米倉涼子主演ドラマドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第4話が11月7日に放送された。今回は患者役ゲストとして俳優・岡田健史が出演。米倉も「目ヂカラがすごかった」と感想をもらすほどの強烈な存在感を見せつけ、ファンを賑わせている。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】米倉涼子も認めた!強力な目ヂカラで誇り高きアスリートを演じた岡田健史

■ 日本陸上界短距離のエース四日市

ドラマは、かつてないほどの大赤字に見舞われた倒産寸前の白い巨塔「東帝大学病院」を舞台に、米倉演じる天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)が孤高の戦いを繰り広げる人気シリーズの最新作。その第4話で岡田は、日本陸上界短距離のエース四日市清昭を演じた。

四日市は、100mで今シーズン世界最高となる9秒80を記録するも、強化合宿中に右足の痛みを訴え緊急帰国。検査の結果、膝の滑膜肉腫ステージ3だと判明した。

医療AIが導いた治療法は人工関節への置換で、それではアスリートとしての復帰は難しく、四日市は一度は手術を拒否。未知子は自家培養した軟骨組織を欠損箇所に移植することで、四日市の命を救ったばかりでなく選手生命も守りきった。

手術後、潮(ユースケ・サンタマリア)に「手術は成功しました」と告げられ、「僕は走れるようになるんですね」と安堵の笑顔を浮かべた四日市。「ありがとうございました。僕は必ず復活します。金メダルも」と手を差し出し、未知子とガッチリ握手を交わした。

■ 「成長スピードが半端ない!!」

四日市役の岡田は、福岡県出身の20歳。2018年10月期のドラマ「中学聖日記」(TBS系)にオーディションを経て大抜擢され、俳優デビュー。同作で「第99回ドラマアカデミー賞助演男優賞」を受賞した大型新人だ。

注目を浴びたドラマ初出演から1年。一つひとつの経験を糧に急成長し、現在はAbemaTVオリジナルドラマ「フォローされたら終わり」で初めての連ドラ主演を務めている。

ドクターX」出演にあたり、「そうそうたるキャストの方々がいらっしゃり、その中に飛び込めるというだけでもワクワクしました」と気合十分で臨んだ岡田。撮影後、主演の米倉からも「“目ヂカラ”がすごかった。お芝居の中で握手をしたんですけど、いい意味で最近の若者にはない“圧力”を感じました!」と太鼓判を押されるほどの存在感を発揮し、大ヒットシリーズの同作にしっかりと爪痕を残した。

陸上に命を懸ける四日市に、視聴者からも反響が続々。SNSでは、「大門先生に負けないものすごい目ヂカラだった!」「この存在感。やはりタダモノではない!!」といった賞賛の声多数。

そして、「中学聖日記」から岡田の成長を見守るファンからは「握手シーン、岡田くん自身とダブって胸熱…!」「成長スピードが半端ない!!」「作品のたびに演技がレベルアップしている気がして流石の一言」と、その活躍ぶりに感慨の声も上がっている。

■ 「ドクターX」第5話あらすじ

ドクターX」第5話は11月14日に放送する。

病院長・蛭間重勝(西田敏行)が看護師たちの意識向上のため開いた講演会に日本看護師連合会名誉会長の三原雅恵(岩下志麻)が招かれ、「東帝大学病院」を訪れる。

雅恵は病院ロビーで未知子と再会。雅恵の孫はかつて未知子の手術で命を救われており、孫が今も元気にしていること、無事ひ孫も生まれたことを報告する。

その矢先、雅恵が自宅で倒れて「東帝大学病院」に救急搬送される。なんとしてでも雅恵を根治させろと命じる蛭間だったが、なぜか雅恵は検査も治療も拒否。困り果てた看護師長の白洲民枝(山下容莉枝)は「孫のことで恩がある大門先生の言うことなら聞くのではないか」と考え、未知子に説得を依頼する。(ザテレビジョン

「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」4話場面写真 (C)テレビ朝日