東京が好き!というメッセージアイコンで示し、ムーブメントを生み出すプロジェクトKISS,TOKYO」を展開する株式会社KISS TOKYO(発起人:千原徹也、秋山真哉)は、2019年で2周年を迎えます。これまで、様々な企業やブランドとのコラボレーションや、フリーペーパー「KISS, TOKYO PAPER」の発行などを行ってきました。11月1日からは紀ノ国屋とのコラボレーション渋谷スクランブルスクエアでの期間限定のPOPUPSHOPを行うなど、2020年を機にこれからの東京に向けて積極的に取り組みを行っております。

つきましては、KISS,TOKYOの2周年を記念して『KISS,TOKYO DAY』を2019年11月20(水)PLUSTOKYO (東京都中央区銀座1丁目8-19キラリトギンザ 12F RF)にて開催いたします。

KISS,TOKYO DAY
KISS,TOKYO DAY」ではDJダイノジさんやDJ田中知之さんをはじめとした、20組以上のアーティストによるライブパフォーマンスや、お笑い芸人ジャルジャルさん、落語家の桂ぽんぽ娘さんのステージをご用意しております。またメインコンテンツとして、モデル秋元梢さん、クリエイティブディレクターの小橋賢児さん、渋谷区観光協会代表理事の金山淳吾さんをお招きして、KISS,TOKYOの発起人であるアートディレクターの千原徹也と東京への愛についてトークショーを実施いたします。

KISS,TOKYOはこれまでの2年間で様々な企業やブランドコラボレーションを行ってきました。ROOFTOPエリアでは、FrancfrancやSHIBUYA109ViSスキマスイッチ東急百貨店+Qグッズなど、これまでコラボレーションをして販売されてきた商品の展示を行います。また、豪華アーティストによるコメントVTRの上映をいたします。参加アーティストイベントコンテンツに関しては、当日までに増える予定となっており、第2段のリリースを予定しております。

イベント概要>
  • 日時 :2019年11月20日(水)17:30~24:00 ※17:00開場
  • 会場 :PLUSTOKYO (東京都中央区銀座1丁目8-19キラリトギンザ 12F RF)
  • 出演者:秋元梢・桂ぽんぽ娘・金山淳吾・倉本美津留・小橋賢児・ジャルジャル・千原徹也・チャラン・ポ・ランタン・東京◯×問題・新田桂一・奈良裕也 & 秋元剛・吉澤嘉代子・DJ E.R.O・DJ 笑笑子・DJダイノジ・ DJ花見(冨沢ノボル×半沢健)・ DJやついいちろう・FPM田中知之 and more ※50音
  • 入場料: ¥3800(1DRINK+TAX in)


KISS,TOKYOについて

東京を愛する人たちの想いを表現したアイコンで、ムーブメントを生み出すプロジェクト
発起人はアートディレクターの千原徹也(株式会社れもんらいふ代表)、マーチャンダイズプロデューサー秋山真哉(株式会社エースマーチャンダイズ代表)により、2017年プロジェクトスタート。東京が好き!という気持ちやアクションを“キスマークアイコンに置き換えて千原がデザイン
2018年11月東京2020オリンピックパラリンピック競技大会を控え、災害時の避難経路を外国人を含めた多くの来街者に言語や文化を超えてわかるデザインやアートで表現する渋谷区の施策「シブヤ・アロープロジェクト」に参加、KISS,TOKYOデザインのパブリックアートが渋谷神南地区8カ所に設置されている。
2019年4月、想いに賛同する著名人が参加した「KISS,TOKYO PAPER」を創刊、2019年5月~シンガポールオーチャード駅で開催の東京をコンセプトとした期間限定イベント「to TOKYO POP-UP」に参加、更にFrancfrancや様々なブランドメーカーコラボレーションアイテムを販売すなるなどプロジェクトが拡大中。また、KISS, TOKYO PAPERは、グッズの売り上げの一部を資金として撮影制作しています。今後も街中にランドマークとなるようなオブジェの設置などを目標に活動しています。

KISS,TOKYOオフィシャルサイトhttp://kiss.tokyo/

KISS,TOKYO SNS
Instagramhttps://www.instagram.com/kiss__tokyo/
Twitterhttps://twitter.com/KISS__TOKYO
Facebookhttps://www.facebook.com/kisstokyo/


トークショー出演者情報
小橋賢児
小橋賢児・こはしけんじ[LeaR 株式会社 代表取締役クリエイティブディレクター
1979年東京都生まれ。88年に俳優としてデビューし、NHK朝の連続テレビ小説ちゅらさん』など数多くの人気ドラマに出演。
2007年に芸能活動を休止。世界中を旅しながらインスパイアを受け映画やイベント製作を始める。
12年、長編映画「DON'T STOP!」で映画監督デビュー。同映画がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にてSKIPシティ アワードとSKIPシティDシネマプロジェクトをW受賞。また『ULTRA JAPAN』のクリエイティブディレクターや『STAR ISLAND』の総合プロデューサーを歴任。
STAR ISLAND』はシンガポール政府観光局後援のもと、シンガポールの国を代表するカウントダウンイベントとなった。
また、東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会主催の東京2020 NIPPONフェスティバルクリエイティブディレクターにも就任したり、キッズパークPuChuをプロデュースするなど世界規模のイベントや都市開発などの企画運営にも携わる。
金山淳吾
金山淳吾・かなやまじゅんご[渋谷区観光協会代表理事]
渋谷区観光協会代表理事。2001年より広告会社電通にて衛星放送(BS/CS)の事業担当として メディアセールス及びコンテンツプロデュースを担当。2010年より音楽業界へ転身し、アーティストプロモーション、映画開発、作家開発、音楽情報メディアの事業再生、環境事業開発、オーガニックレストランオーガニックストアのプロデュースなどを担当。2015年に独立し、クリエイティブ・アトリエTNZQを設立。 社会課題やビジネスチャンスクライアントとし、さまざまな企業、行政とクリエイターデザイナーなどと連携した事業開発を牽引する。
千原徹也
千原徹也・ちはらてつや[アートディレクター株式会社れもんらいふ代表]
1975 年京都府生まれ。 広告、ブランディング、CDジャケット、装丁、雑誌エディリアル、映像など、デザインするジャンルは様々。主なアートディレクションに、H&M GOLDEN PASSキャンペーン桑田佳祐 アルバムがらくた」、関ジャニ∞ アルバムジャム」ウンナナクール小泉今日子35周年ベストアルバム、オニツカタイガーNHKガッテン!、吉澤嘉代子、adidas Originals店舗ブランディングなどが知られている。 さらには、勝手にサザンDAYの主催、ラジオパーソナリティーれもんらいふデザイン塾の主催、東京ロゴ「キストーキョー」による東京応援プロジェクトなど、さまざまなジャンルへ、活動の幅を広げている。
れもんらいふ:https://lemonlife.jp/
れもんらいふデザインリンクhttps://lemonlife.jp/juku/
えるマネジメントリンクhttp://l-mg.jp/


コラボレーションについて

KISS,TOKYOは2018年よりFrancfrancや様々なブランドメーカーコラボレーションアイテムを販売すなるなどプロジェクトが拡大中。これまでに8つのコラボレーションを実施。
【+Qグッズ by 東急百貨店渋谷スクランブルスクエア
2019年11月1日グランドオープンする渋谷スクランブルスクエアショップレストラン
東急百貨店プロデュースする、5階+Q(プラスク)グッズに、野生爆弾くっきー!さんとKISS,TOKYOとの
コラボレーショングッズが登場します。KISS,TOKYO PAPER創刊号の表紙も飾ったくっきー!さんが
「渋谷をつまみ食い!」をテーマに、KISS,TOKYOマークコラボしたオリジナルロゴを制作。
個性的でかわいいオリジナルグッズは、+Q(プラスク)グッズだけの限定販売。

【紀ノ国屋】
東京・⻘山創業のスーパーマーケット紀ノ国屋×KISS,TOKYOのコラボレーションバッグが誕生!
人気の紀ノ国屋オリジナルバッグシリーズに、KISS,TOKYOコラボコットン製ミニトート型「ランチバッグ」と、内側のポケットにバッグが収納できる「コンパクトバッグ」の⼆種がお目見え。紀ノ国屋のロゴとKISS,TOKYOのロゴが表裏にプリントされたデザインです。コンパクトで使いやすく、デイリーのお買い物やランチのお供に、また東京のおみやげプレゼントにもぴったりです。


KISS,TOKYO PAPER

KISS,TOKYOの取り組みの一つであるKISS, TOKYO PAPERは、前号に引き続き、千原徹也がプロデュース、フォトグラファー新田桂一氏、ヘアメイク冨沢ノボル氏が撮影チームとして全面協力。スタイリストには石谷⾐氏・井田正明氏。「東京が好き!」という想いに共感した豪華著名人やアーティストを撮影し、ファッションスナップとともに東京へのメッセージを発信している。Vol.3の表紙には“安達祐実”、水溜りボンドのカンタ・トミー、Vol.4の表紙には堂珍嘉邦(CHEMISTRY)、はるな愛が登場。設置場所は、HMVや各地のタワーレコードなども加わり、全国200箇所以上に拡大する。
KISS,TOKYO PAPER
・配布開始日:2019年11月1日(金)
ページ数:vol.3 B5版20ページ/vol.4 B5版20ページ
・企画・プロデュース:千原徹也(れもんらいふ)
・配布場所:HMVタワーレコードWIRED CAFÉ系列店、猿田彦珈琲、Francfranc都内近郊店、+Qグッズ渋谷スクランブルスクエア5階(Vol.3のみ) ほか200箇所以上(詳細は公式サイトよりご確認ださい)

KISS,TOKYO 公式サイトニュースページ
http://kiss.tokyo/media/kisstokyo-paper_vol3-vol4/

[参加アーティスト]
【vol.3】両表紙:安達祐実、カンタ・トミー(水溜りボンド
imma、丸山敬太、⾚澤える、田中杏子、小橋賢児、まつゆう*、水原佑果、MICO、山口祐加、浜崎貴司(FLYING KIDS)、永島健志、吉崎沙弥、足立佳奈、中村貞裕、たなかみさき、瀬川あやかLOVOT

【vol.4】両表紙:堂珍嘉邦(CHEMISTRY)、はるな愛
足立梨花、リカ・セックスフラペチーノ(ドアノブロック)、村上要、MappySaku(Somewhere)、金山淳吾、吉田瑞代、田中シェン、大塚朝之、安達祐実、谷川じゅんじ、中川悠介、司馬ゆいか、佐藤玲、森下真樹、IMALU
順不同、敬称略
KISS,TOKYO DAYフライヤー


【会社概要】
社名:株式会社KISS TOKYO
URLhttp://kiss.tokyo/
設立:2017年5月9日 発起人・代表:千原徹也・秋山 真哉
所在地:〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1丁目5-7 YOUビル8F
TEL:03-5614-0238
MAILinfo@kiss.tokyo
事業内容:KISS,TOKYO

配信元企業:株式会社KISS TOKYO

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ