cover_e8


 毎週ゴミの日になると、ゴミ収集員の男性が88歳のおばあさんと手をつなぎながら、ゴミ箱をおばあさんの自宅まで一緒に戻しに来る。最後に2人はやさしくハグをかわし、男性は笑顔で仕事へと戻っていく。

 とても心温まる光景がおばあさんの自宅玄関に設置された防犯カメラにとらえられていた。

 アメリカではひどい事件もたくさんあるが、基本的には困っている人を助けるという文化が根付いている。助けられた人はまた別の誰かが困っている時に助けようとする。思いやりの輪は決して失われていない。

 大きなゴミ箱を運んでいる高齢者を助けてあげようとする人はたくさんいるだろう。でも彼はおばあさんと手をつなぎ、導くようにして運んでいたのだ。

 それにはこんな事情があった。

―あわせて読みたい―

「無駄な親切(やさしさ)などない。」心からの親切が命を救った10のストーリー
世の中まだ捨てたもんじゃない。「見知らぬ他人からどんな親切を受けたことある?」のツイートにレスポンスの嵐
車椅子に乗った脚が不自由な男性、危険を顧みず雨水管から子猫を救い出す(マレーシア)
盲目のシカに付き添う少年。その親切な行いに触れた地域住民たちもまた、優しかった(アメリカ)
高齢者や障碍者のために無料で配管修理をする男性。世界中から善意の寄付が集まる(イギリス)


きっかけは玄関先で転倒したおばあさんを助けたこと

 今年1月、ミズーリ州カンザスシティのインディペンデンスに住むオパール・ズッカさん(88歳)は、ゴミの日にゴミ箱を自宅玄関先から車道へ引っ張り出した後、再び自宅まで戻そうとした際に転倒し、酷い怪我を負った。

 その時、ズッカさんを助け起こし、救急車が到着するまで一緒にいてくれたのが、ゴミ収集員になって4年経つビリーシェルビーさん(50歳)だった。

 シェルビーさんは、自分の祖母のような年齢のズッカさんが、寒い中ひとりで救急車を待つのは心もとないだろうと思い、仕事を中断してまでズッカさんのそばでずっと励ましていた。

 そしてそれ以降、毎週ゴミの日になるとシェルビーさんは、ズッカさんが転倒しないように、おばあさんの手を引きながら、ゴミ箱を戻すのを手伝うようになったのだ。

man2_e


仲良く手を繋いで歩く2人の姿が防犯カメラに


 シェルビーさんは、毎週ゴミ出しに来たズッカさんと手を繋いで、ズッカさんの自宅前までゆっくりと歩いてゴミ箱を戻す。ズッカさんが怪我をした直後からずっと繰り返し続けて来た。

 ズッカさんは、親切なシェルビーさんが週1で姿を見せるのを楽しみにするようになった。またシェルビーさんもズッカさんとたわいない言葉を交わすことを毎週楽しみにしていた。

 次第に、友情を築くようになった2人の姿は、ある日の防犯カメラに捉えられており、その映像を見たズッカさんの娘コレットキングストンさんはとても感動した。

 映像の中では、ズッカさんの手を繋いだシェルビーさんが、いつものようにズッカさんのゴミ箱を玄関先に戻す姿が収められており、更にシェルビーさんはズッカさんのヘアスタイルを褒め、「自分もそろそろ美容院に行かなきゃ」とジョークを飛ばし笑っている。

man3_e


画面から2人の絆


 何気ない会話だが、毎週必ず一緒にゴミ箱運びを続けてくれるシェルビーさんは、ズッカさんに笑顔も運んできてくれるようだ。

 2人は最後にハグをして、シェルビーさんは「今週も会えてよかったよ。またね」と言って手を振って仕事に戻る。

man4_e


 わずかな時間ではあっても2人の間には優しい時が流れている。それに気付いたコレットさんは、フェイスブックでその映像をシェアし、次のように綴った。

アメリカでは、とても小さな親切かもしれませんが、この映像を見た時思わず涙ぐみました。

私たち家族にとっては高齢の母を気にかけてくれる人が身近にいるというだけで、大きな安堵を感じています。いつも本当にありがとう

やさしさは連鎖する

 コレットさんがシェアした映像は拡散し、地元メディアでも注目を浴びた。

 シェルビーさんは、テレビを母親と見ていた時に初めて自分が話題になっていることに気付き、驚いたという。

テレビで流れている映像をみて「なんかこれ、自分みたい」と母と話していて、よくよく見たら「これやっぱり自分じゃないか!」って声を上げてしまいました。

 その後、ズッカさんと共にメディアの取材に応えたシェルビーさんは、このように語った。

man1_e


もう二度と、彼女が倒れないようにと気を付けてあげなければと思い、家までゴミ箱を引いて戻る間、話をするようになったんです。

私は、誰かの笑顔を見るのが大好きなだけです。

誰かにやさしくすれば、その誰かがまた他の誰かにやさしくする。巡り巡ってそれは自分へと戻ってくる。そして笑顔は伝染すると私は信じています。


 その言葉通り、シェルビーさんの行いは嬉しい形で戻ってくることになった。

 シェルビーさんが大ファンだというフットボールチームの元選手がこの一件を知り、シェルビーさんに間もなく行われるチームの試合のチケットをプレゼントしてくれたのだ。

man5_e


 シェルビーさんのやさしさは、ズッカさんの家族だけでなく多くの人を幸せな気持ちにしたようで、多くのユーザーからその親切行為を称賛する声や、「心が温かくなった」という声が寄せられている。

 ネット上ではネガティブニュースばかりが目立つので、ギスギスした世の中になっているように見えるが、実際には心あたたまる行いも同じくらいの頻度で起こっているのかもしれない。

 暗い影があるのはそこに光が当たっているからだ。光の方に目を向けられることができるようになれば、光がおのずとあたたかい場所へと導いてくれることだろう。

References:CBS Newsなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52284264.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

実際に見なくてもいい。人は明るいものを想像するだけで瞳孔の大きさが変化する(英研究)
人生最悪の記憶を本のページをめくるように消し去る薬剤の開発に取り組んでいる研究者たち(カナダ)
偽警官、本物の警官の見ている前で逃走中の車を追いかけ犯人を拘束。だがその後本物に逮捕される(アメリカ)
「眠れる森の美女症候群」に苦しむ少女と母親の物語。最長で2ヶ月間も眠り続ける(コロンビア)
被災者と消防士の胃袋を救うため、一流シェフがタッグを組んだ。無償のおいしい料理を提供(アメリカ)

―動画の紹介記事―

ライフハック?猫を使って簡単にゴミ箱の袋をセットする方法
古代エジプトの猫のミイラの中身をCTスキャン、3匹の猫の体の部位が入っていたことが判明(フランス研究)
もう絶対に離れないから!子犬に拾われた野良子猫、あたたかく迎えられて家族になる
釣りにいったら湖の中にネコが!?水中から網で救助されたボブキャット(アメリカ)
やきもち焼きのインコ。ぬいぐるみの鳥とキスしていると唇を横から奪いに来る
おばあさんと仲良く手をつないで、毎週ゴミ箱を運ぶゴミ収集員。それにはこんな事情があった(アメリカ)