モーニング娘。'19アンジュルムJuice=Juiceカントリー・ガールズこぶしファクトリーつばきファクトリーBEYOOOOONDSハロー!プロジェクトグループ7組が “チームハロー”と“チームプロジェクト”に分かれて6つのゲームに挑戦した「ハロプロ紅白対抗ザ☆バトル2019」がdTVチャンネルひかりTVチャンネル+で配信中(全6回)。各ゲーム終了後の興奮さめやらぬ中、それぞれの出場者を直撃し感想を聞いた。

【写真を見る】森戸知沙希(モーニング娘。’19/カントリー・ガールズ)、中西香奈(アンジュルム)らがキンボールで対戦

ゲーム4 キンボール

4人一組×3チームで行う競技だが、特別ルールで紅白両チームから2チームずつの4チームで対決。サーブ権を得たチームの3人がボールを支え、残る1人が「オムニキン ブルー」と、レシーブするチームカラーを指定してボールヒットする。カラーコールされたチームは、ボールが床につかないようにレシーブ。もし床に落としたら、ヒットしたチームポイントを獲得する。

■ <紅>チームハロー メンバーコメント

レッド

森戸知沙希(モーニング娘。’19/カントリー・ガールズ) 「キンボールに初挑戦したんですけど、私は背が低い方なので、あまり力になれないかなと思ったんですが、その分早く走って、ボールに追いつけるように頑張りました(笑)。私のチームだと小片リサちゃんがチーム内では一番背が高かったので、一番最初にボールをキャッチしてくれることが多くて。それで安定感があったのですごく良かったなと思います。宮本佳林さんのブザービートで点を取ることもできたので良かったです」

宮本佳林(Juice=Juice) 「今までこういうグループ分けで何かをする時に一番年上の立場になることがなかったのに、初めて自分が一番年上になっちゃって。“みんなうまくできるかな、自分大丈夫かな”って不安だったんですけど、みんなすごい走ってくれて、素晴らしいレッド組だったなと思います。本当に感動の極みです!楽しかった!」 

小片リサ(つばきファクトリー) 「今回初めてやったんですけど、最初にボールがちょっと重いと聞いていて、どうなるのか全然想像つかなかったんですよ。でも自分がいい感じにふわってキャッチできた時とかすごくうれしくて(笑)。こんな大きなボールを触ったのも初めてだったし、いろんな新鮮な経験ができたのが良かったなと思ったので、もっと広いスペースで改めてできたらいいなと興味が湧きました。今日の競技の中で、私がちゃんとした運動をしたのがこのキンボールが初めてだったので、終わった後に体が温かくなっていて、すごくいい汗かいて、いい運動ができたなって思います」

西田汐里(BEYOOOOONDS) 「私はちょこまか走って動いて、ボールに触れることはあまりなかったんですけど、チームの方がすごくたくましくてかっこいいなって思いました。いつも宮本佳林さんがボールを打って、とても活躍してくださってましたし、すごくかっこよかったです!」

イエロー

野中美希(モーニング娘。’19) 「このゲームをやったメンバーが、負けず嫌いというよりは平和主義でおしとやかな人たちが多いなってイメージだったんですよ。そういう人たちがめちゃめちゃ走り回っている姿がすごい珍しかったです(笑)。私自身は、英語力を生かせたのがうれしかったです。このゲームルールで、“オムニキン ブルー!”みたいな感じで色を叫ぶんですけど、それを英語本来の発音で言って、みんなが惑わされているのが面白かったですね(笑)

中西香菜(アンジュルム) 「私は本当に運動音痴で走るのが苦手なので、この競技できるかなと思ったんですけど、みんなで力を合わせて楽しくできてよかったなって思いました!みんなで仲良くやれたと思います(笑)

浜浦彩乃(こぶしファクトリー) 「初めて聞いた競技なのでどうなるかなと思ってたんですけど、結構チームワークがいいチームだったので、本当に良かったなって思って。野中美希ちゃんが一人でボールをキャッチしてくれたんですけど、そこは本当に“終わった!”と思ってたので助かったなって思いました(笑)。私はボールを打つ役だったので、身長が高いのは良かったなと思います」

岡村美波(BEYOOOOONDS) 「この競技を初めてやったんですけど、正直あんまり貢献できなかったなって思うんですけど、チーム野中美希さんがボールを一人でキャッチしてくださったり、中西香菜さんと浜浦彩乃さんが投げてくださったりして、みんなで楽しくスポーツができたなと思います!」

■ <白>チームプロジェクト メンバーコメント

ホワイト

牧野真莉愛(モーニング娘。’19) 「キンボールをやったのは初めてだったんですけど、ボールが飛んでいっても、走った頃にはみんながボールを捕まえてくれてたので、あんまりきちんとした仕事をしなかったんですけど、すごく楽しかったです!」

橋迫鈴(アンジュルム) 「私は身長が小さいので、その分ボールに手が届かなくてあまりキャッチできなかったんですけど、行動は早くできたと思います。チームに貢献できたと思います(笑)

山木梨沙(カントリー・ガールズ) 「ルール聞いたときは“こんな競技成り立つわけないじゃん! 絶対難しすぎる!”って思ったんですけど、いざ始めてみると、結構どのチームもキャッチできたりして、競技的にすごく楽しくて。思った以上に疲れたので、いい汗をかいて“参加できたな”って感じがして今スッキリしています(笑)

江口紗耶(BEYOOOOONDS) 「今回初めてキンボールをやったんですけど、ボールバランスを取るのが難しかったり、色を聞き分けるのが難しかったりしたんですけど、体をたくさん動かせて楽しかったです」

ブルー

高木紗友希(Juice=Juice) 「こんなに動いたのは中学生体育祭以来みたいな、それぐらい一生懸命みんなで“私あそこ行くよ!”みたいな感じで、絆が深まったんじゃないかなって思います。久しぶりの経験ですごい楽しかったなって思います」

上國料萌衣(アンジュルム) 「今回はチームごとにやって、全力で走ったりキャッチしたりとか体力的にキツくて(笑)。でもそれがいい疲れなのですごく楽しかったです。応援の声もうれしかったです!」

山岸理子(つばきファクトリー) 「キンボールを始めてやったんですけど、この競技はチームの協力がすごく重要だなって思って。私はブルー組だったんですけど、みんなで協力して楽しめたんじゃないかなと思います。特に高木紗友希さんがチームを支えてくださって、すごい助かりました(笑)。私は正直ボールをあまり触れなかったので、ボールを見守る役として貢献できたんじゃないかなと思います(笑)

島倉りか(BEYOOOOONDS) 「私、キンボールっていう競技を知らなかったんですけど、やったら本当に面白くて笑いすぎて、途中でお腹が痛くなってできないぐらいになりました(笑)。あと、途中で転んでしまったりしたんですけど、それもいい思い出かなって思います」

次回は11月13日(水)、「バブル相撲」出演メンバーが登場。(ザテレビジョン

ハロー!プロジェクト7グループの全メンバーが、紅組・チームハローと白組・チームプロジェクトに分かれて戦う「ハロプロ紅白対抗 ザ☆バトル2019」