ラグビーワールドカップ

南アフリカの優勝で幕を閉じたラグビーワールドカップ。観客動員数は約170万人を記録するなど国中を大いに沸かせたが、その裏ではW杯目当てで来日した外国人サポーターの迷惑行為が問題視されている。

8日放送『ザワつく! 金曜日 一茂良純ちさ子の会』(テレビ朝日系)では、酔った外国人観光客の繁華街での迷惑行為を特集。その実態に高嶋ちさ子が怒りを爆発させた。

◼外国人サポーターの迷惑行為

試合観戦後の電車内では、ラグビーをしたり人を大玉のように転がす外国人サポーターの姿が目撃されている。また、人混みの中でスクラムを組む、空き缶ボール代わりにして蹴り飛ばすなど酔った外国人サポーターはやりたい放題だった。

また試合会場のあった飛田給駅から京王線で繰り出しやすい繁華街・新宿でも、外国人の迷惑行為が多発。大騒ぎする外国人によって、車にボールがぶつけられたりシャッターが壊されるなど、住民にも実際に被害が及んでいる。

関連記事:高嶋ちさ子、マナーの悪い外国人観光客に嘆き 「鎖国したい」発言に称賛集まる

◼一茂とちさ子が怒り

外国人ウェルカム」と街の活性化を喜ぶ住民がいる一方、迷惑を被った人も少なくない今回のW杯。一連の迷惑行為を確認した長嶋一茂は「器物損壊罪」を主張し怒りを滲ませた。

続けて一茂は、モラルマナーがしっかりしている外国人観光客は街にとっても有益としながらも、「酔って気が大きくなる。群集心理で周りの迷惑を顧みなくなる」と指摘。「東京五輪もこういった迷惑行為が起こりえる」と危機感をあらわにする。

これにちさ子も共感しつつ、英語が話せない日本人に対して外国人が「舐めくさっている」と怒りを爆発。「各所に英語を話せる人を配置すべき」と進言し、さらに「新日本プロレスのレスラーを配置する」との強硬策も提案した。

◼視聴者からは「日本人も…」

何かと問題視を起こしがちな外国人観光客に、視聴者からは「馬鹿騒ぎしてた連中は二度と日本に入ってくるな」「なんであんなに騒ぐんだろ、信じられない」「これ以上人に迷惑をかけるなら日本に来るな」と厳しい意見が殺到。

しかし反面、「日本人トラブル起こしてますよね?」「一部の日本人だって外国で同じように酔っぱらって迷惑かけてるだろうに」と迷惑なのは外国人だけではないと指摘する声もあった。

また一茂らが危惧していたように、「ラグビーW杯でこれだけ迷惑外国人が出てたならオリンピックはどうなるんだろう」と東京五輪時を不安視する声も目立っている。

◼6割強は「厳しい処罰が必要」

しらべぇ編集部で全国10代〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の65.5%が「外国人観光客の迷惑行為にも厳しい処罰が必要だと思う」と回答した。

迷惑行為

迷惑行為の程度にもよるが、ほとんどがその場での厳重注意で終わっている状況だけに「もっと厳しい処罰が必要だ」と考えている人は多い模様。

国民性や言葉の問題もあり、日本人はなにかと舐められがちだ。さらに外国人観光客が殺到するだろう東京五輪に向け、迷惑日本人は当然ながら、迷惑外国人への対策を強化する必要がありそうだ。

・合わせて読みたい→長嶋一茂、偉大な父・長嶋茂雄を例に「親を超すって発想がナンセンス」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

高嶋ちさ子、ラグビーW杯で来日の迷惑外国人に激ギレ 「舐めくさってる」