもが嫌いだから結婚しないよ」とアピールしていると言えます。
これはストレートに「結婚願望がないと言われた」と受け取ってもいい表現で「泣いちゃって大丈夫かな?」の一言さえない冷たい気持ちを持っているサインとなります。

お金を貯めない
よく結婚の決め手となるのが「金銭感覚が合うかどうか」と言われていますが、彼氏が自分のためだけにお金を使ってまったく貯金していないとなるとそれは問題となります。
結婚は費用がかかるものだし、将来を考えると子どもの教育費やマイホームなどお金はいくらあっても足りないからです。
彼氏もそういったことをわかっていてお金をあえて貯めないでいるので「ずっと独身でお金は自由に使う主義」だとつよく思っている証拠でしょう。
「今月お金がピンチ」など情けないことを言ったりして結婚をあきらめさせようとしてきます。

結婚に対して悪い意見を言う
「結婚は幸せのゴール」と女性は思いがちですが、男性もそう考えているとはかぎりません。
彼氏に結婚願望がないと「結婚したらお互いに窮屈になるだけだよ」「付き合っているのがベストで結婚したらダメになりそう……」と悪い意見ばかり主張するようになります。
結婚に前向きなあなたの気持ちをへし折ろうといろいろと吹き込んでくるので「そうだね」と言ってしまうと彼氏の思うつぼです。
彼氏はいまのままダラダラしたお付き合いを望んでいるため、結婚に対して意見が合わないと思うことが多くなるでしょう。

転職したいと言う
結婚相手への条件として「仕事が安定していること」を挙げる女性が多くいるように、いまの仕事を頑張ることでスキルアップを狙うことが結婚への近道に感じますよね。
「そろそろ結婚かな?」と思っていたら、いきなり「いまの仕事が合わないから転職したい」と言い出すようなら自分のことしか考えていません。
「絵を描くことが好きだから芸術家になる」などあきらかに稼げないことにチャレンジしたがるのも結婚を意識していない表れだと言えます。「嫌になったらまた転職すればいい」といい加減な気持ちを見せてくるでしょう。

親に会わせてくれない
お付き合いも長くなると期待するのが「親に紹介するよ」という彼氏からの言葉となります。
なぜなら「俺はこの子と将来結婚するよ」と親に言っているようなものだからです。しかし、いつまでたってもそういったことがなく「そろそろご両親に会わせて?」と言っても「忙しいから」などとはぐらかされてしまう場合があります。
大人の男性なら真剣に交際している女性がいたら、タイミングをみて親に会わせることは普通にすることなので、これが叶わないようなら結婚までの道は遠いと思った方がいいでしょう。


彼氏から結婚したくないと言われたときの対処法



感情的にならない
彼氏に「結婚したくない」と言われたときに「付き合っているのになんで?信じられない!」と感情的になって大きな声を出してしまいそうになりますよね。それだけ大好きな彼氏との結婚を強く願ってのことですが、一方的に怒っても解決にはなりません。
冷たい彼氏の考えを冷静に受け止めるため、一度深呼吸してみましょう。「私のこと嫌いなの?」「もしかして遊ばれた?」とマイナスなことばかりかけめぐりますが、言葉を慎重に選んで対応してみてください。
あなたが感情の波にのまれてしまうと前へ進めなくなってしまいます。

とりあえず相手の意見を聞いてみる
まず、彼氏が結婚したくないと思う意見を納得いくまで聞いてみましょう。あなたは「好きなら結婚する」と考えているかもしれませんが、彼氏は「恋愛と結婚は別」「好きだけどタイミング的にいまじゃない」などいろいろな意見を持っているかもしれません。
ポイントとしては、あなたの気持ちを言うのではなく「結婚したくないってどんな理由があるの?」と質問を投げかけることです。
「結婚したくないってどういうつもり?」とケンカ越しではなく、彼氏の気持ちに寄り添うことを忘れずにしましょう。

結婚願望があることを打ち明ける
よく「似た者同士がお付き合いする」と言うように、彼氏は自分と同じようにあなたも結婚したくないと考えていると勘違いしているかもしれません。
彼氏が「結婚したくない」と言っていると逆のことは言いづらいと思いますが、ここははっきり自分の気持ちを伝えた方がいいでしょう。
「結婚願望がないみたいだけど私は結婚したいよ」と結婚に対する考え方の違いがわかりやすく理解できるような言い回しがベストです。
これで彼氏が「え?結婚したいの?」とあなたの気持ちを知ることが大切となります。

結婚しないなら別れると伝える
「まだ先のことだから」と彼氏が結婚を真剣に考えていないようなら、決定打となる言葉を使ってみましょう。「この先、結婚しないつもりなら別れたい」と結婚しない彼氏をつきはなすような気持ちを伝えてみてください。
このとき、別れるつもりがあることをつよい口調で表現するといいでしょう。彼氏はこのままお付き合いを続けたいと思っているので、さすがに「ちょっと待って」と引きとめてくるはずです。
「結婚はしたくないけれど別れたくない」という気持ちを揺さぶって考えをあらためるようにもっていきましょう。

真剣な姿を見せる
結婚といえば家庭的なイメージが大事となるので、彼氏の部屋でおうちデートをするときが真剣な姿を見せるチャンスとなります。
たとえば、部屋が汚れていたら「ちょっと掃除するね」と言って散らかっているものを整理整頓し、掃除機をかけたりしてみてください。
結婚し妻になるとやることになるものをデートのときにさりげなくやってのけることがポイントです。「あれ?この子っていいお嫁さんになるかも」と思わせることができたら、彼氏の結婚に対するマイナスイメージを変えることができるでしょう。

原因を聞き出して対策を練る
まず彼氏に「なんで結婚したくないと思うの?」と軽く質問する形で切り出してみてください。
このときに結婚したくない彼氏を説得するような言い回しをすると、自分の意見を曲げられるような気持ちになるので気をつけましょう。
たとえば「ひとりの時間がなくなる」「経済的に不安だから」など意見が聞けたら、あなたが動くことでなにか変えられないかなと考えていきます。「ひとりの時間を作るルールを決める」「ふたりで働く」など対策を練って彼氏の考えを結婚へ向かせてみましょう。

しばらくは付き合ってみる
彼氏に結婚願望がないとわかっても、時間がたてば気持ちが変わるかもしれないのでしばらく付き合ってみるのもひとつの手です。
あなたという彼女とすごすなかで「ずっと一緒にいたいな」と思ったら「結婚してみようかな……」と少しずつ感じはじめるかもしれません。
子どもを見かけたら「かわいいね」と言ったり、誕生日などのイベントのときには「来年も一緒にお祝いしたいね」とちょっと結婚をにおわせる発言をしておきます。こうしてしばらく彼氏の様子見をしてから、また結婚の話をしてみましょう。

どうしても無理な場合はキッパリと決断する
結婚したくないと言う彼氏を説得しようといろいろためしたけれど、まったく心が動かないようならキッパリと決断することも大切です。
もちろん彼氏のことが大好きだと思いますが、ずっと待ち続けるとなると一生恋人のままという結果が待っているかもしれません。
そうなると結婚も、子どももすべてあきらめる形になってしまうので、自分の幸せな人生を考えて別れることも必要となります。
好きという気持ちがあってもときには「もう別れる」と決断すべき場合があると覚えておきましょう。


彼氏に結婚欲を持たせるには?



明るい未来の話をする
彼氏は結婚にいいイメージがないので、具体的に明るい未来が待っていると伝えてみましょう。
たとえば「ふたりで毎日楽しい時間がすごせるよ」「どんなことがあっても支え合える」など結婚したらこんなに幸せなことが待っているよとアピールしてみてください。
ここで彼氏に「結婚したらいつもそばにいるんだ」「落ち込んだときはつらさをふたりで分け合える」などメリットに感じることがあれば「もしかして結婚っていいものかも」と思いはじめるはずです。
まずはいい情報から耳に入れるように会話を持っていきましょう。

家庭的なスキルを身に付ける
結婚したくないと彼氏が思っているなかには「家事を手伝わなきゃいけない」というマイナスな気持ちがあるかもしれません。
そこで「家事は私が全部やるよ」と言うよりも、料理教室へ通ったり、ハンドメイドで収納を作ったりと実際にスキルを身に付ける姿を見せてみましょう。
言葉で言われるよりも説得力があり「手のこんだおいしい料理が毎日食べられる」「収納上手だから部屋がきれいになりそう」と思わせることができるのでベストとなります。家庭的な女性という印象がつよくなれば結婚に前向きになってくれるはずです。

仕事を頑張ってお金を貯める
将来結婚し子どもを生んで……と考えるといまのうちからお金を貯めておいた方がいいでしょう。
すでに仕事では一人前になっていても、独身ならお金を自由に使えることもあってなかなか貯金できない傾向にあります。
そこで、結婚資金を仕事を頑張ることでコツコツ貯めていきます。このとき彼氏に「結婚はお金がかかるから頑張って貯めることにした」と宣言すると「結婚に本気なんだ」と思わせることが可能です。
「今日は残業する」「会議でアイディアを発表するよ」と仕事での頑張りを伝えておくのもいいですね。

彼の悩みを聞いてあげる
悩みのない人なんていないので、彼氏に「最近調子はどう?疲れているみたいだね」と気遣いをしながら聞いてみてください。すると「上司と合わない」など仕事関係の悩みを打ち明けてくるでしょう。
そこで「私もそういう経験があるよ、上司にはやわらかい言い回しで話しかけてみたら?」と具体的なアドバイスをして彼氏に安心感を与えるようにします。
こういう言葉をかけてもらった彼氏は「この子になら悩みをなんでも相談できる、大きな支えになるな」とそばにいてほしい存在であることを再確認するでしょう。

子どもはまだいらないと伝える
女性は年齢のこともあって「早く子どもがほしい」と思いがちですが、結婚したくない彼氏は「ふたりの時間を楽しんだあとでいい」などと考えているかも知れません。
そこで「結婚したいけど子どもはまだいらないかな」とつぶやくようにそっと伝えてみましょう。すると彼氏も「結婚してもゆっくりできる」と思って「それなら結婚話をちょっと進めてもいいかな」と言ってくれる可能性があります。
子どものことは大切なことなので、ふたりの意見が合っていることがポイントとなります。

いままで以上に魅力的な女性を目指す
普段からおしゃれを楽しんでいると思いますが、あらためて鏡のなかの自分をチェックしてみてください。
髪の毛のツヤがない」「お肌が荒れている」などもっと努力できる部分が見つかるので、あとは行動を起こすことでいま以上に魅力的な女性に変身できます。
彼氏が「よく笑う子が好き」と言っていたのなら、笑顔の練習をするだけで「あれ?かわいくなった?」と魅力的になったことに気づいてもらえるでしょう。
変身したあなたを前に「こんなに好みなら結婚したい」という気持ちがわいてくるかもしれません。

結婚する恋愛ストーリーを一緒に見る
よく、おうちデートテレビDVDを一緒に見る機会がありますよね。せっかく一緒に観るならどうやってヒロインが幸せな結婚を手に入れるかを描いたものがオススメです。
「結婚っていいものかもしれない」と思わせる展開にもっていけるように作品選びは慎重になりましょう。


彼氏が結婚したくないならとりあえず話を聞いてみよう!


いきなり「結婚したくない」と彼氏から言われるととてもびっくりしますよね。それだけ彼氏のことが大好きで結婚をイメージしていたからこそ、そのショックも大きいものとなります。「え!どうして?」と彼氏の気持ちが理解できずマイナスに考えてしまいがちですが、ちょっと冷静になって彼氏の話に耳をかたむけてみてください。
結婚したくない理由にはさまざまなことがあると思うので、ご紹介した対処法をぜひためしてみましょう。結婚に消極的な彼氏をじょうずに説得して幸せな結婚を手に入れてください。(菜花明芽/ライター
(ハウコレ編集部)

ショック?E?E?E?E?E?E彼氏から結婚したくないと言われた!そんなときの対処法って?