テレビアニメ警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-」第6話の先行カットあらすじが到着しました。

第6話「六分間の死闘」より

<第6話「六分間の死闘」あらすじ>桐生院の命令により四季彩たちが駆け付けるが、妨害電波のせいで地下にいる二条とは連絡がとれない。一刻を争うため、一ノ瀬はこのメンバーでの人質救出を判断する。圧倒的に不利な状況ではあるが、一ノ瀬テロリストのほとんどが一般人に近い素人同然の者たちの集まりであることに気づき、ある作戦を立てる。それは意外性があるものの、かなりエキセントリックなもので…。七月たちは人質を無事救出できるのか…!?

第6話「六分間の死闘」は、11月10日(日)21時からのAT-Xを皮切りに、TOKYO MXサンテレビテレビ愛知BSフジで放送。dアニメストア11月10日(日)21時30分から地上波先行・独占先行配信されます。

本作は、警察のはぐれもの集団が集められた「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課――通称トクナナ」のメンバーたちと、現在の世界を壊そうと凶悪犯罪事件を起こす組織「ナイン」との戦いを描いたオリジナルアニメ。総監督に『アンゴルモア元寇合戦記』監督の栗山貴行さん、監督に『美少女戦士セーラームーンシリーズ』の演出を務めた小坂春女さん、シリーズ構成に『Fate/Apocrypha』の東出祐一郎さんら、個性際立つクリエイターたちが集結して制作されます。(WebNewtype

第6話「六分間の死闘」より