幸福の科学大学(予定、現HSU)の校舎。中央奥にあるのはピラミッド型礼拝堂

幸福の科学学園、再び大学の設置認可申請
 学校法人幸福の科学学園が10月25日、同日に文部科学省に対して「幸福の科学大学(仮称)」の設置認可を申請したと発表した。同大学の認可申請は、前回〈科学的合理性が立証できていない「霊言(霊言集)」を本大学における教育の根底に据えるということは、(略)認められない〉(文科省発表資料)として不認可とされて以来、5年ぶり2度目。

 前回の申請時は3学部の予定だったが、今回の再申請では4学部に大学院1を加えての申請となった。1年半後の2021年4月開学予定として、文科相の諮問機関である大学設置・学校法人審議会大学設置分科会(以下、審議会)の審査を受ける。

 同大学については、再申請前に日刊ゲンダイ2019年10月5日発売号)がいち早く察知し「萩生田文科相の後押しで「幸福の科学大学」ついに開学か」と報じた。別ページとは言え広告がらみと思われる幸福の科学の映画紹介記事が載った紙面だった。教団と広告での付き合いはあっても報道においては忖度しない、日刊ゲンダイならではの気骨ある単独報道だった。

 日刊ゲンダイが報じた萩生田光一文科相の関係を補足しながら整理してみたい。

幸福の科学大学は前回なぜ不認可になったか
 幸福の科学大学は、「学校法人幸福の科学学園」が開学を計画しているもの。学校法人は2010年幸福の科学学園那須校(栃木県那須町)、2013年に同関西校(滋賀県大津市)という2つの中高併設校を開校させており、大学はまだない。

 2014年に大学の設置認可を申請したが不認可とされ、無認可のいわば私塾と言えば聞こえがいいが、実質、信者養成の宗教施設として「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ」(HSU)との名称で2015年に「開学」させた。「ユニバーシティ」と名乗っているが大学はおろか各種学校としての認可もないため、ここに「入学」しても学歴にはならない。しかし前述の2つの幸福の科学学園(高校)の卒業生の大半が、進学や就職を放棄してHSUに入るという状態が現在も続いている。

 前回、同大学の設置が不認可とされた理由は単純だ。大川総裁が霊を呼び出したと称して語る「霊言」を科学的根拠があるものであるかのように扱う教育内容を予定していたからである。

 審議会は、全学部共通の科目の中で扱われる予定だった大川総裁の著作について、〈「霊言(霊言集)」を科学的根拠として取り扱う旨の記述がなされている〉(文科省発表資料より)と指摘。以下のように結論づけた。

このような科学的合理性が立証できていない「霊言(霊言集)」を本大学における教育の根底に据えるということは、学校教育法第83条第1項の「学術の中心」としての大学の目的を達成できるものとは認められない。また、大学設置基準第19条第1項の「体系的に教育課程を編成する」及び同条第2項の「専門の学芸を教授し、幅広く深い教養及び総合的な判断力を培い、豊かな人間性を涵養するよう適切に配慮」の各要件を満たしているものとは認められない。

 なお、念のため付言すると、本指摘は、宗教活動における「霊言(霊言集)」の意味や妥当性に言及しているものではなく、あくまで学問的な見地からの指摘である。〉(文科省発表資料より)

 宗教系の大学を認めないというわけではないし、大学における宗教教育も否定していない。大学は学生の総合的な判断力を養うことを目指すべきであり、科学や学問と教義とを混同する大学は認められない、という理屈だ。宗教の教義を教えたいなら宗教団体でやればよい。大学にしたいなら、大学ではちゃんとした学問を教えろという、ごく当然の話だろう。

研究室の本棚まで「大川隆法」だらけのHSU(読者提供)

◆「不可」答申の半年前から教団は”戦闘モード”に
 同大学は、ただ不認可になっただけではない。以降5年間は認可しないとするペナルティも付け加えられた。

 審議会は「不可」の答申を行う半年ほど前、幸福の科学学園側に「是正意見」を出している。40カ所に及んだ是正意見のうち、特に以下の3点が教団の逆鱗に触れた。

(1) 学部名に前例がない
(2) 大学で幸福の科学の教義を教えることに疑義がある
(3) 教団職員を長く務めてきた人物は学長として認められない

 同年6月に大川総裁は下村博文文科相(当時)の守護霊を呼び出したと称する「霊言」を収録し、書籍『文部科学大臣・下村博文守護霊インタビュー』として発刊した。8月にも第2弾として『文部科学大臣・下村博文守護霊インタビュー(2) 大学設置・学校法人審議会の是非を問う』を発刊した。

 信者向けの映像メッセージとして、教団幹部がこう言い放つ場面もあった。

「私たちは、この修正は到底受け入れられないものとして、信仰をかけて闘う予定」

 1冊目の霊言本には下村氏のほか、崇教真光という別の宗教団体の教祖・岡田光玉(故人)の霊を呼び出したと称する内容も収録されていた。内容を総合すると、「邪教」である崇教真光の教祖が下村氏を操って、幸福の科学の妨害をしているかのように印象づける内容だった。しかも、この書籍を教団側は審議会関係者たちに送りつけた

 審議会は同年10月に同大学を「不可」とする答申。その際、別途〈幸福の科学大学(仮称)の審査過程における申請者の不適切な行為について(報告)〉を行い、文科省はこれも同時に公表した。そこには、幸福の科学による霊言本発刊や審議会関係者への送付について、こう書かれている。

通常の審査プロセスを無視して、認可の強要を意図すると思われるような不適切な行為が行われたことは、極めて遺憾である。本審議会としては、学校法人幸福の科学学園による上記の行為は、大学設置認可制度の根幹を揺るがすおそれのある問題であると考えており、大学設置認可に係る公正な審査を期すためにも、文部科学大臣に上記事項を報告するものである。

◆「脅すような言動」にも反省なし
 この時点で、文科省の担当者は私の取材にこう説明した。

「彼ら(幸福の科学)は、文科省の職員に対して、認可を求めて脅すような言動もとっていました。こうしたことから、大臣による不認可決定の際には、同学校法人が大学の設置認可を再申請しても最長で5年間は認可しないとするペナルティの対象とすることも決定される見通しです。その期間が何年になるのかは、学校法人側への聞き取りなどを行いながら、追って決定します」

 文科省は「脅すような言動」の具体的な内容は明かさなかった。ところが、幸福の科学自身がこれを公表した。

 幸福の科学側は審議会の答申やこの報告に反発し、文科大臣だけではなく審議会関係者の守護霊まで呼び出し(たと称して)、文科省側をなじる霊言を連発。私が把握できただけでも、下村大臣(当時)の霊言は審議会による是正意見がなされてから同年10月末までに少なくとも8回も収録されている。また幸福の科学は不認可となった後、文科省に対して異議申し立て等の文書も繰り返し送付。「幸福の科学大学(仮称)」のウェブサイトに逐一掲載した(現在は全て削除)。その中に、文科省側の言い分を引用する形で、「脅すような言動」にかんする説明が含まれていた。

本件処分においては、「8月13日(水)及び8月20日(水)の申請者側からの事務相談において、申請者(学校法人理事長)から文部科学省担当者に対して、「宗教法人の連中は過激な奴が多く、それを私が抑えている。」といった趣旨の発言があった」、この行為は、「直接的な物理的危害を連想させるような発言」で、「設置の可否の判断にあたって心的圧力をかける意図があるものと認められる」などとされている。〉(同年12月9日付『下村博文文部科学大臣の処分の不正を明らかにする弁明書』)

 ここから、文科省側が学校法人理事長(当時は木村智重氏)による「宗教法人の連中は過激な奴が多く、それを私が抑えている」といった趣旨の発言を問題視していたことがわかる。幸福の科学側は同じ文書の中で、文科省が指摘するような発言はなかったと主張しているが、その内容はこうだ。

本学園が保有している詳細な記録によれば、理事長のここでの発言は、「幸福の科学教学」は、宗教法人にとって最も大切な部分であるから、文部科学省が従前認められるような発言をしていたにもかかわらず、認められないのであれば、宗教法人は納得しない、宗教法人にはデモ行進などを行いたいと考えている人も一部いるという趣旨のやり取りにすぎない。

 客観的事実として、理事長が、「宗教法人の連中は過激な奴が多く、それを私が抑えている」などとは述べておらず、事実としてもまったくねじ曲げられている。

 さらに、その言い方も、冗談交じりの極めて穏当な調子の表現にすぎないものだったのである。〉(同)

 木村理事長の発言内容については、双方の主張が食い違っている。しかしどのみち、教団側が文科省職員を脅したことに変わりがないように見える。デモをするのは自由だろうが、事前にデモを予告することによって文科省側の対応を変えさせようとするのは、審議会が報告書で書いた通り「通常の審査プロセスを無視して、認可の強要を意図すると思われるような不適切な行為」と言われても仕方ないだろう。

 第三者からは問題行為にしか見えない内容だが、教団側は自ら堂々と発表し正当性を主張している。これを問題のある行為だとは全く認識できていないようだ。むしろ自分たちが何も間違っていないことを示す根拠だと信じ込んでいることが見て取れる。当然、反省もしていない。

 後に、下村文科相による「不認可」決定がなされ、以降認可しないペナルティの期間は最長の「5年間」と確定された。当たり前だ。

◆「ゴールデンエイジ」に向けたスケジュールが破綻
 大川総裁は2020年に日本は黄金期を迎えると予言している。これを「ゴールデンエイジ」と呼び、その担い手として若い信者を養成するために教団が取り組んできたのが幸福の科学学園や幸福の科学大学といった教育事業だ。ゴールデンエイジとは事実上、地球至高神エル・カンターレである大川総裁を頂点とした教勢の拡大を意味している。その中で幸福の科学大学は、幸福の科学が育成した人材を世に送り出す、「エル・カンターレ文明」の発信基地と位置づけられていた。当初2015年の開学を目指しており、「ゴールデンエイジ」が実現する2020年に一期生が卒業し社会に羽ばたくはずだった。

 国会議員を利用し文科省職員を脅してまで認可にこぎつけようとした必死さは、こうした宗教的な背景も関係しているのだろう。

 しかし不認可に。そして5年間認可しないとのペナルティが加わったことで、「ゴールデンエイジ」が始まる年に幸福の科学大学の一期生を世に送り出す「神の計画」は絶望的となった。

 長くなったが、前回の同大学の設置申請がいかに無茶苦茶なものだったか、おわかりいただけただろうか。この大学申請劇の中で、幸福の科学側に立って「仲介役」として立ち回ったのが、当時は閣僚でも何でもない衆院議員だった萩生田光一・現文科相である。

◆学長の「名義貸し」まで教団に指南した萩生田文科相

萩生田光一文科相。11月6日衆院予算委員会(衆院インターネット中継より)

 萩生田氏の関わりも、前述の経緯の中で教団が自ら「幸福の科学大学(仮称)」のウェブサイト上で公表した。この点についても、教団側は問題のある内容だという認識がなかったのだろう。

6月10日の面談において、今泉前室長(文科省大学設置室長=当時)は、自由民主党総裁特別補佐である萩生田光一衆議院議員の仲介による調整によって、「幸福の科学大学」の学長候補者を九鬼副理事長から別の人物に替えて、九鬼副理事長は「総長」として置くこととすれば、細かい問題はあっても工夫によって大学設置認可が可能であるとの趣旨の発言をしていた。〉(同年11月26日付「文部科学大臣の不正行為に関する弁明請求書」)

 同大学は学長を九鬼一氏に予定し申請していた。HSUウェブサイトにあるプロフィールによると、九鬼氏は大学卒業後に大手石油会社に入社後、1993年幸福の科学に「奉職」とある。幸福の科学の職員(出家者)となったという意味だ。その後、教団の研修指導局長や幸福の科学出版社長を歴任し、2012年から学校法人幸福の科学学園理事長。大学申請時には副理事長(大学設置構想担当)だった。

 多少の一般社会人経験はあるにしても、大学運営や大学での教育・研究に関わった経験はない。審議会側は、この九鬼氏を学長とする同大学の計画に是正を求めていたと思われる。この点について、萩生田氏が行ったとされる助言を、幸福の科学はこう説明している。

それと同様の発言として、5月27日に行った大学関係者と萩生田議員との話し合いの中でも、「(学長を変えるというのは)九鬼さんの人格を否定しているわけでなく、正直言って、今後しばらく我慢したほうが得なんじゃないかと。これはもう、役所がそういうアドバイスしたってことになると大変なんだけど、今までの例を見ても、やっぱりそこは経験のある、正直言うと名前だけ借りてスタートして、それで一年間のうちに、九鬼さんが副学長とか、そういう経験を積んで、その間に一つ論文でも出しておけば、2年目からは堂々と学長やれるから、そこではもう、介入できないから。」と、萩生田議員からも学長を変えれば開設できるという旨のアドバイスがあった。〉(同)

 ごまかして申請を通すための、事実上の名義貸し指南である。

 大川総裁が審議会の是正意見に反発して下村文科相の霊言を公表した際には、書籍発刊直前に下村氏自身が幸福の科学関係者に電話をしてきたという。

〈「本をストップすることで、やりようはまだある。まだ、間に合うから。役人がコピーを持ってきた。それを見て驚いた。罵詈雑言が書いてあるではないか。これまで、萩生田から電話があって、一生懸命やっているとは聞いていた。学部名はクリアして、あとは九鬼という人が学長でなければならないというところを、一年我慢してバトンタッチするやり方はあると提案していたが、…とにかく、誹謗中傷の内容である。今だったら、対応の仕方がある。本部のしかるべき人に話をしてくれないか。本(霊言書籍)のストップ(出版中止)は当然のことだ。(中略)今だったら対応の仕方がある。」〉(同)

 下村氏のこの電話の内容が事実なら、萩生田氏は下村文科相にも進捗を報告し、下村文科相自身も幸福の科学側と交渉していたことになる。

 申し訳ないことに、萩生田氏がなぜ幸福の科学のために奔走したのかはわからない。もともと幸福の科学と付き合いがあったことがうかがえるのは、下村氏の方だ。

 幸福の科学側は一連の下村霊言の中で、下村氏が都議時代に幸福の科学に入信していたと公言している。「霊」の言葉ではない。霊にインタビューしていた教団職員の言葉として記録されている。

 しかし下村氏がことさらに幸福の科学に入れ込んでいる印象もない。もともと複数の宗教、スピリチュアル関係者、ニセ科学関係者との付き合いが指摘され、文科省時代には「文部疑似科学大臣」などと揶揄された下村氏だ。付き合いのある宗教団体の一つとして幸福の科学の行事に参加した際に、入信したことにされてしまっていただけという可能性も考えられる。

 その下村氏について幸福の科学は、前述の通り激しく非難した。大学を不認可にされた直後、2014年11月に行われた衆院選では、幸福実現党が下村文科相の選挙区である東京11区に「下村めい」という同姓候補者を「刺客」として送り込んだ。もちろん落選したが、ここまでやってしまった以上、すでに幸福の科学と下村氏との”友好関係”はぶち壊しだろう。

 しかし前回の申請時に仲介役として立ち回ってくれた萩生田氏については、幸福の科学は非難していないし「霊言攻撃」もしていない。萩生田氏がからんだ前回の申請の経緯を記載した書面は、萩生田氏が文科相に就任後に全てウェブサイト上から削除された。伝聞ではあるが、信者たちの間では大学の認可に向けて萩生田氏に期待する声があるとも聞く。

◆無認可のまま開設されたHSUの実態
 大学は不認可とされたが、幸福の科学は大学用に作った施設を無認可のまま「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ」(HSU)」として開設した。文科省に確認したところ、学校の認可を受けていないものを「大学」と称することはできないが、「ユニバーシティ」と名乗ることを禁じるルールはないという。

 大半か、下手をしたら全学生が幸福の科学信者と思われるHSUの授業内容は不明だ。しかし、HSUの目指す教育が教義と学問を混同したものであることは、様々な面からうかがい知ることができる。

 私の手元に、「幸福の科学大学シリーズ」と銘打った幸福の科学の書籍の内容をテキスト化したデータが89冊分ある。前回の大学申請前の2013年から不認可となった後の2015年までに発刊されたもので、同大学に問題を感じた幸福の科学脱会者やウォッチャーたちが、内容を検証するために書籍をかき集めデータ化してくれた。

 『もし湯川秀樹博士が幸福の科学大学「未来産業学部長」だったら何と答えるか』(幸福の科学大学シリーズ16)、『吉田松陰「現代の教育論・人材論」を語る』(同73)、『ヘーゲルに聞いてみた-ドイツ観念論哲学の巨人が「現代」を語る-』(同80)など(いずれも著者は大川隆法)、「大学」と銘打ったシリーズでありながら霊言が収録されている。1つ1つを見ていくと頭がくらくらするので、ここではキーワードによる検索結果だけ紹介しよう。本文以外の目次、ページごとのヘッダー、巻末にある別書籍の紹介なども検索対象なので、数値は飽くまでも大雑把なものだ。

 たとえば89冊を「霊言」というワードで検索してみる。83冊から計1,280カ所ヒットした。「守護霊」は80冊、459カ所。「霊界」は63冊、423カ所。「悪魔」は43冊、213カ所

 幸福の科学では宇宙人は存在すると信じられており、大川総裁は頻繁に「霊言」で宇宙人の霊も呼び出している。そこで「宇宙人」で検索してみると27冊、230カ所ヒットした。「UFO」は23冊、117カ所

 検索するだけでも、やはりくらくらしてしまった。

 「幸福実現党」というワードで検索すると84冊、281カ所ヒットする。冊数で言えば「霊言」より多い。前述の通り、教育基本法では学校による政治活動や政治教育が禁じられているのだが。

 このほかに「HSUテキスト」と題したシリーズもあり、上記が全てではない。

HSUの図書館に並ぶ宇宙人霊言の書籍群。本文にある「大学シリーズ」とは別(読者提供)

 HSUでは大学祭を模した「HSU祭」が開催される(今年はなぜか中止された)。これまで、宇宙人の解剖模型展示や、コンピューターに仏法真理(幸福の科学の教義)を教え込んでAI(人工知能)を開発するというプロジェクトの展示など、やはり頭がくらくらするような企画が散見された。このAIは「SHINRI」と呼ばれ、宇宙人ごとの善悪を見極めることができるという。

 2018年のHSU祭では、「愛国サークル」なるサークルが「真実の歴史博物館」と題する展示を行った。大東亜戦争を正義だったとする内容で、配布資料には、日本に対して「韓国国民は尊敬を、日本国民は誇りを抱くべき」などと書かれていた。同時に、東京裁判を「茶番以外の何ものでもない」とする「パール判事の霊言」も掲載されている。

愛国サークルの配布資料より抜粋(複数カ所を1枚の画像にまとめたもの)

 「塚本幼稚園の大学版か!」と言いたくなるが、よくあるネトウヨ的な歴史修正ともひと味違う。何せ「霊言」が根拠の一つなのだ。教義と客観的歴史の境界線が全くない。もはやネトウヨ云々以前の問題だろう。

◆「認可がおりたら逸脱もありうる」!?
 前回の大学設置認可の申請の前年、大川総裁は教団内での講演で、こう語っている。

「認可が下りるまでは一応、文科省の指導方針に合わせた方向で作っていくが、逸脱していくことは当然ありうる

 どのような方向性で逸脱したいと考えているのかは、ここで紹介したHSUの実態を見れば明らかだろう。霊言だの宇宙人だのという教義と学問とを混同した教育であり、場合によってはネトウヨ以前の問題」を抱え隣国を見下す歴史修正学生をも生み出すような教育だ。

 少なくとも幸福の科学を長く取材してきた身としては、こうなることは2014年の申請の前からわかりきっていた。申請の前から、大学関係者が信者向け映像で「UFOや霊界の技術を研究する」などと口走っていた。また大学の設置を申請している学校法人幸福の科学学園は、すでに開校済みの幸福の科学学園(中学高校)で、歴史の授業中に教師が霊言に基づいて歴史上の人物の「過去世」を教えたりシュメール文明の王が「レプタリアン」(宇宙人の一種)の指導を受けていたなどと教えたり、また別の科目では幸福実現党を支持する政治教育の授業をしたりしてきたのだから。

 これが、前回の申請時に萩生田・現文科相が「名義貸し」まで指南した大学の計画の実情だ。国会議員の行いとして、これだけで十分に問題だろう。その萩生田氏が、いま文科相である。

 冒頭で紹介した日刊ゲンダイの記事は、これを「モリカケに続く“学園モノ”か」と評している。せっかくの「蕎麦つながり」の「モリカケ」だ。蕎麦につなげようがない「幸福」が加わらないことを願いつつ、今後も注視していきたい。

<取材・文/藤倉善郎>

【藤倉善郎】
ふじくらよしろう●やや日刊カルト新聞総裁兼刑事被告人 Twitter ID:@daily_cult41974年、東京生まれ。北海道大学文学部中退。在学中から「北海道大学新聞会」で自己啓発セミナーを取材し、中退後、東京でフリーライターとしてカルト問題のほか、チベット問題やチェルノブイリ・福島第一両原発事故の現場を取材。ライター活動と並行して2009年からニュースサイト「やや日刊カルト新聞」(記者9名)を開設し、主筆として活動。著書に『「カルト宗教」取材したらこうだった』(宝島社新書)

萩生田光一文科相。11月6日衆院予算委員会(衆院インターネット中継より)