Credit: depositphotos
  • 1日3食のうち昼食を一番多く食べた方が、ダイエット効果が高いことが判明
  • 昼食を多く摂ることで、インスリン感受性が大幅に改善され、糖尿病を防ぐ効果も見られた

“Eat breakfast like a king, lunch like a prince, dinner like a pauper.”(朝食は王様のように、昼食は王子のように、夕食は貧民のように食べなさい)という格言を聞いたことはありますか?

この食事法が、一箇所修正を加えるだけで、健康やダイエットに役立つことが科学的に証明されました。

「何を」食べるかよりも「いつ」食べるかが重要である可能性を示した論文が、「American Journal of Clinical Nutrition」に掲載されています。

ダイエットだけでなく糖尿病予防も

Credit: depositphotos

研究チームは、18〜45歳のダイエット中の女性被験者を対象にある実験を行いました。2つのグループに振り分けられた被験者は、グループごとにカロリー配分が異なる食事を朝・昼・晩4ヶ月間摂取しました。一日の合計摂取カロリーはどちらのグループも同じでした。

その結果、3回の食事のうち昼食を一番多く食べたグループ(約5.7kg減)は、夕食を一番多く食べたグループ(約4.3kg減)と比べて約1.4kg多く減量に成功しました。また、前者にはインスリン感受性の顕著な改善が見られ、この食事パターンには糖尿病予防の効果もあることが判明しました。

お昼をたっぷり食べれば間食防止にも

Credit: depositphotos

減量効果が長続きするものかどうか、またそれが一般集団にも当てはまるものであるかどうかを調べる必要があるとはいえ、このシンプルな生活習慣の変化は誰もが気軽に取り入れることができるものです。

しかも、昼食をたっぷり摂れば、夕方に小腹がすいてつい甘いものやスナックに手が伸びることも防げて、願ったり叶ったりですね。職場にお弁当を持参する人は、多めに持って行くことを意識したら良さそうです。

もちろん、ボリューミーなランチでお腹を満たした後で、これまでと変わらない量の夕食を食べれば逆効果です!身についた習慣を打ち破るには多少の時間が掛かるもの。はじめは夕食を野菜中心にするなどしてより健康的な内容に置き換えることから慣れていきましょう。

昼食は「王様」のように食べるのが身体のためと言えそうです。

睡眠の質で翌日のストレスレベルが予測可能に! 不眠は不安を30%上昇させる

痩せるには昼食を多めに食べるのが効果的と判明