[記事提供:国内最大級の婚活パーティー・お見合い・街コン情報サイトParties(パーティーズ)(https://parties.jp/)]

 なぜこのテーマでコラムを書こうと思ったのか。フリーランスライターという仕事をしていると、いろんな人に出会う。

その中で、一生お側に置いてください。と懇願したくなるような相手もいれば、時に「この人とは、この先のお仕事はできないな」と、感じる相手もいる。

もちろん、前者の方が圧倒的に多い。こんな私に優しくしてくれるなんて、神様仏様の類ではなかろうか、と思う人ばかりだ。

そして、「うわ…。この人苦手」と感じる相手に出会うのは、何もフリーランスだけではなく、どんな仕事でも当てはまることだろう。

今回は、そんな「ビジネスでの嫌いな人との関わり方」について書いていきたいと思う。

・合わせて読みたい→
人間関係に疲れてしまったあなたに…「2.6.2の法則」とは!?(https://cocokara-next.com/stress/2-6-2-rule/)

嫌いだと分かるまでには時間がかかる


「おっと。この人とは肌が合わなそうだ」初対面でそう感じられる人は、きっと危機感知能力の高い人だ。

残念ながら私の危機感知能力は著しく低いようで、アラサーのいい大人である今でも初見で、生理的に無理だと感じた人に出会ったことがない。

では、私のような「決定的な理由」がないと人を嫌いだと判断できない人が相手を嫌いになった時の上手なかわし方について説明していこう。

嫌いな理由を分析する

ビジネスで、取引相手や仕事仲間である人物を「嫌い」と認識する理由は人それぞれ。では、なぜ相手を嫌いだと思ったのか。

その理由を分析することが「今後の付き合い」をどうするか検討する上で重要なことだ。

相手を嫌いだと思う理由は、例えば、陰口を叩かれた。上から目線な言動が腹立たしい。やたらと攻撃的。距離感がわからないのかグイグイ来る。とにもかくにも自己中心的。思いつく限りでもこんなにある。

自分がなぜ相手を嫌いだと断定付けたのか、その理由をきちんと知ることが大切なのだ。

自分にとって相手がどんな存在なのかを考える

相手を「嫌い」だと思ったところで、その対象人物が「仕事上どうしても関わる必要がある相手」であれば邪険にすることも難しい。

もしも期間限定のお付き合いであれば、その期間をなんとかやり過ごせばその後は平穏な毎日が待っている。

同じ職場の同僚や上司であったり、会社の関係上どうしても長いお付き合いを続けなければいけない相手だった場合、相手が異動になるか退社する日を待つばかりだ。

どちらにせよ、「ストレスに耐える期間」をいかに低ストレスで過ごせるかを考えていきたいものだ。

嫌いな人とのコミュニケーションをやり過ごす方法

「今日もアイツの顔を見なければいけないのか」だったり「シフトが被ってる…」そんなモヤモヤを抱えながら職場に赴くのは精神的にかなり辛い。

状況によっては、「明日の仕事のことを考えるあまりに夜も眠れない」そう悩んでいる人も珍しくないはず。

では、嫌いな人との避けられないコミュニケーションをやり過ごすためにはどうしたらいいのか。ここでは、自身のメンタルを守るための回避法について解説していく。

物理的距離を取る

嫌いだと感じる相手と同じ職場で仕事をするとなった時、大切なのが、物理的な距離を取ることだ。

例えば、同じ空間で作業をしない。同じ空間にいないといけないのであれば、端と端で仕事に取り組む。など、できるだけ自分の視界に相手を入れないことが大切。

嫌いな相手の話し声を聞いたり姿を見てしまうと、どうしても心理はグッと落ち込むだろう。

気分が落ちてしまっては、仕事へのやる気も自然と下がってしまうもの。

物理的な距離を取ることで、自分の情緒やモチベーションを下げずに仕事に取りかかれるはずだ。

直接の会話を避ける

嫌いな相手と仕事を共にしなくてはいけない時、きっとほとんどの人が心理的ストレスを受けながらも卒なくこなそうとするはずだ。

それはとても素晴らしい心構えだと思う。自分の気持ちに関係なく物事を円滑に済ませようとする考えは、社会生活をする上でとても重要なことだろう。

けれども、自分の心身を守るためには極力「直接的な会話を避ける」必要がある。例えば、大切な連絡事項は「記録が残るからこの方がいい」と、メールや連絡ツールを使って行う。世間話を振られた時には、無難な相づちを打って「他の業務が残っているから」と、その場を離れる。という風に直接的な会話を避けることをおすすめする。

笑顔の仮面を貼り付ける

嫌いな相手が職場の仲間内に居た場合、業務を円滑に進めるため、職場内の空気を乱さないためにも円滑にコミュニケーションをやり過ごす方がいい。

自分の心理を守りながら、その場の空気も守るためには「笑顔の仮面を貼り付けること」をおすすめする。

笑顔は最強の武器だ。笑顔で言えば文句も文句ではなくなる。ただの嫌味と捉えられる。相手にも「自分のことを嫌っているのか、そうではないのか」疑問に思わせることができるだろう。

大切なのは、嫌い!と完全に拒否を示すのではなく、その場の状況をふわっとさせること。職場での居場所を守りたいなら、笑顔でその場を乗り切るといい。

嫌いな人へのストレスを解消する方法

職場内の空気を守るため、自分のポジションを崩さないため「嫌いな相手とのコミュニケーション」を乗り切ったら、そこで受けたストレスはきちんと解消したいもの。

ストレスを溜めたままでは、自分のメンタルが壊れる原因にも繋がってしまうのだ。ここでは、嫌いな人へのストレスを解消する方法を解説していこう。

職場内に仲間を作る

仕事を有意義なものにするために、職場内に気の合う仲間を確保することはとても重要なことだ。仲間がいれば、ストレスを共有したりモチベーションを高め合ったりと、効果的にストレスを解消できる。

「嫌いな相手」から受けたストレスに対して愚痴を言うのはダメなことではない。愚痴を言うことでストレスが減り、共感し合うことで仲間意識や親近感が湧くのだ。

生きていて、「嫌な思いをすることがない」そんな人はいない。私たちは人間であるがゆえに、プラスな感情もマイナスな感情もダイレクトに受けるのだ。

愚痴を零すことで自分のメンタルケアができるなら、それは画期的な対処法ではないだろうか。

メンタルコントロールをする

嫌いな相手と仕事を共にするのは、本人にとってかなりのストレスだ。週末にカラオケで大声を出しても、スポーツで汗を流しても、平日になればまたストレス過多の日々を過ごすことになる。

物理的なストレス発散法と、心身で受けるストレスとはイタチゴッコなのだ。そこでおすすめしたいのが「メンタルコントロール」だ。自分で自分に言い聞かせることによって、自分の心理や思考をコントロールする。

例えば、嫌いな相手と面と向かって会話をする必要がある時は、「今の私は無。何も感じない」と思い込むといい。

ビジネス上の自分」と「プライベートの自分」を使い分けることで、自分の心理面をコントロールするのだ。

職場内でも「ありのままの自分」であろうとするから、何気ない出来事で傷つくし感情を揺さぶられるのだ。

ありまのままで居るのは「プライベート」だけ。ONとOFFを使い分けることこそが、仕事を円滑に進める上で必要なことではないだろうか。

嫌いな相手との関わり方を上手にコントロールしよう

どんな職場でも、自分に合う人、合わない人がいる。相手を嫌いになる理由は、相手が悪い訳ではない。そして自分が悪い訳でもない。ただ単に「相性が悪いだけ」なのだ。

そんな、自分にとって相性の悪い相手と仕事上でトラブルなく円滑に業務を遂行するには、まずは自分のメンタルを上手くコントロールすることが大切。

そして、物理的な対策を立てられれば尚いい。嫌いな相手との関わり方や今後の対策を改めて見直すことで、最善の方法が見つかるはずだ。

[記事提供:国内最大級の婚活パーティー・お見合い・街コン情報サイトParties(パーティーズ)(https://parties.jp/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

ストレスを溜めないために!ビジネスでの嫌いな人との関わり方