ヒット映画『ハリー・ポッターシリーズセドリック役や、『トワイライトシリーズエドワードを演じてブレイクしたロバートパティンソン。そんな彼がバットマンを演じる、マット・リーヴス監督(『猿の惑星:新世紀(ライジング)』)によるDC新作映画『The Batman(原題)』の悪役ペンギン役が決まりそうだ。米Hollywood Reporterなどが報じている。

今回ペンギン役の交渉が進んでいると言われているのは、米HBOの人気ドラマTRUE DETECTIVE/ロサンゼルス』のレイ・ヴェルコロ役や、『ファンタスティック・ビースト魔法使いの旅』でパーシバルグレイブスを演じるコリン・ファレル。またバットマンに使える執事アルフレッド・ペニーワース役に、『スター・ウォーズシリーズの最高指導者スノーク役や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『ブラックパンサー』のユリシーズ・クロウ役などのアンディ・サーキスも交渉中と伝えられている。

2021年に公開予定の『The Batman』では、キャットウーマン役に人気シンガーであるレニー・クラヴィッツの娘で、『ビッグリトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~』のボニー役や、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のリタ役で知られるゾーイ・クラヴィッツ。悪役リドラー役には、『オクジャ/okja』のジェイ役や『それでも夜は明ける』のジョン役などで知られるポール・ダノ、ジェームズ・ゴードン刑事役に『007シリーズフェリックス役や『ウエストワールド』のバーナード役のジェフリー・ライトが決定している。

ロバートが起用されることが決まったバットマン役はこれまで、2016年の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』以降、『スーサイド・スクワッド』『ジャスティス・リーグ』と3作続けてベン・アフレックが、バットマンブルースウェインを演じてきた。しかし今年2月、ベンが突如バットマン役から卒業することを発表した。

コリンは最近、『チャーリーチョコレート工場』『シザーハンズ』といった独特のファンタジー作品を創ってきたティム・バートンと初めてタッグを組んだ『ダンボ』に出演。偶然だろうが、同作でマックスメディチを演じたダニー・デヴィートが、1992年に公開されたバートン監督の『バットマン リターンズ』で、印象的なペンギンを演じていた。もしコリンがペンギン役に決まったら、『ダンボ』には新旧のペンギンが共演していたことになる。ちなみに、同作には『バットマン リターンズ』でバットマンを演じたマイケル・キートンも出演している。

近年は映画のみならず、ドラマ界でも活躍するコリン。もし今回の話が決まったら、どのようなペンギンを見せてくれるのか気になるところだ。(海外ドラマNAVI

Photo:

コリン・ファレル(c)JW/Famous