人気YouTubeチャンネル「キットチャンネル」を運営する「元女子ユーチューバー」の英翔さんが、今月6日に「僕が性別を変えた本当の理由」という動画を投稿。

インパクトのあるサムネイルと動画内で語られたショッキングな出来事に、「考えさせられる」という声が相次いでいる。

■「元女子」のユーチューバー

「キットチャンネル」の英翔さんと相方の奏太さんは、生まれ持った体の性と、心の性が一致しない性同一性障害トランスジェンダー)であることを公表。

「元女子ユーチューバー」として、LGBTQを取り巻く問題や、性適合手術に関することなど、自身の経験を元にした動画を配信している。

関連記事:人気ユーチューバー、驚愕のパソコン環境を公開 「よくもちましたね…」

■LGBTQを良く思っていない知人

バズるために性転換しました」という衝撃的なサムネイルが設定された今回の動画。当然ながら、英翔さんは動画をバズらせるために性別を変えたわけではない。あえてこのサムネイルにしたのには、あるショッキングな出来事があったためだ。

それは英翔さんが、友人から誘われ、飲み会に参加したときのこと。そこで顔見知りだったAさんと再会したのだが、その人はかねてよりLGBTQのことをあまり良く思っておらず、一緒に参加したチャンネルスタッフが「キットチャンネルってことは、どうせLGBTでしょ?」と言われてしまったという。

■Aさんから「信じられない一言」

その後、人気ユーチューバーである英翔さんは、飲み会参加者から様々な質問を受けることに。その中で、1人の女性から「バズるためにはどうしたら良いですか?」との質問が。

英翔さんが答えようとしたとろ、Aさんが会話に割って入り「性転換したらバズるんじゃない?」と言い放ったというのだ。耳を疑うような言葉に、動画撮影の場でこの出来事を初めて知った奏太さんも、思わず絶句してしまう。

■苦悩の日々から「やっと男になれた」

英翔さんは改めて「僕たちって、当たり前だけどバズらせるために性転換しているわけじゃない」と訴え、「生まれたときは女性で、性別に違和感を感じて人生に絶望していた」と過去の苦悩を告白していく。

性別違和について自分なりに調べて、自分たちでお金を貯めて…」「すごい色んな思いがあって、やっと男になれた」と、当事者でなければ分からない様々な苦悩や葛藤があったことを明かす。

そして「やっとの思いで手術をした人に対して、冗談半分で『性転換すればバズる』と言える感覚、人としてありえない」と訴えた。

■視聴者にも衝撃広がる

英翔さんと奏太さんのような性同一性障害の人々をはじめ、LGBTQに対して、世界的に理解が広まってきている。

そんな中でのAさんのあまりにも酷い一言に、多くの視聴者も衝撃を受けたよう。動画のコメント欄には「神経疑う…本当にびっくりしました。まだそんな人いるんですね…なんかすごくがっかりしました」といったコメントが多数寄せられている。

また「サムネ詐欺っちゃ詐欺だけど、これは最後までみるべき…本当にAさんみたいな人がこの日本にはたくさんいる…」と、動画の中で自らの思いを告白した英翔さんを称賛する声も目立つ。

この出来事を動画にするべきか、とても悩んだという英翔さん。動画内では、記事では触れていない英翔さんの葛藤や、Aさんとのその後について語られている。

・合わせて読みたい→人気ユーチューバー、収入をグラフ化し公開 「まさかの金額」に驚愕

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

「バズるために性転換しました」 人気ユーチューバーの告白に騒然