母親が起こしたあまりにも切ない事件から15年。果たして、壊れた家族はまたつながることができるのか――。

【写真を見る】佐藤健のカッコ良過ぎる脚組みSHOT!

桑原裕子率いる劇団KAKUTAの同名舞台を映画化した「ひとよ」が11月8日(金)より全国公開。15年前の“事件”を機に別々の人生を歩んでいた稲村家の母と三兄妹が再会し、複雑な思いを抱えながら家族として新たな一歩を踏み出そうとする姿を描く。

佐藤健は、主人公の次男・稲村雄二役で出演。今作で初めてタッグを組む白石和彌監督との対談では、役に対する思いや白石組の印象、作品の中に出てくる「15」という数字にちなんで、それぞれの15年前について語ってもらった。

――本作では“家族”の物語が展開されますが、血のつながりを描く時に意識したことはありますか?

白石和彌:基本的には台本に書かれているものを撮っていくんですけど、俳優さんたちにちょっとしたことをお願いする時に、やっぱり自分の家族との記憶とかを意識せざるを得なかったというのはありますよね。

健くんが演じる雄二が久しぶりに帰って来た時、兄妹はどういう顔でしゃべるのかを考えたりして。お芝居を見ながら「やっぱり、そうなるよね」っていう感じで、いつの間にか自分の家族と照らし合わせていたようなところがありました。

――その中で、家族について感じたことは?

白石:近い関係だからこそ、結構面倒くさいものだなと。致し方ないことだったとはいえ、母親(田中裕子演じる稲村こはる)が起こしてしまったことに対して、どこか受け入れないといけなかったりする現実があって。

関係を切ることはできないし、許したいと思わざるを得ないところがある。無償の愛をくれる存在というものを僕も親になって初めて感じました。

――白石さんの作品では、これまで擬似家族を描くことが多かったですけど、今回は“本当の家族”のお話。

白石:周りから「初めて本当の家族を描くんですね」って言われて段々そういう意識が強くなってきましたけど(笑)、そんなに構えて描いたつもりはありません。

――佐藤さんは“家族”を演じるということで心掛けたことはありますか?

佐藤健:家族という関係で向き合っていくわけですから、なるべく共演者の人たちに気を使わないようにしました。でも、撮影に入ると、そういう意識は忘れて自然と家族になっていたような気がします。

三兄妹という設定は僕の中で新鮮でした。ラブでもない友達でもない、でも一緒にいても悪くない関係というのは芝居をしていてすごく楽しかったです。

――鈴木亮平さん(長男・大樹役)との兄弟関係もそうですし、松岡茉優さん(長女・園子役)とも本当の兄妹のようでしたね。

佐藤:それは、鈴木さんや松岡さんのおかげです。

白石:すごくすてきな関係でしたよね。松岡さんは、こっちが何も言わなくても兄妹喧嘩のシーンで勝手にスリッパを投げちゃったりしますから(笑)

一言言ってから投げてくれって思いましたけど(笑)、そういうことが普通にできるような家族の関係が自然と作れていたんでしょうね。

■ 佐藤「無意識のうちに役に染まっていく感じ」

――佐藤さんは以前、あるインタビューで「役作りで一番大切なことは、その役について考えること」と仰っていましたけど、雄二に関してはどんなことを?

佐藤:「よく『役作りのために何をされましたか?』って聞かれるのですが、結局役について考えているその時間が一番の役作りになっているような気がします」といった感じのことを話したことはありますね。

その意図は、もちろん役にもよりますが、理論で演じていないということ。感覚で演じているので、普段の自分じゃない人間になるために考えているというか、一種の洗脳みたいなものなのかもしれません。

別に何でもいいんです。雄二のことをずっと考えていると、お芝居をする時に勝手にその感覚になっていくんですよ。自分でも無意識のうちに役に染まっている感じです。

――白石監督は、今回の作品で佐藤さんのどんなところを引き出してみたいと思いましたか?

白石:僕には引き出すほどの腕はないですけど…、雄二は母親に対してつらいことを言ったりしますけど、そんな母親が過去に取った行動を誰よりも受け止めているんです。

子どもにはこうなってほしいと親が思うことをちゃんとやりきれていない自分に怒りを持っていて。クールに見えて実は一番熱いキャラクター。そんな役を健くんが演じたらどんな化学反応を起こすのか。僕自身、とても楽しみにしていました。

――白石監督から佐藤さんに何かリクエストしたことはありますか?

白石:脚本をとても気に入ってくださっていて、方向性に関しても間違ったことが何もなかったので、あとはお任せでした。

――佐藤さんは役について相談したんですか?

佐藤:雄二が(佐々木)蔵之介さん演じる堂下に飛び蹴りをするシーンがあるんですけど、僕はあんなことをしたくなかった(笑)。監督がやれっていうから、仕方なく蔵之介さんを蹴りました。

白石:そうだったんだ(笑)

――雄二の言動について戸惑ったりしたことは?

佐藤:基本的に分からないんですよ、雄二の気持ちって。家族に対しての思いとか、ものすごく難しかったので聞き出したらキリがない(笑)

だから、あまり聞かなかったような気がします。現場に入ってみたら何か感じるんじゃないのか、何かが出てくるかもって思いながら、ある意味分からないまま演じていたようなところがありました。

■ 白石「今度は2時間ずっと佐藤健を撮っている映画を…」

――お二人は今回が初タッグ

白石:今回の作品は雄二の映画でもあるし、家族の映画でもあるんですけど群像劇ですから。登場人物それぞれのパートがあったから、全部で2時間のうち健くんが担当した時間はそんなにないんです。

そういう意味でのやりきれていない感じがあって。今度は2時間ずっと佐藤健を撮っている映画をやらないと埋めきれない部分があるなと感じています。

佐藤:白石組はホントにいい現場でした。白石監督作品が面白い理由が分かります

白石:それは“楽しんでいる感”があるっていうこと?

佐藤:いや、やっぱり映画を作るのが上手なんだなって。いい意味で疲れないというか達成感がないというか。「え、もう終わり? これでいいんですか?」って不安になりました (笑)

でも、完成した作品を見ると本当に素晴らしい。白石監督は作品をたくさん撮っているじゃないですか。僕はどちらかというと出演作が抑え目な方だけど、白石監督とだったら数多くやってもいいかなって思います。

――劇中では「どっからやり直したらいいのか教えろよ!」という印象的なセリフが出てきますが、これまでの人生で“やり直したい”と思ったことは?

白石:無限にあり過ぎて何を話せばいいのか(笑)。映画界に来たこともどうなんだとか、家族のことに関してもいっぱいありますね。まぁ、仕事で言えば20代は映画を撮っていないんですよ。

若松(孝二)さんのところに弟子入りして、ずっと助監督としてカチンコを打っていて…。もう一度やり直したいという思いはありますけど、結局同じことを選択するんでしょうね、きっと(笑)

佐藤:戻るっていっても、もう一回同じことをやるのは面倒くさいですよね(笑)

白石:「るろうに剣心」を撮り直すのは大変そうだもんね(笑)

佐藤:そうですね(笑)

――違う道を選んでいたらって考えることは?

白石:それはめちゃくちゃ考えますよ。普通に居酒屋バイトをしていたりするんだろうなって(笑)

佐藤:どうなるかなんて分からないですから。試しようがないですよね。行き着くところは最初から決まっているのかもしれないし。さっきの白石監督の話じゃないですけど、今と同じことになっているような気がします。

■ 佐藤「今でも回れます」

――劇中では「15年」という月日がキーワードに。白石監督と佐藤さんの年齢差も15歳ということなので、それぞれ15年前は何をやっていたのか振り返っていただきたいと思います。

白石:なるほど。今、年齢差が15歳だと初めて知りました。そんなに離れているなんて全然感じないです。むしろ、健くんの方が年上っぽい(笑)

佐藤:そんなことないですよ(笑)。15年前の僕は15歳ブレイクダンスをやっていましたね。最初はホームセンターマットみたいなものを買ってきて、その上で練習。

すぐにできるものではないですから、しばらくはウィンドミルっていうクルクル回るダンスを一人でやっていました。仲間と一緒に踊るようになったのは16歳ぐらいの頃です。

白石:今でも回れるんですか?

佐藤:回れます。

白石:練習は?

佐藤:今はしていません。当時と比べたら、かなり衰えています。

白石:2日ぐらい練習したら戻れる?

佐藤:戻れない、戻れない(笑)ヘッドスピンとかは軸の感覚を掴むまで最低でも2、3カ月必要です。10代の頃とは体重も違いますから。

白石:でも、2、3カ月あれば戻れるんだよね。

――監督、次回作について考えていますね?(笑)

白石:今、いろいろ仕入れているんです、佐藤健情報を。どうやら、ホラーが好きらしいんですよ(笑)

――では、次はホラーブレイクダンステーマに、ぜひ!

佐藤:それ、どういう作品ですか(笑)

白石:考えてみます(笑)。15年前といったら僕は30歳。映画をやめるかどうか考えていたタイミングですね。もしくは、ずっと助監督をやっていたから監督に向けて準備をしようと思っていたか。その境目ですね。

――映画界に残るかどうかという時期だったわけですね。

白石:助監督をやっていると、ひと通り映画の作り方が分かってくるんです。そうなってくると、才能がある監督だったら一緒にやっていても楽しいんだけど、たまに才能がないくせに微妙にブレイクしてる監督がいたりするんですよ(笑)

そういう人の助監督をやっていると、俺の方が面白いものを作れるんじゃないかなってうっすら感じたりするんです。だから、せめて1本ぐらいは撮らなきゃなって思っていた頃でしたね。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

映画「ひとよ」でメガホンを取った白石和彌監督と主演の佐藤健(写真左から)