【元記事をASCII.jpで読む】

 11月9日、10日に愛知県国際展示場AICHI SKY EXPO」で「レインボーシックスシージ」の世界大会「レインボーシックス プロリーグ シーズン10 ファイナル in Japan」が開催。アジア太平洋代表としてAerowolfWildcard Gaming 、ヨーロッパ代表としてからGiants GamingとNatus Vincere、南米代表としてFaZe ClanとNinjas in Pyjamas、北米代表としてDarkZero EsportsTeam Reciprocityが出場した。

 第1マッチはDarkZero EsportsとFaZe Clanが激突。マップは銀行と領事館とおなじみのマップだったが、2試合ともDarkZero Esportsが獲り、勝利を手にした。

 第2マッチはNatus VincereとWildcard Gamingが対決。第1試合のカフェドストエフスキーWildcard Gamingが先取したが、第2試合の海岸線はNatus VincereNatus Vincereが取り返す。第3試合のクラブハウスでは7対7までもつれ込んだが、最終的にNatus Vincereが勝利をもぎ取った。

 第3マッチは、Giants GamingとAerowolfが衝突。第1試合のカフェドストエフスキーはGiants Gamingが先取。しかし、第2試合のヴィラは接戦のうえAerowolfが取り返した。最終戦となった海岸線では、ここでも最後の最後まで勝敗はもつれこんで、激闘の末Aerowolfが勝利を飾った。日本と同じ地域であるアジア太平洋代表のAerowolfが勝利を飾った瞬間、この日1番の歓声が上がった。

 この日の最終マッチは、Team Reciprocity対Ninjas in Pyjamas。第1試合の海岸線Team Reciprocityが勝利。第2試合となる領事館は、一進一退の攻防を繰り広げ、Team Reciprocityが制した。

 この日、白熱した試合が多すぎて最終戦が終了したときは日付が変わっていた。11月10日には、準決勝および決勝が開催される。どの試合も要注目だが、とくにアジア太平洋代表のAerowolfがどこまでいくのかが気になるところだ。

激闘過ぎて日付変わった日本初開催R6S世界大会初日をレポート