Credit: Xinhua
  • 中国でアルツハイマー病の新薬が承認され、年内に中国国内で流通する予定
  • 新薬は海藻に含まれる糖を薬に落とし込んだもので、成分の発見から薬の承認までに20年以上の歳月を要した
  • アルツハイマーの「万能薬」ではなく、軽〜中度の患者に効果があるとされる

上海の製薬会社などが開発したアルツハイマー病の新薬「九期一(Oligomannate, GV-971)」が、中国政府によって承認されました。

中国国家薬品監督管理局によれば、この新薬には認知機能改善効果があり、軽〜中度の患者が対象。年内には中国で販売を始める計画とのことです。

新薬の開発に携わった北京協和医院のソン・ジェンシン博士は「長い間暗闇を歩んできましたが、ついにアルツハイマー患者に希望の光が差し込んできました」と語っています。

20年以上にわたる研究が実を結ぶ

Oligomannateの研究は、海藻を定期的に食している高齢者が、アルツハイマーを発症することが比較的少ないといった事実にインスパイアされたものです。

この因果関係に関する調査を始めた研究チームは、1997年にこの現象において重要な役割を果たしていると考えられる、海藻に含まれる糖の特定に成功します。

そこから新薬の開発を始めた彼らですが、まさかこの発見から実際に新薬が承認を受けるまで、実に20年以上の歳月を要するとは夢にも思わなかったことでしょう。

中国科学院上海薬物研究所のゲン・メイユ教授は、昨年中国メディア・上観(シャンハイ・オブザーバー)のインタビューにて「他の研究者は皆、小分子の薬を開発していたのでときどき孤独を感じました。糖(大きな分子構造を持つ)を使うなんて、前代未聞だったのです」と語っています。

現在のところ、アルツハイマーに有効な治療法は存在していません。脳の機能を低下させるこの病は、同じことを繰り返し言ったり、うつ状態になったり、家の近所でも迷子になったりと日常生活に支障をきたすものです。

WHO2050年までに、世界で1億5000万人の人々がアルツハイマーの診断を受けると予測しており、その1/4以上が中国国内の患者であるとしています。

多くの製薬会社が挫折

Credit: Xinhua News / 新薬「九期一」

アルツハイマーは症状によって7つのステージに分類されますが、新薬の効果があるのはステージ4の患者までとされています。ステージ4の患者は、単純な数字の足し算が困難であり、朝食に何を食べたのかを思い出すのが難しいといったレベルにある人々です。

1906年にドイツ人医師であるアロイス・アルツハイマーがこの病気を発見して以来、アルツハイマー病の治療は健康産業における大きな課題として現代まで未解決のままでした。

製薬会社は過去20年で多額の資金を投入し、320を超える薬を臨床試験に持ち込みました。そのうち実際に試験の認可が下りたのはわずか5つの薬でしたが、そのどれもが脳の機能低下を抑制することはできませんでした。

こうした失敗にコストがかさんだことで、多くのメジャーな製薬会社はアルツハイマー関連の研究から手を引いてしまったという過去があるのです。

また、当局は当然ながら、新薬がどのようなメカニズムで機能するのかを研究者が正確に説明できない限りは認可を与えることができません。しかし、アルツハイマーの原因については様々な説があるため、研究チームはメカニズムの説明に非常に苦労しました。

「万能薬」でも「予防薬」でもない

ゲン教授の研究チームは9月、重大な発見について発表しました。そこでOligomannateは「マルチタスクが可能なエージェント」であることが語られています。

つまりOligomannateは、ニューロンを傷つけるタンパク質の生成を抑制するだけでなく、脳の炎症リスクを軽減するために腸内に存在している細菌のコロニー活動を調整することができるのです。

今回の中国政府による認可が、アメリカとの貿易・テクノロジー戦争と結びつくものであるのかは不明ですが、アメリカの製薬会社バイオジェンは先月、2つの大きな臨床試験を通じても結果を出すことができなかったアルツハイマーの新薬について、再びFDAアメリカ食品医薬品局)の認可を得る動きをみせています。

また認可書によれば、今回承認を受けたグリーンバレー(上海緑谷製薬)には「薬理的なメカニズムの継続的な調査と、安全性と効果についての長期にわたる評価が要求されている」とのことです。

さらに医師たちは、Oligomannateアルツハイマーの万能薬ではないことにも言及しています。たとえばお風呂トイレの介助が必要な程度にまで達している患者には、新薬の力が及ぶことはないでしょう。

また、Oligomannateを「予防薬」として症状のない高齢者に投与することも奨励されていません。大衆におけるこの薬の効果には、まだ不明な点もあるのです。

まずは中国国内で流通する薬のようですが、これからもその効果については長い目で観察していく必要がありそうです。

「昼間の異常な眠さ」はアルツハイマーの初期症状である可能性

中国でアルツハイマー新薬が承認 軽〜中度の患者に効果