eye-3221498_640_e_e

Image by Aline Berry from Pixabay

 「目は心の窓(鏡)」ということわざがある。目はその人の心をそのままに映し出す窓(鏡)であり、目を見ればその人の本心がわかるという意味だ。

 そして実際に、光に対する反応に関して言えばそれは確かであるようだ。

 人間の瞳は、ただ心の中で想像するだけで、明るいものを見なくても、その大きさが変化するのだという。この事実は、人間が明るさの変化を予測して対応できるようになっている可能性があるという。

―あわせて読みたい―

顔写真の瞳に写る真実。瞳孔を拡大することでその時一緒にいた人物をほぼ特定できることが判明(英研究)
目は口ほどにものを言う。細長い目は狩るもの、丸い目はかられるものの証(米研究)
目からレーザー照射ができるコンタクトレンズが開発される(スコットランド研究)
イカの目と人間の足を作りだす遺伝子が一緒だった件(米研究)

明るさを想像するだけで瞳孔が変化することを確認

 暗い場所に行くと、瞳孔はもっと光を取り込もうとして大きく広がる。反対に明るい場所に行けば、光を絞るために小さく縮まる。これはよく知られた事実だ。

 英オックスフォード大学のナヒード・ゾカエイ博士らは一歩進んで、明るいものを想像してみるだけで瞳孔の大きさが変わったりすることはないか確かめてみることにした。

 実験では、22名の男女に、特定の音とセットになった暗い点と明るい点を見てもらうという実験を行った。しばらくすると点が消えるので、今度は参加者に鳴った音に対応する点を想像してもらう。

 すると、暗い点を想像したときは瞳が広がり、明るい点を想像したときは縮むことが確認された。これは実際に暗い物体や明るい物体を見つめたときとまったく同じ反応だ。

eye-1109851_640_e_e

Image by Pezibear from Pixabay

人間は明るさの変化を予測している?


 このことはどうでもいいような些細な現象に思えるかもしれない。

 しかし同じような研究をしたことがあるオランダフローニンゲン大学のセバスティアン・マト氏によると、このおかげで明るさの変化を予測して対応できるようになっているのかもしれないそうだ。

 たとえば部屋の電気を消そうとする際、瞳はそれを予測して事前に大きくなっているのかもしれない。こうすることでスムーズに明るさの変化に対応することができるというわけだ。

 ということはだ。よくありがちな真っ暗な場所から明るい場所に行くと一瞬見えなくなるあの現象も、事前に明るくなることを想像していれば、突然の明るさに対応できるってことになるのかな?ちょっと実験してみよう、そうしよう。

 この研究論文は、『米国科学アカデミー紀要』に掲載された。

References:Just thinking about bright objects changes the size of your pupils | New Scientist/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52284186.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

人生最悪の記憶を本のページをめくるように消し去る薬剤の開発に取り組んでいる研究者たち(カナダ)
偽警官、本物の警官の見ている前で逃走中の車を追いかけ犯人を拘束。だがその後本物に逮捕される(アメリカ)
「眠れる森の美女症候群」に苦しむ少女と母親の物語。最長で2ヶ月間も眠り続ける(コロンビア)
被災者と消防士の胃袋を救うため、一流シェフがタッグを組んだ。無償のおいしい料理を提供(アメリカ)
楽しいと感じる音楽には予測性と意外なサプライズがあることが判明(イギリス・カナダ共同研究)

―知るの紹介記事―

宇宙の形は巨大風船のように湾曲し、ループしているという新説が登場(英・伊共同研究)
銃弾で撃たれても砕けない、ゴムのようなコンクリートが開発される(ロシア研究)
日本独特のユニークさって何?海外旅行者が投稿した22枚の写真
動物でも光合成ができる可能性が。血管に藻類を注入することで細胞に酸素を供給できることが判明(ドイツ研究)
「魔法使いの岩」と名付けられたアリゾナの巨岩、魔法のように消え、魔法のように現れるミステリー(アメリカ)
実際に見なくてもいい。人は明るいものを想像するだけで瞳孔の大きさが変化する(英研究)