東海エリア発のオリジナルアニメ「シキザクラ」が、2021年に"開花(放送)"予定であると発表されました。「シキザクラ」は、ナゴヤを舞台とした近未来SFバトルアクション作品です。物語の舞台はもちろん、製作スタッフキャストアーティストにいたるまでもが東海エリアの出身者が中心となっているのが特徴で、各キャラクターを演じるのは、名古屋の声優プロダクション「TYK Promotion」のオーディションで「ナゴヤセイユウ」となった新人声優陣となっています。さらに、主題歌アーティスト名古屋出身のシンガー亜咲花さんに決定しました。

アニメ「シキザクラ」先行カット

発表されたティザービジュアルでは、主人公の三輪翔と、古代の秘術と最新技術の結晶であるパワードスーツ「ヨロイ」に身を包むイバラの姿が対称的に描かれています。また、本発表と同時にティザーPVも解禁され、「ナゴヤセイユウ」たちが演じる各キャラクターボイスも確認できます。

■三輪翔(ミワカケル)/愛知出身

ヒーローに憧れる高校生。困った人は見過ごせないが、実力が伴わず空回りしがち。周りからは何も考えてないと思われているが、翔の中では理不尽な運命に対する怒りが熱く燃えている。オニとの戦いに巻き込まれたことで本物の『ヒーロー』となる決意をする。

■明神逢花(ミョウジンオウカ)/愛知出身

代々シキザクラの儀式を行ってきた巫女一族の少女。オニを異界へと送りかえす力を持っている。いつも穏やかで滅多に激しい感情を見せないが、巫女の役割を果たす際は、別の表情を見せる。超・箱入り娘なので世事に疎く、世間一般と常識がズレているため、周りを振り回すこともしばしば。今は頑張ってスマホを勉強中。

■服部涼(ハットリリョウ)/三重出身

代々、巫女の一族を守護してきた『シノビ』一族の末裔。今も逢花のボディガードを任じており、日々、剣術や様々な体術の鍛錬を怠らない。性格はいたってドライ。冷静沈着な現実主義者だが、オニに対しては感情的になる一面もある。逢花を守り、オニを征伐する頼れるリーダー

■成瀬楓(ナルセカエデ)/岐阜出身

元・陸上部(走り高跳び)の体育会系女子。部活で培った身体的能力でオニと渡り合う。普段はガサツで傍若無人にふるまってはいるが、乙女な心も持っている。春子とは幼なじみ大親友だったが、今は少し距離ができてしまった。怒ると岐阜弁になる。どれだけ食べても太らないのが自慢。

■山田春子(ヤマダハルコ)/岐阜出身

自称、ふつうの女子高生おっとりマイペースで自己主張が苦手なので、幼い頃からいつも幼なじみの楓に守ってもらっていた。楓の役に立ちたくて、同じ陸上部のマネージャーになり、今も楓を支えようとしている。動物好きで、中でもコアラがお気に入り。

■永津吉平(ナガツキッペイ)/愛知出身

幼い頃から翔と兄弟同然に育った翔の親友。オカルト、特撮、アニメなど、サブカルチャー全般を愛している。どれも初めは翔が興味を持ったところ、一緒に調べていたら吉平の方がドハマりしてしまったもの。高校デビューでモテようと頑張っているが、いまいち成功していない。

■イバラ

古の時代、日本中で暴れ回り悪名を轟かせたオニだったが、当時の巫女によって『宝玉』に封印されたあげく、様々な経緯で『ヨロイ』となった。長い年月の間に大半の記憶は失われたが、怒りと破壊衝動だけが残っている。

主題歌アーティスト亜咲花さんのコメント

この度「シキザクラ」の主題歌を歌わせていただくことになりました、アニソンシンガー亜咲花です! アニメの舞台が私の地元でもある名古屋も含まれている"東海エリア"ということで、今回主題歌を歌わせていただけて非常に嬉しく思います。「シキサグラ」と一緒に東海エリアの魅力を日本中に伝えていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。(WebNewtype

オリジナルアニメ「シキザクラ」第1弾キービジュアル