ライバーを中心とした個人クリエイターエージェント・マネジメント事業等を展開する株式会社LIVESTAR(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:西村翔太郎、読み:ライブスター、以下:LIVESTAR)は、エンタテインメント事業を展開するエイベックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO:松浦勝人、以下:エイベックス)へ当社の株式を譲渡し、エイベックスへ参画することをお知らせいたします。
 LIVESTARは、「プロライバーが活躍できる環境と未来を作る」をビジョンに掲げ、ライバーを中心とした個人クリエイターを発掘・育成しているライバープロダクションです。ライバーの成長に合わせた育成とフォローアップ体制を強みに、創業1年半で約500名のライバーが活躍する規模に成長しています。また、創業当時からエイベックスビル2階の外部コラボレーションを促進するコワーキングスペースavex EYE」に入居しており、「avex EYE」に入居するスタートアップとして初めてエイベックス様への参画が決定いたしました。

 この度の参画で、エイベックス株式会社 新事業推進本部 グループ執行役員 本部長の加藤 信介様、エイベックス・マネジメント株式会社 マネジメント本部 執行役員 本部長の都築裕五様、エイベックス株式会社 新事業推進本部 新事業戦略投資グループ チーフディレクターの西川哲也様、の3名に新たに株式会社LIVESTAR取締役として就任いただき、「プロライバーが活躍できる環境と未来の創出」、サポートをより強化してまいります。LIVESTARは、この度のエイベックスへの参画に恥じないよう、今後もライバーマネジメントプロフェッショナル企業として、サービスの品質向上に手を緩めることなく、真撃に取り組んでまいります。
エイベックス株式会社 新事業推進本部 グループ執行役員 本部長 加藤 信介様 コメント

 人気者のあり方が多様化している中で、様々なクリエイターのニーズに対応し時代にあった人気者を輩出していく事は、もはや1社の強みでは成し遂げられず、同じビジョンを持った会社や人材が連合を組み、共創していくことが必要だと考えています。ライブ配信という新しいエンタテインメントを信じ、そこで活動するクリエイターが「プロライバーとして活躍できる環境と未来を作る」事をビジョンに掲げ、想いを持って事業とクリエイターの支援を推進しているLIVESTAR。我々は様々な機能やノウハウ提供により彼らを支援し、事業成功を全力でサポートするとともに、この共創を通じて、世の中にインパクトを与えられるような人気者の輩出を目指していきたいと考えています。

Sevenwoods Investment株式会社 代表取締役 馬場嵜 聡様 コメント

弊社投資先で創業初期から経営支援してきたLIVESTARが、この度エイベックスグループに参画することになりました。LIVESTARはライバー市場への熱いビジョンと事業推進力を併せ持ち、創業から1年半で急成長してきました。エイベックスと提携・共創を通じて、幅広い知見・ノウハウや事業サポートが加わることで、より高い次元で事業成長を目指せることにわくわくしています。引き続きライバー・エンタテインメント業界を盛り上げるべく全力で挑戦して参ります。

株式会社LIVESTAR 代表取締役 西村翔太郎 コメント

LIVESTARは、「プロライバーが活躍できる環境と未来を作る」ライバープロダクションです。創業から約1年半という短い期間で、約500名のライバーを抱えるまでに成長しました。数々のヒットコンテンツの創出・タレントマネジメントをしてきたエイベックス様への参画を通して、更なるサポート体制の強化を図り、より一層の事業展開を手がけて参りたいと思っております。引き続き、ライバー、個人クリエイターサポートを通じ、市場発展に貢献していきます。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

エイベックス株式会社 会社概要】
名  称:エイベックス株式会社
設  立:1988年4月11日
所在地 :東京都港区南青山三丁目1番30号 エイベックスビル
代表者 :代表取締役会長CEO 松浦勝人
資本金 :43億3,381万7,350
事業内容:音楽事業、アニメ・映像事業、
デジタル事業、海外事業他URLhttps://avex.com/jp/ja/

株式会社LIVESTAR 会社概要】
名称 :株式会社LIVESTAR
設立:2018年6月
代表:代表取締役社長CEO:西村翔太郎
オフィス所在地:東京都渋谷区桜ヶ丘町26-1 セルリアンタワー15階
事業内容:ライバーを中心とした個人クリエイターエージェント・マネジメント事業/ライブコマース事業
URLhttps://livestar.tokyo/

配信元企業:株式会社LIVESTAR

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ