NECネクサソリューションズ(団博己社長)と凸版印刷(麿秀晴社長)は、スマートフォンタブレットなどで撮影した画像を認識し、事前に登録してある画像データの中から一致する画像を分析判定するサービスToruSil(トルシル)」を共同で開発した。10月31日から小売店や観光地、博物館などに提供する。

オリジナルで読む



 ToruSilは、撮影した画像の認識、分析、判定を簡単に短時間で実行できるサービス。従来、説明員や店員が行っていた展示情報、商品情報の説明やレジ対応などを、利用者がスマートフォンで撮影するだけで簡単に提供できる。また、画像に付随する情報提供が可能なため、商品の詳細情報だけではなく、関連商品の紹介、カタログや資料などのダウンロード、決済システムとの連携によるECサービスを実現できる。多言語でも情報の表示ができるため、訪日外国人観光客への対応も可能。ToruSilを導入することで、説明員や店員の業務負荷を低減できる。

 また、凸版印刷の「IoA仮想テレポーテーション」を活用した「IoAネック」と組み合わせることで、時間の制約や、身体的な制約で遠方まで行けない人でも、参考資料を参照しながらの施設見学や商品を見比べながらのショッピングなどができる。

 小売店舗での商品紹介だけではなく、観光スポットの紹介、次世代博物館ショールーム体験などにも活用できるという。基本料金は、月額20万円からで、システム設定・構築費、API 利用料、登録画像管理料などが含まれる。

スマホを使った画像分析判定サービス