11月8日(金)に映画「ターミネーターニューフェイト」が公開される。

【写真を見る】「ターミネーター:ニュー・フェイト」のポスター。それぞれの信念を強く感じる表情が印象的

ターミネーターシリーズは34年前に第1作が公開されて以降、注目を集め続けているSFアクション。1作目で監督や脚本を務めたジェームズ・キャメロンが製作を、映画「デッドプール」(2016年)でメガホンを取ったティムミラーが監督を務める本作は、「ターミネーター2」(1991年)の正統な続編となる。

今回は、人類の命運を握る女性ダニー(ナタリア・レイエス)を守る謎の戦士・グレース(マッケンジー・デイビス)と、凶悪に進化を遂げた最新型ターミネーターREV-9(ガブリエル・ルナ)との攻防、さらに彼らの前にサラ・コナー(リンダハミルトン)とT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)が現れ、人類と地球の未来をかけた壮絶な戦いが描かれる。

今回、ザテレビジョンでは映画のプロモーションのため来日したアーノルド・シュワルツェネッガーリンダハミルトンに直撃取材!自身が演じたキャラクターの魅力、さらに久々の共演となるお互いについて語ってもらった。

■ 私から提案したのは「極端な方向に持って行くこと」(シュワルツェネッガー)

――待望の続編となる本作はスケールアクション、さらにキャラクターレベルアップしていたように感じます。本作で、皆さんが演じたキャラクターの魅力を改めて教えてください。

リンダ:今作のサラ・コナーは辛い経験をし、自分の使命がなくなったということで自分の“故郷”がなくなり、怒りも喪失感も大きくなっています。でも、全てを失ってしまった彼女は人類をそれほど愛していないので彼女も自身もどうしたらいいかと途方に暮れている状態なんです。そういう意味で、今までとは全く違うサラ・コナーになっていると思います。

シュワルツェネッガー:今回、キャメロンが開発していったキャラクターもといそのストーリー自体が大変素晴らしいものでした。私はT-800という機械を演じていますが、一作目ではサラ・コナーを殺すために追い、邪魔になる者はすべて殺していくという殺りくマシーンでした。「ターミネーター2」では、プログラミングが異なる機械になり、守る側になりました。

今作はまた「ターミネーター2」とは異なる形で、半分機械でありながら半分人間。「どこまでが機械でどこまでが人間なのか」。そこが、演じるにあたってとても興味深いところでした。今までは肉体的な部分が半分機械、半分人間でしたが今回は頭の部分も半々。感情を理解していく中でユーモアを理解し、人間の行動を理解していく。その進化の部分が演じていてとても楽しかったです。

キャメロンとこの企画の話をしている時に、私から提案したのは「極端な方向に持って行く」ということ。今までT-800はとてもパワフルな機械でしたが、今回はフェミニンなところを出そうということになったので、内装を手がけるインテリアデコレーターになりました(笑)

■ 自分じゃない自分を見るのは奇妙だった(シュワルツェネッガー)

――若き頃のサラ・コナーT-800のシーンもありましたが、そのシーンを見た感想を教えてください。

リンダ:私の体に合った代役の方がやってくれてそれに、CGIをかけたので私は全く関わっていません。でも、他の人がサラ・コナーをやっているのを見て「もっと獰猛に、もっと激しくやってほしい!」と思うんだけれど、そうはやってはくれない。「こうやってサラ・コナーになるのよ!」と、教えることもできない。それを見ているのは本当につらくて、私は家で目を腫らして泣きました。

シュワルツェネッガー:私の場合は、そのシーンにいる予定だったんですが手術のため入院中だったので、実際にあの場面を見ることはできなかったんです。先ほどリンダが言っていたように、自分じゃない自分を見るというのは奇妙でした。自分だったらこういう風に動くんじゃないかとか色んなことを思いましたが、自分ではコントロールできませんでした。

■ お互い本当に心地良く臨むことができました(シュワルツェネッガー)

――サラ・コナーとT800が再び同じスクリーンに登場することは、多くのファンが待ち望んでいたことだと思います。本作で久々に再会した瞬間の気持ちを教えてください。

リンダ:安心しました。それは、35年にわたる友情があったからだと思うんですけど、奇妙な感じがしなかったんです。すごくいい気分で、自然でした。今回特にサラは非常に辛い立場なのですが、2人が再会するシーンが一番最初に撮影したシーンだったんです。いきなり大変なシーンだったのですが、完璧に、そして自然にできたと思います。

シュワルツェネッガー:リンダが言った通り、私たちの最初のシーンが出会いのシーンだったんです。まるで、自分たちはターミネーターの仕事をずっとやり続けてきたのではないかと思うくらい、お互い本当に心地良く臨むことが出来ました。それは35年前から組んでいたということからだと思います。お互い敬意を持ち、思いやりを持ち、助け合うことができたのも最高でした。

取材中も常に笑顔でインタビューに応じてくれたシュワルツェネッガーとリンダ。シュワルツェネッガーが質問に答える際、少し間が空くとすかさずリンダが「寝ていたみたい(笑)」と突っ込みを入れ、シュワルツェネッガーも思わず照れ笑いするなど、微笑ましいやり取りが。

35年にわたる2人の信頼関係が、本作にどのように影響しているのか注目が集まる。(ザテレビジョン

映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」に出演したアーノルド・シュワルツェネッガー&リンダ・ハミルトンに直撃インタビュー!