ジェームズ・キャメロン(『アバター』『タイタニック』)監督・脚本で製作され、大ヒットシリーズとなった1984年の『ターミネーター』から35年。シリーズの伝説的キャストであるアーノルド・シュワルツェネッガーリンダハミルトンの最強タッグが復活し、生みの親であるキャメロンが製作に復帰したシリーズ最新作『ターミネーターニューフェイト』が、11月8日(金)より全国公開となる。キャストが来日中であることも話題の本作では、ニューヒロイングレースの生い立ちが物語のカギだという。

一度は回避したと思われた人類滅亡の日。だが、その危機はまだ終わってはいなかった...。人類の命運を握る女性ダニーを守る謎の戦士グレースと、ダニーの命を狙う最新型ターミネーターREV-9との壮絶な攻防。そして彼らの前に現れる、サラ・コナーT-800。人類と地球の未来をかけた壮絶な戦いの火蓋が、再び切って落とされる。

グレースはただの人間でなくターミネーターでもない、身体能力を強化されたスーパーソルジャー。同役を演じたマッケンジー・デイヴィスは「グレースの任務はダニーを守ること。それが彼女の絶対的な核になっているの。彼女はなぜスーパーソルジャーとなったのか? 何を経験してきたのか? その理由が説明されるくだりは、物語の重要な部分なの」と語っており、グレースダニーを一途に守ろうとする自己犠牲精神の持ち主であり、物語に欠かせない重要人物であると説明。続けて「キャメロンの作品はエキサイティングだけど、キャラクターがどういう人で何のために戦っているかがはっきりしている。そのシンプルな明確さが魅力なの。本作のグレースにもまさに当てはまるわ」と、グレースは"キャメロン印"の付いたキャラクターであると語る。

人工的に強化された超人的な身体能力を持ち、REV-9からダニーを守るために未来から送り込まれてきたグレース。劇中ではどんな状況に置かれても「ダニーを守るためなら、何でもする」という姿勢を貫いている。鍛え上げられた筋肉で、あらゆるモノを武器として使いこなすクールキャラクターだ。監督を務めたティムミラー(『デッドプール』)は、グレース誕生のきっかけについて「我々は、未来から来た人間を強化したマシーンファイターというアイデアを思いついた。そこで強い女性にしたいと思ったんだが、男性をそのまま女性に変えたような筋肉隆々のキャラクターにはしたくなかった」と振り返る。

オデッセイ』『ブレードランナー 2049』『ブラックミラー』といった話題作に出演してきたマッケンジーだが、アクション映画はこれが初めて。そんな彼女について、アクション映画の大先輩であるアーノルドは「マッケンジーアクションがとても上手なんだ。戦い方がとてもいいよ!」と太鼓判を押す。元祖ターミネーターが称賛する彼女のアクションにも注目だ。

ターミネーター2』の正式な続編として、その世界を踏襲しながらも過去作をはるかに凌ぐ迫力とスピードで進化した『ターミネーターニューフェイト』は、11月8日(金)全国ロードショー。(海外ドラマNAVI

Photo:

ターミネーターニューフェイト
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.