テレビアニメゲゲゲの鬼太郎」第80話の先行カットが公開されました。

第80話「陰摩羅鬼の罠」より

<第80話「陰摩羅鬼の罠」あらすじ>まなの周囲では人間が皺だらけになり、意識を失う奇病が流行り始めていた。そうした中で、彼女は同級生の努の様子がおかしいことに気付く。しかし本人は、放っておいてくれの一点張りだった。まなは心配して彼のマンションに向かう。しかし、努の部屋からこちらを鋭く見つめる母親に恐れをなして逃げてしまうのだった。その夜まなは、鬼太郎に努と彼の母親の様子がおかしいことを相談する。例の奇病との関連を疑う鬼太郎ねこ娘と共に努の部屋を訪れる。そこで彼らが見たものとは、そして奇病の正体とは…!?

第80話「陰摩羅鬼の罠」は、11月10日(日)9:00からフジテレビ他で放送されます。

1968年の初放送から50周年のアニバーサリーイヤーを迎えた「ゲゲゲの鬼太郎」。第6期の舞台は、21世紀に入ってから20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れてしまった現代。科学では解明できない現象が頻発して大人たちが右往左往する中、そんな状況を何とかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まな。彼女の前に、カランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎が現れます。(WebNewtype

第80話「陰摩羅鬼の罠」より