安倍晋三総理大臣は9日夜、天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典に出席し、祝辞を述べた。

安倍総理の祝辞は以下の通り。


天皇陛下におかれましては、先月22日に即位礼正殿の儀を挙行され、歴史的な皇位の継承を内外に宣明されました。本日ここに集った数多くの方々をはじめ、国民のみなさまとともに、改めて天皇陛下のご即位をお祝い申し上げます。

即位礼正殿の儀では、天皇陛下から、上皇陛下の30年以上にわたる歩みに深く思いを致され、国民の幸せと世界平和を願い、国民に寄り添っていくとのお気持ちを伺いました。そのお言葉に、誰もが深い感銘を覚え、改めて皇室の長い伝統と、わが国が紡いできた悠久の歴史に思いを致した次第です。

天皇陛下のご即位とともに始まった新しい令和の時代、私たちは天皇陛下のお気持ちをしっかりと胸に刻み、平和で希望に満ち溢れ、ひとりひとりの日本人がそれぞれの花を大きく咲かせることができる時代を作り上げていく決意です。

こののち、豊かな水が世界の平和、繁栄、幸福をもたらすことをイメージして制作された奉祝曲が披露されます。国民がこぞって未来への希望を胸に新しい時代お迎えました。その心からの喜びの気持ちを込めた歌声とともに、国民のみなさまと心を一つにして、天皇陛下ご即位や新しい時代の輝かしい幕開けをお祝いしたいと思います。

ここに令和の世の平安と、天皇陛下の弥栄をお祈り申し上げ、私の祝辞といたします。

令和元年十一月九日
内閣総理大臣 安倍晋三


AbemaTV/『AbemaNews』より)
 

▶嵐が熱唱!天皇陛下即位祝う「Journey to Harmony」

安倍総理の祝辞全文 天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典