顔に使う美容液って髪にも効果はあるの?
顔に使う美容液って髪にも効果はあるの?

お肌には化粧水と乳液、髪にはシャンプーとコンディショナーがお手入れの基本ですが、それに加えて美容液の効果が注目されています。

その美容液、顔と髪同じものを使うのならお手軽でいいのですが、それでも効果は得られるのでしょうか?

顔用の美容液と髪用の美容液の違い

顔に使う美容液とは美白や保湿、アンチエイジングなどの働きのある栄養や成分を濃密に含むスキンケア製品のことです。

それに対して、髪用の美容液とは紫外線ドライヤーの熱、乾燥によるダメージを補修するためのヘアケア商品のことで、髪に栄養を与え、ツヤツヤにしてくれたり、拡がりを防いでくれます。

最近注目されている「洗い流さないトリートメント」も髪用の美容液のひとつです。

顔につける美容液と比較して、髪の美容液には油分が多く含まれているので、乾燥から守り枝毛、切れ毛、カラーの色落ちを防いでくれます

また顔につける美容液の保湿成分では髪がベタベタしたり、反対にノリを付けたようにバリバリになることもあります。

顔に使う美容液って髪にも効果はあるの?

顔に塗る美容液は、水分を補うものが多々あります。

しかし濡らすなど水分を与えることが、逆に髪の乾燥につながる危険があります。

しかし、顔の美容液の中には、ナチュラルで上質のオイル美容液がたくさんあります。

この中には、髪に使用しても効果的なオイルがあります。

例えば、ホホバオイル

浸透力もありますし、塗ってもサラサラ感があります。乾燥を防いでくれて、その上無臭なので髪にも使えます。

赤ちゃん用でポピュラーベビーオイルもサラサラしていますが、ウエット感も持続するのでヘアスタイリング用には向いているでしょう。

椿油やココナッツオイルなども顔用と髪用両方に使えて重宝です。

美容液の効果的な使用方法

髪の美容液にもいろいろなタイプがあります。

ミストタイプクリームタイプミルクタイプオイルタイプなどスタイリングの趣向や髪質に合わせて選ぶと効果的です。

また、ボリュームを抑えたい髪質、くせ毛、ダメージヘア等、髪質に合わせて美容液を選択することによって、髪の状態をさらによくしてくれます。

全身に使用できるような美容液は髪の潤いを補いつつ静電気を取り除いたり、頭皮や毛穴をクレンジングする働きもあるのでおススメですよ!

ミントがもたらすヘアケア効果とは?