みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。最近、朝と夜の寒暖差が厳しくなりましたね。まわりでも体調を崩している人をチラホラ見かけるようになりました。ちょっと体調を崩したという程度だと、病院には行かずに市販薬を飲んで治すという人も多いかもしれませんが、もし、市販薬の購入費用が年間1万2000円を超えている場合、税金が安くなる可能性があります。今回は、2017年1月から導入された「セルフメディケーション税制」についてお話します。

⬛︎ 2017年1月からスタート!セルフメディケーション税制とは

1年間に支払った医療費が10万円を超えると適用になる「医療費控除」は認知度が高い制度ですが、2017年1月から導入された「セルフメディケーション税制」を知っているという人は意外に少ないのではないでしょうか?

セルフメディケーション制度とは、ざっくりいうと日頃から健康増進、病気予防に努め、ちょっとした病気であれば病院に行かず、市販薬を服用して、自分自身で治療をする場合には、税金面で優遇しますよという制度。

具体的には、日頃から健康増進、病気予防に取り組んでいる人(生計を一にする家族の分も合算できる)が 2017年1月1日から 2021年12月31日までの間に対象となる市販薬を購入し、1年間に支払った金額が1万2000円を超える時は、その超える部分の金額(最高8万8000円まで)について所得税が一部還付され、翌年の住民税が減税されます。

式で表すと以下になります。

 「控除額(最大88000円)=医薬品代金—12000円」

■セルフメディケーションの対象となる市販薬は?

市販薬の購入費用が年間1万2000超えと聞くと、ハードルが低いように感じますが、セルフメディケーション税制を利用できるのは、購入した市販薬が制度の対象となっている場合です。

制度の対象となる市販薬は、薬局やドラッグストアで購入できる医療用成分が配合された市販薬で「スイッチOTC」と呼ばれているものになります。スイッチOTCとは、従来は医師の処方箋が必要だった医療用医薬品の中から、薬局で購入できるよう、一般用医薬品に転用されたものです。

テレビコマーシャルでおなじみの胃腸薬ガスター10」、鎮痛剤の「ロキソニンS」、抗アレルギー薬の「エスタックイブ」、花粉治療薬「アレグラ」などが該当します。いずれも副作用が少なく、使用実績があるものです。

対象商品については、厚生労働省のHPに記載されていますので確認してくださいねhttps://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000546933.pdf

■セルフメディケーション税制を使うといくら税金が安くなるの?

では、この制度を利用するとどれくらい税金が安くなるのでしょうか?

例えば、年収300万円シングル女子が1年間で市販薬を40000円購入したという場合を見てみましょう。

年収300万円シングルの場合、年収から基礎控除や社会保険料控除、生命保険料控除などの「所得控除」を差し引いたあとの課税所得(所得税が計算される所得)は195万円以下の場合が多いので、所得税の税率は5%。住民税の税率は所得にかかわらず一律10%です。

計算式は以下なので、これに当てはめると……

「控除額(最大88000円)=医薬品代金—12000円」

控除額=4万円-1万2000円 つまり、2万8000円となります。

減税額を見てみると、

所得税1400円の減税効果(2万8000円×5%)

住民税:2800円の減税効果(2万8000円×10%)

となり、所得税、住民税合計で4200円減税になります。

飲み会1回分くらいにはなりそうですね!

ただし、気をつけたいのが、医療費控除とセルフメディケーション税制との併用はできないということ。医療費控除もセルフメディケーション税制も確定申告をする必要がありますが、スイッチOTC薬を従来の医療費控除で申告するか、セフルメディケーション税制で申告するか、どちらかを活用するかは自分で選ぶことになります。申告をする際には、購入した薬のレシートが必要になりますので、捨てないようにしましょう。

さらに、セルフメディケーション税制を受けるには、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診など、日頃より健康増進や病気予防に取り組んでいることが条件になります。ですから、これらの検診を受けた時の領収書や結果表が必要になります。こちらも合わせて保管しておきましょう。

自分でドラッグストアなどでお薬を購入した際は、レシートをとっておくことをオススメします。

賢人のまとめ

市販薬を年間1万2000円超えて購入しているという人は、セルフメディケーション税制を活用しましょう。家族がいる人は家族の分も合算できます。ただし、セルフメディケーション税制を受けるには、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診など、日頃より健康増進や病気予防に取り組んでいることが条件になります。検診を受けた場合は、領収書や結果表を捨てないようにしましょう。

プロフィール

マネーの賢人 高山一惠

ファイナンシャルプランナー(CFP)/(株)MoneyYou取締役2005年女性向けFPオフィス株式会社エフピーウーマンを創業、10年間取締役を務め退任。その後、株式会社MoneyYou取締役へ就任。お金の総合相談サイト『FP Cafe』や女性向けマネーメディアMocha」を運営。全国で講演活動、多くのメディアで執筆活動、相談業務を行ない、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書は『やってみたらこんなにおトク!税制優遇のおいしいいただき方』(きんざい)、『つみたてNISAでお金は勝手に増えていく!』(河出書房新社)、『パートナーに左右されない自分軸足マネープラン』(日本法令)など多数。株式会社Money&Youhttps://moneyandyou.jp/ FP Cafe:https://fpcafe.jp/ Mocha:https://fpcafe.jp/mocha   マネラジ。:https://fpcafe.jp/mocha/features/radio     Money&You TV:https://fpcafe.jp/mocha/features/mytv

関連画像