10月26日(土)・27日(日)に東京・池袋東口エリアで開催され、12万3000人(コスプレ参加者は2万1000人)が来場した「池袋ハロウィンコスプレフェス2019(略称:池ハロ)」。同イベントを取材し、撮影させてもらったコスプレ美女たちの写真を、連載形式で一挙に紹介しましょう。

「TYPE-MOON RACING」のネロ・クラウディウスに扮する うおぶちさしみさん

連載第2弾となるこちらの記事では、バーチャルYouTuber(略称:VTuber)やボーカロイドに加え、企業のイメージキャラクターなどに扮したコスプレイヤーを多めにピックアップ

VTuberコスプレでは、キズナアイ輝夜月といったお馴染みのキャラクターに加え、VTuberユニットHoney Strap -ハニーストラップ-”のメンバーである周防パトラ西園寺メアリに扮するレイヤーも参戦。彼女たちを撮影しようと大勢のカメラマンが駆けつけ、各所に長蛇の列ができていました。

また、初音ミク巡音ルカをはじめとしたボーカロイドや、ゲームメーカーニトロプラス」のイメージキャラクターすーぱーそに子も人気で、さまざまなバージョンの衣装を着た美女たちが集結。なかには、別バージョン衣装の初音ミク同士で集まり、“併せ”を楽しんでいたグループもいました。

これらのキャラクター以外にも、「Fate/Apocrypha」や「Fate/Grand Order」をはじめとした「Fateシリーズや、「BanG Dream!」「GANTZ」のヒロイン、さらには映画「スーサイドスクワット」に登場するハーレイ・クインのコスプレで参加していたレイヤーもいて、それぞれが思う存分、年に一度のハロウィンイベントを満喫している姿が印象的でした。

大盛況のうちに終了した「池ハロ」に続き、コスプレが楽しめる大型イベントとしては、年末に「コミックマーケット97」(12月28日~31日・東京ビッグサイトにて開催)が控えています。こちらの記事でコスプレに興味を持たれた方は、年末、ビッグサイトに足を運んで、その熱気を直に体験してみてはいかがでしょう。(WebNewtype・取材・文=ソムタム田井)

すーぱーそに子に扮する陽葵まおさん