CLレッドスター戦で2ゴールエバートンMFゴメスに向け謝罪 「一流の姿勢を示した」

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは現地時間6日、UEFAグループステージ第4節のレッドスター戦で2ゴールを奪い、4-0の快勝に貢献した。ソン・フンミンも2ゴールを奪う活躍を見せたが、ゴールネットを揺らした際、重傷を負わせたエバートンポルトガル代表MFアンドレゴメスに向けて示した謝罪ジェスチャーに対し、「この男を嫌いになれない」「一流の姿勢を示した」と反響が拡大している。

 敵地に乗り込んだトットナムは前半34分、MFジオバニ・ロ・チェルソが混戦の中から先制点を奪うと、1-0で迎えた後半12分、ソン・フンミンがペナルティーエリア内で左足を振り抜きゴール上に突き刺し、追加点を奪った。チームメートは笑顔で駆け寄る一方、ソン・フンミンはゴール裏のカメラに向け、神妙な面持ちで両手を合わせ、謝罪の意を示した。

 ソン・フンミンが謝罪を送った相手は、自らのタックルが発端となり重傷を負うことになったゴメスだ。3日に行われたプレミアリーグ第11節エバートン戦(1-1)で、ソン・フンミンは後方から危険なスライディンタックルゴメスに見舞い、一発退場となっていた。タックルを受けたゴメスは勢いあまってカバーに来ていたトットナムのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエと衝突すると、そのままピッチに倒れ込む。

右足首が不自然な方向に曲がる脱臼骨折で、退場処分を受けたソン・フンミンはショックで涙を流しながらピッチを去っていた。あまりに気が動転していたため、精神的ダメージによってレッドスター戦の欠場の可能性も取り沙汰されていたが、最終的には先発出場。2ゴールを奪う活躍を披露したソン・フンミンだが、ゴール後の歓喜を控えた謝罪ジェスチャーに海外で反響が拡大している。

 英メディアスポーツバイブル」は「ソン・フンミンはゴールの祝福を拒否し、代わりにゴメスへ謝罪」と見出しを打ち、公式インスタグラムでも「とても心に響いた。この男を嫌いになれない」と投稿している。また、英メディア「GIVE ME SPORT」は公式フェイスブックで、「この韓国人にとってはタフな1週間となったが、彼は一流の姿勢を示した」と取り上げている。ゴメスに対する危険タックルは反省すべき点だが、その後の振る舞いではしっかりと誠意を示していた。(Football ZONE web編集部)

2ゴールをマークしたトットナムFWソン・フンミン【写真:Getty Images】