女優の広瀬アリス(24歳)が11月9日2020年カレンダー東京ニュース通信社刊/壁掛けタイプ・卓上タイプ)の発売記念握手会イベントが、東京・SHIBUYA TSUTAYAにて開催された。

現在「アナザースカイ」(日本テレビ系)のMCを務め、今冬には主演ドラマ探偵が早すぎるスペシャル」(読売テレビ日本テレビ系)が放送されるなど、幅広く活躍する広瀬。

2020年カレンダーの撮影は、「nature&fashion」をテーマとして森、砂漠、海などの壮大なロケーションを舞台に、マニッシュなパンツスタイル80年代スタイリング、ファッショナブルなワンピースなどに身を包み、存在感ある姿を魅せている。また、普段の広瀬の明るく晴れやかな笑顔、女性らしい表情、見事なプロポーションも披露。“今”の魅力が詰まったカレンダーが完成した。

発売会見に登場した広瀬は、カレンダーについて「(撮影は)8月上旬に行いまして、天気もすごく良かったですし、みなさん知っているチームだったので、ワイワイ撮影して本当に楽しかったです」とコメント

ただ、8月だったことから「引くほど暑かったです(笑)。汗をかきつつ、暑さにめっぽう弱いので溶けるかなと思いながら終日撮影していました」と、さまざまな季節を収録するカレンダーならではの苦労エピソードも披露した。

今作は「全体的に大人っぽい感じで撮影した」というように、ドキっとするような視線や肌を見せたポージングも収録。記者から「きつい体勢だった?」と聞かれると、「いつも家の隅っこで体育座りをしているので大丈夫です(笑)」と笑わせつつ、「(カメラマンから)このカットは色気があるねって言っていただきました」と出来栄えに自信を見せた。

また、「カレンダーをどこに飾ってほしい?」という質問には、「リビング、トイレ、玄関、寝室…全部屋!」と即答。「目に付くところに貼っていただければありがたいです」とはにかんだ。

2019年も残すところあと約2か月となり、「今年もいろんなたくさんの経験をさせていただいて、女優として得るものがたくさんありました。三谷幸喜さんとの出会いもそうでしたし、忙しかったんですけど、とても充実していて良い一年だったなと思います」と笑顔で振り返った広瀬。

プライベートも「やりたいことは全部やりました」とキッパリ。「家でみんなでごはんを食べたり、一人で沖縄へ遊びに行ったり。バナナボートに乗って楽しかったです(笑)」と悔いのない日々を過ごせたという。2020年に向けては「相変わらずマイペースにがんばっていきたいです。目の前にあるお仕事を全力でがんばりたいなと思っております」と抱負を語った。