ガンバ大阪は7日、ユースのFW川﨑修平、FW塚元大との仮契約を発表した。来シーズンから加入する。

川﨑は、大阪府岸和田市出身で168cm、66kg。右利きで、ジュニアユースからG大阪プレーしている。

特徴は「ドリブルからのチャンスメイクアシスト」で、今シーズンG大阪 U-23として明治安田生命J3リーグに20試合出場。直近のJ3第29節のSC相模原戦で初ゴールを記録している。

塚元は、大阪府和泉市出身で178cm、72kg。右利きで同じくジュニアユースからG大阪プレーしている。

特徴は「ドリブル突破と両足での強烈なシュート」で、2017年U-16日本代表を経験。今シーズンG大阪 U-23としてJ3で17試合に出場し4ゴールを記録。J3第14節のガイナーレ鳥取戦ではハットトリックを記録している。

両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆FW川﨑修平
「この度ガンバ大阪ユースから昇格することになりました川﨑修平です。サッカーを始めた時からの夢であった、プロサッカー選手になることをこのクラブで叶えられて嬉しく思います。今まで支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れず、このクラブの勝利に貢献できるように頑張ります」

◆FW塚元大
ガンバ大阪トップチームに昇格できたことを非常に嬉しく思います。今まで僕に関わって下さった全ての方々への感謝の気持ちを忘れず、ガンバ大阪に貢献出来るように全力を尽くします」

サムネイル画像